ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

オシャレの街パリにて、エジプト人にパーマをあててもらう!?


なんじゃそりゃ!?



って題名かと思いますが、まぁまぁ焦らず。

ブログ村ランキングの投票、いつもありがとうございます!
ここ1週間、学生世界一周で1位を保持していたのですが、あまり集客も見込めないので、思い切って世界一周ランキングのみの参加にしました!

次は目指せ20位です!(現在30位代です)

今日もよろしくお願いしますー!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はコチラ
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はコチラ



さてさて、市内観光、スイーツ巡り、とパリを満喫していた僕となかじー。



しかし、ひとつ「やってないこと」があった。



それは「パリで髪を切ること」



僕に限っては「パーマをあてること」だ。




目的はただひとつ、
「あ〜昔パリでパーマあてたことあるんだけどさぁ」である。



強いて言えば、若干伸びてきたからちょうどいいしってことだろうか。



「ここの美容院は最高です!」



なんて情報は、地球の歩き方およびロンプラに載っているはずもない。



ネットで調べても「日本人経営の・・・」とかばかりだった。




「どうせなら”地元の人”がいくようなところで行きたいね。」と僕ら。




とりあえずあてもなく街をふらふらしてみた。




すると、何軒か営業している美容院があった。




そしてそのうちのひとつの美容院の人と、ガラス越しに目があった。




その人はドアを開けて




「Welcome! Welcome!」

201510021932094e1.jpg
(この人)

と言っていた。




僕はどうしようか迷った。




理由は2つある、




1つはなんかフランス人ではないっぽいからだ。

「なかじーにもフランス人かな・・・?」という話はした。




もう1つは



失礼ながら、



髪の毛のほうが乏しかったのだ。(遠回しに)




だからなに?といえばそうなのだが、なんとなく不安になる気持ちもあるのは致し方ないとも思う。




でも、僕らはちょっと間をおいてすぐ入店した。




「なんかおもしろそう」




旅はこの直感に尽きるのだ。




まずは僕がパーマをあててもらう。



早速、髪を洗うところから始まった。

201510021931399aa.jpg


首が少々きつかったがまぁ許容範囲。



ただ、お湯がべしゃべしゃと、顔にかかる。

201510021932267ac.jpg

あれ、ふつうタオルとかかぶせるしょ!?

ただ彼は得意げだ。

201510021932094e1.jpg

そしてなぞのオールバックに変身。

20151002193253012.jpg

俺はこっから一体どうなってしまうのか。




すると、彼は

「これはニューテノロジーだ。」

201510021932094e1.jpg


といい、こんなものを頭につけだした。

20151002193331afa.jpg


パーマの知識はまったくないのだが、僕が以前受けたことがあるのはオーソドックスなやつだった。あのくるくるするやつね。

これが本当にニューテクノロジーなのか。

こうして作業終了。

2015100219390857b.jpg

こんな布袋寅泰や

20151002193403157.jpg

武藤遊戯の髪ともとれる

2015100219341842a.jpg

そんなセットは初めてだった。



まさしく「ニューテクノロジー」なのか。


ラップで(適当に)くるまれて

20151002193927305.jpg


「ちょっと時間を置くね。」

201510021932094e1.jpg



といい、次はなかじーのカットの時間へ。



なかじーはおまかせで頼んでいた。



こちらがカット前。

20151002193946f5f.jpg

こちらがカット後。

20151002194000556.jpg

変わってない!!!笑

切る前きっと彼は「俺はどんな風に変身するんだろうー」と心を弾ませていたに違いない。

20151002193946f5f.jpg

しかし、結果は変わらず。少し不安げな顔がうかがえる。

20151002194000556.jpg


なかじーが


「ん〜ん〜」


と悩んでいたので、


「ショートにしちゃえ!」


となんの責任もないアドバイスをし、なかじの髪はバサバサと切られていった。



「これはニュースタイルだ!」

201510021932094e1.jpg


と彼は満足げにいう。



なかじーの完成系はあとにして、



僕も完成間近!



後ろの髪の毛が邪魔だったのでかってもらい、最後は大量のジェルと水でセット!

201510021935006eb.jpg


濡れすぎ!!



「ニュースタイル!ニューテクノロジー!」


201510021932094e1.jpg

としきりに言っていて、そのときに使ったジェルを勧められたがやんわりと断った。




そして気になる完成系がこちら!

2015100219402183a.jpg


お互いいろいろと違う、別人。笑



記念撮影!

