ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

【神秘的すぎる!】ダイバーが憧れるメキシコの「セノーテダイビング」とは。




みなさん、セノーテって言ってなにかわかりますか?


僕はメキシコに来るまであまり想像できていませんでした。


セノーテとは、洞窟井戸のことだそうです。


洞窟井戸ってことは、洞窟に水が池のようにあふれている状態です。


だからですよ、ダイビングの機材を背負っていけば、摩訶不思議な世界へ足を踏み入れることができるわけです。


ここは世界でも屈指のダイビングスポットになっています。


でもきれいな海、それこそエジプトのダハブやアジアの島々のような海のように、生き物がいるわけでもなく、サンゴ礁が見れるわけでもありません。


なのにここが一目置かれるわけとは!


写真を見ればわかると思うので、ちょっとじらしてみます。


まず早朝6時からカンクンの宿を出発して、近隣の町へ向かいます。


ここまでダイビングショップの人がピックアップに来てくれることになっていました。


利用したダイビングショップは「イグアナダイバー」さん。


日本人の方が始めたまだ新しいダイビングショップです。


やっぱり危険も伴うし、できれば日本人インストラクターの方が心強い。


値段は3本潜って185ドルです。


高いか安いか、それは見れる光景で決まるなぁ、という感じでした。





最初についたのは!


はい!僕の得意技!名前忘れました!(笑)


とにかく人がまだもぐっていなくて、最高の透明度だそう。


そのセノーテダイビングは最初に潜るのとそうでないので大きな差があるようです。


のんびり朝食をとってからさぁ行こうか!ってなる欧米人に対し、是が非でも1番乗りで!という日本人。





約束されたかのように1番乗りでダイビングスタートです!

conote2.jpg


これだけ見たら水の中にいるとはぱっと見思えない透明度。


すごいきれい。


さぁ進みますよ!


するとさっそく、セノーテの醍醐味である「あるもの」が見えました。

cenote5.jpg


そうです、「光のカーテン」です。

cenote1.jpg


透明度が究極に高いこのセノーテは、太陽の光がまっすぐ水に入って曲がることなく、すーーーっとのびているように見えるのです。

cenote3.jpg


これが集まってカーテンのように見えます。

cenote4.jpg


なんてこった!!!

cenote6.jpg


世の中にこんなきれいな光景があったなんて!!!

cenote8.jpg


もう「あわわわわ・・・・」って感じ。


せっかくなので今日は動画もどうぞ!!!



このあと洞窟の奥の方も入っていくんですが、


まぁでもこの光のカーテンのほうがすごすぎて、まぁこんな感じかっていう。


なんか塩水と淡水がまざるところがぼやぼやしてておもしろい。

cenote7.jpg


またちょっとおもしろいのが、こんなオーロラみたいな緑色も見れるということ。

seno-te.jpg


これは雨の影響らしいです。これもこれできれい!


3本もぐりましたが、1本目が最高でした。


天気もあまりよくなかったんですが、このときだけガンガン太陽も照っていたので運が良かった!


またいつか来たいなぁ〜

では今日も最後に!
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
0

【タイムリミットは1時間】メキシコ行きの飛行機に搭乗・・・できない!?



最初は軽い時差ぼけになりながらも少ないお金で、できる限り楽しんだニューヨーク。


次の日の午前11時のメキシコ・カンクン行きのフライトということで、お金も浮かしたく(宿代がニューヨークはバカ高い!)前日から空港泊することにした。


夜遅くまでニューヨークを楽しんだ後、荷物を預けていたホステルまで取りに行き、地下鉄で空港を目指す。深夜帯は一本で空港付近の駅まで行けるので日中に比べかなり楽。


治安が結構危ないと言われるが、遅い時間でもそれなりに人が乗っていて、これといって昼間と危険性が変わる感じもなかった。(でも危険は危険だから気をつけたほうがいいのは確か)






結局深夜2時頃に空港に着き、寝袋を敷いて寝ることに。


僕は所構わず寝るときは爆睡できるタイプで、朝起きると周りにいたはずの「空港泊メイト」たちもとっくに姿を消し、人々が行き交う中ひとり僕が寝袋でグダグダしているのであった。


午前8時半過ぎ。そろそろチェックインするか・・・とカウンターに向かう。





そこで思いもよらぬ事実をつきつけられる。





「あなた支払い、できてないわよ?」




はい・・・?

