ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

4ユーロ(560円)握りしめ、ウィーン国立歌劇場へオペラを見に行く!


昨日あのアウシュビッツの記事を書いたすぐあとにフランスのテロのニュースを見ました。

なんの罪もない人の命がこうも簡単になくなって。

もどかしさだけが残ります、この世の中は変わらないのかなと。

とにかく一刻も早い解決を僕も願っています。





どうしても暗いスタートになってしまいますが・・・


ヨーロッパの終わりが見えてこないんでじゃんじゃん行きます、今日はポーランドから移動してオーストリア・ウィーンです。



オーストリア・ウィーンはもともとめちゃめちゃ行きたいところでした。



大学では主に地理学を専攻しているのですが、担当の教授がヨーロッパで1番オススメの場所がウィーンだということで、ここははずさないでおこうと思っていました。


特に先生の話で印象的だったのが、「格安オペラ」の存在。


通常料金を払えば、100ユーロ(1万4000円)なんかでは到底おさまらない音楽の都・ウィーンのオペラ座ですが、ある方法を使うことでたったの4ユーロ(約560円)で同じ公演を見ることができるらしいんです!


お金のない僕は、迷うことなくこの「4ユーロオペラ」に挑戦することにしました。




まずは昼過ぎ、ウィーン国立歌劇場へ。

IMG_3579_convert_20151115050731.jpg


その堂々たる風格、いや・・・とてもじゃないけど4ユーロじゃ無理でしょ。


その辺で売ってるケバブが4ユーロだったのに!



公演の3時間以上前ですが、もう外には「格安オペラ」を求めて列ができていました。


とりあえず腰を下ろして待つことに。


30分ほどして中の方に移動します。

IMG_3561_convert_20151115050820.jpg


そしてまたチケット売り場の前で数時間待ちます。


この間、トイレにすら行くことはできません。とにかく辛抱。


とりあえず喉からっからで並びはじめて若干の後悔。


そして僕は日本人の得意技、「寝る」という作戦を使って、時間が高速で過ぎることを期待することに。
(よく外人に「日本人はバスでも電車でもどこでも寝るよね」と言われます、ほんとその通り)


すると、公演1時間前くらいかな(時間は寝ぼけて覚えていない、隣の人に「列が進んでるよ」と起こしてもらった笑)


ようやくチケット売り場へ。


慣れた手つきで常連さんたちがチケットを買っていく。


若干不安になる、


「本当に4ユーロなの・・・?」



おそるおそる4ユーロ渡すと、チケットが!

IMG_3564_convert_20151115050848.jpg


本当だった!



そしてまた少し中の方で待つことに。


ロビーにはきれいな衣装をきたゴージャスなひとたちがワイン片手に会話を楽しんでたりする。


その中に自分がいることがなんだか面白くてニヤニヤしてしまった(周りからしたらただの変人だろう)



そして前の方から入場していき、ようやくホールへ!


さて僕の席はこちらです!

IMG_3566_convert_20151115051125.jpg


そう、なんで4ユーロなんていう格安なのか、それは3時間の公演を立ち見で見る席だからなんです。


でも真正面の中々好位置をゲット!

IMG_3581_convert_20151115051152.jpg


その後の場所確保はスカーフをくくりつけて行うのがルールらしい(そんなものはないので上着で代用)


そして、公演開始です。


もちろん公演中の写真はありません。


今回のオペラはシェイクスピアの「マクベス」。


最初に真っ暗な中、壮大なオーケストラの音が鳴り響きます。


ああついに音楽の都にやってきたんだとニヤニヤ(暗いから誰にも見られてないでしょう)


内容は歌が全くわからないので、てすりについてる字幕の機会を読んで追っていきます・・・が英語が難しすぎて3割も理解できず。


とりあえず感覚で楽しむことに。


話は、王をマクベスが妻と共謀して殺し、王位につくことで始まっていきます。


この辺は理解できたんだけど・・・


途中からわけがわからなくなってきました(笑)


途中の休憩で、「あれ?もう公演終わりなのかな??」とか思ったほど。笑


とにかく、マクベスが悪政をしいて、国民は怒り、マクベス自身も追いついめられ、失脚するという簡単な流れだけはつかみました。


うーーーん!

わからなかった!!!笑


もうこれは数十年後に思い返して、「わからなかった」ことがいい思い出に変わってるんだろうなと解釈しました。


芸術というものは難しい!!


けど、あのときの音楽や歌声はなぜか今でも頭の中ですぐ再生できるんです。


わからないなりに楽しめたということでいいのかな?笑


でもなんでだろう、帰るときはすごく気持ちがよかったんです。


自分にとってはハードルが少し高かったですが、本場の本物の音楽に触れて、とってもいい経験になりました。


最後にー!
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↓のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております笑
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。