20151002194051e3c.jpg


バックパック似合わない!

20151002194036b92.jpg


そんな僕らの「パリで髪を切る」という挑戦は幕を閉じた。


(よかったか、悪かったかは別として)



まぁ楽しかったからよかった!



彼もものすごくいい人だったし、努力家。



母国を離れ、単身でフランスに武者修行にやってきたんだって。



今ではニューヨークとカイロと3店舗を構える彼。



娘さんたちがいるらしく、僕らの髪を切った後は、すぐ店をしめてお迎えに向かっていった。



いいお父さんだ!これからもがんばってくれーっ!!

201510021932094e1.jpg


そして・・・




そのパーマは3週間たった現在、ほぼ落ちてしまっている。




ちょっと早くないですかね・・・!?笑


では!ポチして帰ってもらえたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はこちら
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はこちら

↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫

スポンサーサイト
0

ワタル世界の食だより(フランス編)

おっしゃれーな街パリ。


今回紹介する3つは、


クロワッサン!!


モンブラン!!



クレームブリュレ!!

です。



おっしゃれー!!


いくらバックパッカーといえども、僕はおしゃれなものが大好きですよ。


おいしいものも大好きです。


今日も食べちゃうよ〜〜


世界一周ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はコチラ
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はコチラ


①クロワッサン




では早速!

メゾン・ラドゥメンヌのクロワッサンです。

201509301547506b9.jpg


ここのクロワッサンが特別というわけではないのですが、


この店、フランスで「最高のパン屋賞」を受賞した店なんです。


東京にも海外初支店としてあるらしいですよー


お味はもちろん最高でした。

201509301548519c9.jpg


クロワッサンってなんであんなおいしいんだろう・・・


でも思うのはやっぱり日本のやつはなんかこう、少し物足りないというか・・・



もっとバター感がほしんだよ、


あとふわーみたいなサクッみたいな、


そんでもってメルシ〜みたいな感じがね、


足んないと思うんだよ僕は。





・・・・・次、行きましょう。



②モンブラン



アンジェリーナのモンブラン!

箱だけでも高級感が。

20150930155335872.jpg

じゃーーん!

20150930155524966.jpg

これ言っとくけど、高いよー?



1個7ユーロ!(980円)



わお。


ムッシュ、


少々お高くはありませんかね・・・?


でもね、


めっちゃおいしい。


なんかもう栗があの、高いやつだ!って味がする。


中のクリームも絶妙!


素晴らしい一品でした。


③クレームブリュレ




最後にきました。


これわかりますかね?

201509301556305a8.jpg

あのプリンみたいなココットに入ったやつを表面バーナーでこがすやつです。


前働いていた居酒屋でマスターが作ってて僕もやりたくなって


バーナー(2000円)をホームセンターで買ってしまったくらい好きなんです、ブリュレ。


お味は、


これまた最高でした。


この店のやつはシナモンが入っていて、甘みが強かったです。


なんでもこの店、


なんとかっていう映画の舞台になったらしいです!

(知らないし思い出せないからいいや!笑笑)

20150930155805b4a.jpg


おまけ
↓前回までの「食だより」↓
ワタル世界の食だより(ケニア編)
ワタル世界の食だより(エチオピア編)
ワタル世界の食だより(ウガンダ編)
ワタル世界の食だより(スペイン編)



以上フランス編でした。


↓最後に押してってくださーい!↓
世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はこちら
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はこちら
↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫

6

「汗と涙の1ヶ月」を盗まれる。 in パリ


l201110131800.jpg
http://free-images.gatag.net/


「汗と涙の1ヶ月」


それを・・・


パリで・・・



世界一周ブログランキング参加中です!
学生ランキングただいま1位です、今日もお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はコチラ
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はコチラ


事件はホステルで起きた。


パリを出発するその日、


腰につけていたポーチの中を何気なく確認していたときだった。



な、な、な






なんと・・・






な、な、な






700ドルがなくなっていた・・・






信じられずなん度も確認したが・・・





な、な、な





なかった・・・・・






遡ると、間違いなく





その日寝ている間にとられたことがわかった。





そこのホステルはカーテン付き、カプセルホテルのようなところ。





かばんごとひったくられたり、パクられた話を耳にして現金は近くに置いておこうとポーチに入れていた。





カーテンとは反対側の頭の横に置き、パソコン等と一緒に寝た。






・・・が!