確かにホームページで「予約はコンファームされました」って出てたのに。




あ、でもそういえばEチケットが届いていない・・・。




「いやでも・・・コンファームされたって。」


「いいですか?あなたは支払いができていません!」


いやわかったよ。できてないんだろう!?


すごい小馬鹿にするかのように威圧的な態度をとるアメリカ人のおばさん。


何かトラブルがあったのかな・・・


「どのカードで支払いしましたか?」


僕は支払いをしたカードを差し出す。


「あなた、このカードがね!使えなかったのよ!」


わざとらしくゆっくりした口調でカードを僕のほうに向けながらドヤ顔で言ってくる。





は、はらたつーーーー∑(゚Д゚)!!!!



いや使えないはずがない!



ってか普通に前日も使ってたし。



「それより、メキシコを出るチケットは持ってるの?」


「いや、ああ、でもキューバに行きます。」



「Eチケットは?」


「まだ持ってないんです、僕の友人が代理でとってくれてて・・・」


僕はカンクンに行ったあと、キューバに行くことになっていた。


フィリピン留学で一緒だったけんとさんがそのために メキシコで航空券の手配をしてくれていたのだ。(カンクン・キューバの往復は現地の代理店のほうがネットより安いっぽい)






「は?友達が持ってる?支払いもできてないし、出るチケットもないし、あなたはこの飛行機に乗ることはできません。」



はい!?


まず、支払いできてないのは絶対こっちの非じゃないでしょ。ってか出るチケットいるとか。俺陸路で南下するんだけど。


「キューバのあとはバスでグアテマラまで行くんだけど・・・」



「ダメです。出るチケットがないとあなたはこの飛行機には乗れません。」



全くいうことを聞こうとしてくれない・・・!


カウンターがしまるまで残り1時間・・・!





どうしよう!



とりあえず僕は有料のWiFiにつなぎ(もう無料の2時間は使い終わっていた)、けんとさんに連絡してみること。


そのときの様子がこれ。

じけん


起きててよかったけど、もう20分たってしまった


その間、メキシコから出る安いチケットなど探してみたけど、やすくてもやっぱり1万円以上もする。


けんとさん、キューバのEチケットの番号教えてください・・・!


その後の返信がこちら。

じけん2


まじか・・・(´Д` )


僕はもうこの飛行機に乗れないのか・・・


しかしけんとさんのアドバイスで少しだけ光が見える。

じけん3


そうか!キャンセル可能なチケットか!




とにかく無我夢中で購入。(ほんとはそういう目的で購入するのはだめなんだけどね)


それを店にカウンターへ!残り15分!





するとさっきのおばさんがまたわけのわからないことを言った。


「デルタ航空?デルタ航空はターミナル4よ?ここじゃチェックインできないわ。」


いや(笑)


そうじゃなくてお前がメキシコ出る航空券買えっていったんだろうが・・・∑(゚Д゚)


「違います。これはメキシコを出るチケットで・・・」


そのおばさんはなんだこのわけのわからないアジア人は、という顔をして違うほうへいってしまった。


くっっっっそはらたつ!!!!!!


アメリカ嫌いだ!!!!!


もういいから出国させんかいっ!!!!!



けんとさんに愚痴をこぼす。

じけん4



もうあのおばさんは何を言っても取り合ってくれないので違うスタッフに時間がないこと、メキシコを出るチケットを買ったこと、これから支払いを済ませたいということをブワーーーーって言った。(窮地に立たされるとなぜか英語がスラスラ出てくる)


すると、


「あ、◯◯さん。これメキシコ出国のチケットですよ?」



と若干味方になってくれた。


するとさっきのおばさんが戻ってきて、


「ああ。」


といって、メモを取り出した。


ちゃんと仕事しろ!仕事!話を聞け!話を!





「で、支払いは?」


とぶっきらぼうに聞かれたので、こっちもにらみながらカードを差し出す。


その後の手続きはちゃんとやってくれた。・・・当たり前だけどね!!


そして最後に一言


「ハーリアップ。(急いで。)」


とだけ言って航空券を渡してきた。


ああ!!!こんなイライラするのは久々だ!!!


ハーリアップはお前のことだ、急いで仕事をしろ!!!



結局荷物検査をぐいぐい横抜かしするはめになり、空港内も走ることに。


そして不運は続き、なぜかこのタイミングでカバンの肩の部分がちぎれて、カバンをかつぐように荷物を運ぶことになった。




もうこうなると人って笑いがこみ上げてくる。


ニヤニヤしながら肩の部分がちぎれたリュックを前にかついで全速力で空港を走る僕を見た者は僕のことを十中八九クレイジーだと感じるだろう。


自分が一番わかってる。


そして搭乗時間の5分前!ギリギリ間に合った!


よかった、これでメキシコに行ける。


とにかく。


アメリカの「非を認めない」精神を目の当たりにして、久々に腹の奥から怒りがこみあげてきたのでした。


いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

1

【旅人必見!】旅をする前に読むべき本、それは旅のエッセイではなく・・・ある小説!?




僕はニューヨーク編でどうしても書きたい記事がありました。


そう、これです!


旅をする前に読むべき本、それは旅のエッセイではなく・・・ある小説!?


世界一周に出る前にどうしても読んでほしい本があるんです!


まずこの絵をご存知でしょうか・・・?

IMG_7710.jpg


そしてこの作家をご存知でしょうか・・・?


きっとほとんどの人が首を横に振ると思います。


この作品は「夢」という作品で、ルソーという作家が書いたものです。


これはニューヨーク現代美術館に展示してある作品で、この横にはゴッホの有名な絵も展示してあります。


みなゴッホに夢中。でも僕はこの絵が気になって仕方がありませんでした。


なぜこの作品に夢中になってしまったのか。


それはこの小説に理由があります。



「楽園のカンヴァス」という原田マハさんの小説です。

らくえん

http://www.amazon.co.jp/楽園のカンヴァス-原田-マハ/dp/4103317515

この本のあらすじは・・・
「ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。」


という「?」な感じになってます。笑



この本の面白さは他でもなく、芸術家本人たちが登場するところにあります。



もちろん小説ですので話の大筋はフィクションなんですが、面白いのが登場する作家たちの性格やエピソードは現実を基に書いているというところです。


事実に基づいたフィクションってことなんです。


伝わるかな?


正直僕はこの小説を読むまでは絵画に一切の興味を持っていなかったし、なんのこっちゃわかりませんでした。


しかし、この小説内では絵画の楽しみ方を主人公の目線で追うことができ「そんな風に絵を見ることもできるのか!」などの新たな発見がたくさんありました。


また、いくつも絵画作品がこの小説には登場するのですが、それに関するエピソードがたくさん含まれているので、その作者についても知ることができ、また「もっと知りたい」と思うようになりました。


そのおかげで僕はフランス絵画の有名作家なら絵を見たら誰が書いたのか、結構わかるようになったんです!






世界一周をするとき、ヨーロッパに行って「せっかくだから美術館にいこう!」とそれなりのお金をだして見に行くことがあると思います。


そんなとき、ただ素通りして有名どころだけ摘むのと、その作品を書いた作家の予備知識があってちょっと立ち止まり、じっくり見てみるのとではかなりの差があります。


もちろん、「楽園のカンヴァス」1冊で美術館の作品の作家を網羅できるわけもなく、ほんの一部しか知ることはできないでしょう。


しかし、いままで全く知ることのなかった世界の扉を開けたような感覚に僕はなりました。


原田マハさんは他に「ジヴェルニーの食卓」という短編小説も出しています。

しょくたく


http://www.amazon.co.jp/ジヴェルニーの食卓-集英社文庫-原田-マハ/dp/4087453278/ref=pd_cp_14_1?ie=UTF8&refRID=05V0FFQVT9BNCT4RT70Z