盗まれてしまった。





ということは犯人は、カーテンを開け自分をまたいで盗んでいるのである。





悔しい思いと同時に、恐怖を感じた。






ただ、大事な写真のデータや現金の横にあったパソコン、




大学1年生になって現金をありったけにぎりしめて買いにいった大事な一眼レフはなくなっていなかった。





まぁそれだけでもよかった。





居酒屋で週5、終わってから週3で深夜のコンビニ。




1ヶ月死ぬ気で頑張って稼ぐお金が、その1週間で消えていった・・・・・




悔しい。と同時に世の中いい人ばかりじゃないというか。




話には聞いていたけど、




自分とは関係ないし、と思い続けていた。





トラブルがあってもいつも逃れてきて、





でも今回はじめてぶち当たった。





まだ、なんとなく落ち込むばかりで、




「あーあのお金があれば」なんて考えてばっかりだけれど、




きっと何か学びに繋がるんじゃないかと





そしてこれからはもっともっと気をつけようと





気を引き締める、ワタルでした。






でもこのあとから、いいことが続いていくんだ!





だから旅っておもしろい!!!



世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はこちら
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はこちら

↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫

0

ルーブル美術館をそれっぽく解説する。

最後にルーブル美術館!

ここはとんでもなく広かった・・・

1日あっても足りなさそうです。


世界一周ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はコチラ
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はコチラ



ここからは作品とともに掲載していきます。

あまりにも作品が多すぎるので有名どころと気に入ったところをダイジェストで!


サモトラケのミケ

20150927224803151.jpg


まずは入って最初にみられる作品、ミケです。


紀元前2世紀の大戦の勝利にたいして作られた作品らしいです。



まぁ詳しいことは・・・



グーグルで!!笑




ミロのヴィーナス


201509272252171b8.jpg


これも有名ですね・・・



あとはグーグルで!!笑


(適当すぎ???笑)



人がごった返している作品・・・

20150927224828138.jpg


そうです、


モナリザです。

20150927224851b8c.jpg


人類で今、もっとも商品価値のある作品がこのモナリザ(なんですかね?)


そうそう!


モナリザといえば、2日前の記事でこんなのを発見しました!

  ↓
モナリザのモデル女性の遺骨発見か
  ↑

いまだ誰なのか、はっきりとわからないそのミステリアスなこの絵画に、


今後も目が離せませんね。
(・・・それっぽい?笑)




ナポレオンの戴冠式

201509272250287bb.jpg


これはなんとなく教科書等で見たこともある人がいると思います。


これにも様々なストーリーがあるようです。


まず、この作品、はじめはナポレオンが戴冠する様子を絵にしようとそていたらしいのですが、途中で妻に王冠を被せている絵に変わったらしいのです。

20150927225104725.jpg


また、周りを囲む人もほとんどが誰かわかるくらいに忠実に再現されている中で、唯一決しているはずのない人物がいるようです。


それは母親


母親はナポレオンの戴冠を快く思っていなかったのです。


この戴冠式にも母親はやってきませんでした。


しかし、ナポレオンは母親をこの絵に入れるよう指示したそうです。


みなが祝福する様子と、ナポレオンが母親にも祝福してほしいという願望がここから見られるのかなと思います。





これも教科書で良く見る絵です、

民衆を率いる自由の女神

ドラクロワの作品。

201509272251190a2.jpg


これもまたおもしろい話があって、まず知っている人もいるかとは思うんですが真ん中の女神は実在しないのです。


自由を勝ち取ったという歓喜を表現したのかな、と思います。


またこの絵にはいろいろな身分のひとが写っています。


また、フランス国旗がいたるところに表されていて、


この奥の建物の数ミリのところにもフランス国旗がみられます。

20150927225145b31.jpg


最後に

四季

です。

20150927224940b3e.jpg


これも美術の教科書でみたこともある人がいるのではないかと思います。


はじめ、これは、四季にあった材料でその顔を表現してある、


おもしろい絵だなというくらいにしか思いませんでしたが、


実際にはもっと深い意味があったようです。


僕が気づかなかったのは、


春から冬にかけて年をとっていること


これは人間の一生に例えられるようです。


またこの絵は、ザクセン選帝侯という偉い人に送られた絵で(ちょい適当笑)


また一生のなかで、様々なものを支配し、年をとるまで力を持ち続けるんだというメッセージも感じ取れます。
(結構これは僕の解釈も入ってますが)





というわけで、こんなところでおしまいです。


いやールーブル美術館はぜひ勉強してからいったほうがいいと思います。


わかんないとやっぱり



「みたことある!」


で終わりがちです。


オーディオガイドも全部は聞けないので・・・


またいつか、勉強して戻ってきたいとおもいます!