この作品はゴッホやモネなどが登場するお話になっていて、同じく「作家たちのある事実」を架空の第3者から見つめるという構成になっています。


僕はこの作品を読んで、ますます近代美術に興味を持つようになりました。




というわけで、世界一周や旅の前にはどうしても「旅エッセイ」や「世界の絶景」や「地球の歩き方」を買って、旅へのモチベーションをあげる人が多いと思いますが、旅とは全然関係のない分野の小説が、意外にも旅力を上げ、旅を何倍も楽しくすることがあるんだぞー!という紹介でした。


僕がニューヨークに来たかったのも自由の女神やタイムズスクエアが理由ではなく、この美術館だったのです。


特に僕たち日本人は「ロケ地巡り」とか大好きですよね。絵画に対して、「実際に見てみたいな!」とそういう気持ちにさせてくれるようなこの作品、ぜひ読んでみてください!


あ、旅とか関係なくてもおもしろいですよ!ぜひ!

いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2

ニューヨークと言ったら「自由の女神」!



現在ガラパゴスにいるんですが、


めっちゃ楽しい。いいとこ。もはや全部すっとばしてガラパゴスのブログ書きたいくらい。


・・・いや、頑張って今日も書こうと思います。ニューヨーク!





ほんとは今日、美術館の話をしようと思ったんですが、明日にします!


今日は自由の女神ブルックリン橋とそのほか!


たくさん書くことがあって、ニューヨーク短かったのに充実でした。


まず最初は「自由の女神」



自由の女神って来るまではずっと街中ににあるもんだと思ってました!


違うんですね、「リバティ(自由)島」というマンハッタンから離れたところにあるんです。


さぁこれが結構お金がかかって30ドルとか。


自由の女神は見るだけなのに、30ドルか・・・


僕はなんとか見るだけ安くならないかなぁと考えていました。


すると、ネットの情報で「タダで見れる」というのを見つけたんです!


それは、リバティ島の近くを通るフェリーに乗って見る!という方法。


マンハッタンとスタテン島をつなぐフェリーは通学や通勤のために無料で提供されています。


それに乗ってみに行ってしまおうという作戦なわけです。





まずは港へ。

IMG_7505.jpg


結構人がいる。ちらほら観光客らしき姿も!

IMG_7506.jpg


日本人のツアーの一行もいる(ツアーでこの方法ってどうなんだろ(笑) ツアーならリバティ島行きたいよね)


情報によると、フェリーの右側にいけばよく見えるという。


今回乗ったフェリーは屋外ではなく窓があって、窓越し。まぁでもいいでしょう。


さてさて乗船。果たして本当に見れるのか。


出航して間もなく・・・


あ、見えてきた!

IMG_7507.jpg


望遠レンズを使ってるので結構よってますが、わりとしっかり見えます!


無料だからほんと点くらいにしか見えないのかと思ったけど、結構十分だ!

IMG_7559.jpg
IMG_7521.jpg
IMG_7516.jpg


自分の両サイドには観光客がずらーーっと。


あっという間に自由の女神は行ってしまいました。(移動してるのは僕らだけど)


するとフェリーのスタッフが来てなにやら僕らに話はじめました。


「みなさん!いい写真は撮れましたか?帰りのフェリーはもっとよく見えると思います!楽しんでくださいね!」



なんだこの余裕は。


日本ならなにかしら規制がかかりそうなこの無料フェリー。


「いい写真は撮れましたか?」って。かっこいいなおい。アメリカ。


そう、そして僕らはスタテン島についてすぐ帰りのフェリーに乗り込みます。


なんとしてもいい場所を取らねば!!


ということで先頭の場所を確保!


そしてまた自由の女神が近づいてきます!(移動してるのは僕らだけど)

IMG_7544.jpg
IMG_7537.jpg


おお!さっきよりいいぞ!

IMG_7548.jpg
IMG_7524.jpg
IMG_7550.jpg


あっという間に自由の女神は行ってしまいましたが(移動してるのは僕らだけど)


その後もマンハッタンの街並みを撮ったり、いい船旅でした!

IMG_7570.jpg


夜景もきれいらしいけど、まぁそれはまたいつか!




僕が次に向かったのはブルックリン橋。


なんか映画で見たことあるような、ないような。

IMG_7584.jpg


とにかくニューヨークにはたくさんのものがあります。


歩いて帰る途中には中国人街や

IMG_7590.jpg


リトルイタリーと呼ばれるイタリア人街などがありました。

IMG_7600.jpg


たくさんの人が暮らし、形作ってるニューヨーク。


今までになかったタイプの街で、結構歩くのが苦手な僕でも歩くのが楽しくなるほどでした。


最後に、僕はとんこつラーメンを食べに行きました!

IMG_7453.jpg


クオリティはもうそのまま日本のもの!替え玉もできるし。白米も頼んだり奮発してしまいました。


世界一のクオリティが集まるのもここニューヨークの楽しさだと思います。基本的にはずれがないです。


おいしかった・・・ああラーメン食べたくなってきた。。


いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

【野球の本場】ヤンキースタジアム見学ツアーに参加しようとした結果・・・!



今日も ニューヨークの話!


早速ですが、この日は朝から「ヤンキースタジアム」に行ってきました。


野球は現在残念ながらオフシーズン。


試合は見ることはできませんが20ドルスタジアムツアーに参加することができます。


外観はこんな感じ。

IMG_7461.jpg


野球好きにとってはたまらない!


もうね、僕はこのブログではあまり書きませんが本当に本当に野球が大好き。


マニアックなことまで大体網羅してるんで、基本的にどの球団のファンの方とも対等に喋ることができると思います(唯一の自慢)


そんな僕は日本のプロ野球もだけど、海外のプロ野球も大好き。


ヤンキースは田中将大、マーくんがいるところだし結構試合もBSでみたりしてました。


過去に日本人でヤンキースに在籍したのは他に、


イチロー、松井、伊良部、井川などです!


語りすぎると、もうこの人のブログは見れない・・・(ドン引き)ってなっちゃうから早く進もう(笑)





さぁ、午前11時に僕は参加予定だったのですが、実は一悶着ありました。


まず10時45分に会場についた僕は、近くにあったオフシャルショップで少し時間を潰し、10分前にゲートへと向かいました。


他の人はチケットを印刷してもってきているようでしたが、そんなものは僕にはありません。


なのでいつも僕はパソコンで「どや!」ってみせるようにしてます。


ミラノ万博のときもみんな印刷してきてるのに僕は「どや!」ってパソコン開くから係員は苦笑いでパソコン画面を「ピッ」とやってくれました。


時代遅れだよみんな。紙切れなんてさっ。




そんな気分で僕はいつも通り「どや!」って見せたんですそしたら・・・


「No. You can’t ほにゃほにゃほにゃ・・・」



ってパソコン指差しながら。(ネイティブすぎて聞き取れない)


「ん?パソコンじゃだめ?」


「Yes. You can’t ほにゃほにゃほにゃ・・・」


まじか!!


なんたる事態!!



「どこで印刷できますか?」


「!?・・・ドーナツ屋さんの横にあるわよ。」


とにかく僕は走っていってみた。


・・・その店は閉まっていました。


あわてて他の店に飛び込み


「すみません!印刷させてもらえないですか!?」


「・・・無理だ。」


門前払い。


とにかくもう一回ゲートにいって聞いてみよう。


「どこでチケット印刷できるんですか!?あの店は閉まってました。」


「?・・・チケットならあっちで手に入るよ。」


んならさっさと言えやーーー!


と近くのオフィスに行き、無事印刷完了!!!


じゃあなぜドーナツ屋さんのほうへ行けと言ったんだ。(笑)


今度こそ入れる!と思い「どや!」とチケットをみせる。


すると・・・


「あなたは入れません。パソコンを持ってるでしょ?それを預けなければ入れません。」


あああああ!!


なに、そういうこと!?!?


パソコン持ってると入れないってこと!?