世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はこちら
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はこちら

↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫

0

「エッフェル父さん」と「凱旋 門太郎」

さぁバックパッカーにはまったく似合わない!

パリの観光ビック3に突入!

世界一周ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はコチラ
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はコチラ

さぁビック3はこちら。

①エッフェル塔
②凱旋門
③ルーブル美術館

順に紹介していきます!

①エッフェル塔




19世紀、市民の反対も受けながら作られたというエッフェル塔は

今や街のシンボルでした。

川のとこから見えるエッフェル塔!

20150926204358484.jpg

そして彼ら。

2015092620444670a.jpg

20150926204505d67.jpg


「旅の恥はかき捨て」

何て言いますけども、僕はそんな彼らの恥を余すことところなくブログでさらします。

かき捨てさせません。

なかじ曰く、エッフェル父さんというキャラクターらしいです。



・・・ひどい。笑



さてさてエッフェル塔へ近づいていきます。



迫力!!

20150926204426741.jpg


タワーとかあんまり興味ないんだけど、広場ののほほんとした雰囲気も含めてここはすごく良かった。

201509262044104b2.jpg


ちょっと横になってみたりしましたが気持ちよかったです。


ただ署名を装った詐欺なのか、すごく鬱陶しいやつらもいて台無しの時間もあった。


ペンを強制的に持たせようとしてきて握らないと、「落ちたから拾え」と。


しかも署名の説明はバーっと英語でするわりに、質問するとまったく答えられないし・・・


なんか調べるとそんなような形で盗難にあった人もいるとか・・・


あと、勝手に腕にミサンガみたいなのつけようとしてくるセネガル人とか。


まぁ観光地だからしゃーない。


でもせっかくのいい場所なのにな・・・




そう!

このエッフェル塔、夜もめっちゃきれいです。

20150926204535372.jpg


昼と同じ橋から。

20150926204520b2d.jpg

これはこれでまたキレイ。

そして夜は日没後の毎正時(日没が8時半なら9時、10時・・・と)、5分間だけピカピカと点滅するんです。

これも良かった!

写真じゃちょっとおさめられませんでした。

ただ点滅するんではなくて、なんかこうぶわーっといたるところが代わる代わる光る感じです!

ぜひ親しい女性、あるいは男性と訪れることを強くオススメします!

(ぼくはなかじーといって、明らかに違和感を覚えました)


②凱旋門



続いて凱旋門。

凱旋門の周りは普通に車が。(この写真にはないですが)

20150926204553eae.jpg


この人たちにとって、凱旋門はちょっとでかい邪魔なロータリーなのかなと思えるほど


ごく普通に凱旋門の周りをビュンビュン走ってます。




記念撮影。

20150926204721a4f.jpg


またいました、旅の恥はかき捨てマン。


なんか名前は「凱旋 門太郎」らしいです。




ここに来る前からこの名前はあたためてたんだと得意げに語ってくれました(なかじー・22歳)






ここは道民がこよなく愛す、水曜どうでしょうヨーロッパ編の有名なスタート地でもあります。

124465.png

なんかテレビの中のものだという感覚だったので、ちょっと感動しました。

集合写真を!

20150926204607b0c.jpg

夜もなかなかいい感じです。

20150926204627ae1.jpg


ここから歩いていくとシャンゼリゼ通りがあります。


バックパックを担いで歩くにはかなり場違い感はありましたが、


ここらへんの観光はわりとまとまっているので観光しやすいです。



《ワタル世界の豆知識》

みなさんはなんでこれが凱旋門と呼ばれているか知っていますか?

もともと凱旋門とは、凱旋する軍隊を歓迎するために作られた門で、古代ローマで盛んに作られたものらしいです。

そしてこのフランスの凱旋門はエトワール凱旋門というらしい。

これを作れと命じたのは、あのナポレオンボナパルト

ただこの凱旋門が完成した時にはすでに亡くなっており、遺体となってこの凱旋門を通ったらしいです。



さぁ次回、

ヨーロッパにいって芸術の楽しみ方をなんとなく理解してきた僕が、

有名作品をなんとなく解説していきます!笑



世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑パソコンの方はこちら
にほんブログ村
↑スマホ・タブレットの方はこちら

↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。