なら先に言って・・・


って言ってくれてたの俺が聞き取れなかっただけか。(笑)


にしてもまずい。もう残り3分


このツアーは途中参加が禁止されているツアー。


これに遅れるともうスタジアムに入ることはできない・・・


「預かってもらえないんですか!?」


「無理です。」


「お願いです!」


「無理です。他の店に聞いてください。」


まじか・・・


とにかく夢中で周りの店に聞いてまわる。


「このパソコン預かってもらえませんか・・・!?」


「無理だ。」


「お願いします!!!」


「無理だ、出て行け。」





そうして時間が来てしまった・・・


もうこれは頭を下げまくるしかない。


日本人だし困ったら手をあわせてお辞儀しまくるといい、ってなんか前に聞いたことがある気がする。


「お願いします。入れてください。」


もう何かにとりつかれたかのように手をあわせ、頭を下げまくる。


「お願いします、お願いします、お願いします・・・」


すると・・・


「わかった。絶対にスタジアム内ではそのカバンは開けないでください。いいですか?」


「・・・あ、はい。」


こうして入ることができた。


ふーーー、汗だーだーなんですけど。(笑)


他のお客さんも頭下げまくってた情けない日本人の姿をばっちり見てたんですが。


プライドもくそもない。でもとりあえず入れてよかったんだ!よし!





最初に案内されたのは、ミュージアムみたいになってるところ。

IMG_7462.jpg


歴代の名選手のユニフォームなどが飾ってあります。


背番号3ベイブルース!知ってますか?

IMG_7466.jpg


野球の神様とまで言われたベイブルース。投げてよし、打ってよし。


最終的には超一流バッターになったわけですが、最初はいまの日本ハムの大谷みたいに二刀流もしてたんです。


そのベイブルースがヤンキースタジアムで最初にホームランを打った時のバット。


もう!すごいよーーー!(つたわれーこの感動(笑))


他にも最近引退したデレク・ジーターやマリアノ・リベラの展示もされていました。

IMG_7469.jpg


続いて永久欠番になった選手を讃えるこちらのゾーン。

IMG_7479.jpg


永久欠番っていうのは、その選手が偉大すぎてもうこの番号は今後使いません!っていう番号のこと。


ヤンキースはもうこの番号はとんでもなく多くて、ついに一桁の番号をつけている選手が消滅してしまうのでした。


それもどうなのかね・・・?


これ以上、すごい選手がですぎると、現役選手がつける番号もなくなっちゃうよー!


そう、イチローといえば「51」ですが、ここヤンキースでは「31」でした。


「51」はバーニー・ウィリアムズという外野手がつけていた番号で、最近永久欠番になったのです。

IMG_7486.jpg


イチローが入団した時はまだ「51」は永久欠番ではなかったのですが「恐れ多い」ということで「31」をつけたそうですよ。


そのイチロー選手が憧れた選手が他でもなくバーニー・ウィリアムズ選手。イチローが今もつけている「51」にはそういった意味があるそうですよ。


ちなみにバーニー・ウィリアムズ、引退してからはギタリストになったらしいです。


・・・豆知識詳しすぎるかな!?こんなとこにしとこう(笑)





さてさて、球場内を移動。


田中将大!


IMG_7488.jpg


そんな球場見学、本来ならばベンチなどに入ることもできるそうですが、アメフトの準備をしている関係で記者専用席で見るのみで終わりました。ちょっと残念!

IMG_7493.jpg


でもいつかここに野球を見に来たいな!


本場の野球を生で観てみたい!



最後にもう一度、オフシャルショップを覗いて帰ることに。


田中将大、最近チームはあんまり強くはないけど、一応その中でもエース格だからね。

IMG_7503.jpg


怪我が心配だけど、今年は誰も文句をいえないような活躍を見せてくれるでしょう!


田中だけ、漢字バージョンのTシャツもある!

CVah5JBUkAALhfW.jpg


ってこれはなんかちょっと違うよな・・・(笑)

CVah5eFUwAAzp8G.jpg


以上!ヤンキースタジアムからお届けしました!


では今日も最後に!
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。