ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

2泊3日のアフリカ・タンザン鉄道はこんな感じ!【後編】



昨日書きました、アフリカ・タンザン鉄道の続きです!
(昨日の記事はコチラ→ 2泊3日のアフリカ・タンザン鉄道はこんな感じ!【前編】

丸1日たってまだ中間地点までたどり着いていない僕らの列車。
果たしていつザンビアに着くのでしょうか。

日が暮れる頃、夜になると写真も撮れなくなるので、この元気な2人(ゆうととマーティ)は写真を撮りまくっています。

IMG_6042.jpg

アフリカの夕焼け。必死で写真を撮りたくなります。

IMG_6034 copy

そんなマーティーが必死に写真を撮っているそのおしりをパシャり。

IMG_6037.jpg


というわけであっという間に2日目も終わりました。

日が暮れると楽しみといえば食べることくらい。停車したときにまた何か買おうと窓から覗いているとバナナを売っている人を見つけました。

もうすぐタンザニアからザンビアに変わるし、両替できない小銭は使い切ってしまおう!と1000シリング(約60円)でバナナを買うことにしました。

「いくら?」と聞いてみました、何本60円で買えるんだろう。

「1フサで500シリング(30円)。」

まさかの13本ついたバナナ一房で30円!結局小銭を使い切ることができませんでした(笑)


IMG_6062.jpg
ちょっと食べたっちゃあとだから少ないけど大きさも結構あって甘さも程良かったです。


そして夕食を食べ、各々の時間を楽しんで・・・


いよいよ出国というときに大勢の両替屋が列車内に入ってきました。
決まって「タンザニアのお金は今替えないと、ザンビアでは替えられない。」といっていました。

これからこの列車に乗る人へ。これは本当でした。
列車内のレートは正当なレートより半額くらいのとっても損をするものでしたが、ここで替えるしか手はないようです。
必要最低限のお金だけ(2万シリングくらいあれば余裕なはず!)を持って、あとはタンザニアにいる間にドルなりなんなりに替えてしまうことをオススメします。


そして!ついに!国境を渡りました!!

ザンビア

(分かりづらいですがそのときのGPS)

よ!ザンビア!

ざんびあ


結局日付をまたぐかまたがないかの時間に到着した中間地点。想像以上に時間がかかりました。

50ドル払ってビザゲット!

IMG_6089.jpg


この列車ではこの車両内で入国手続きを行うことができるんです!楽チン!

こうして2日目も終わりました・・・




翌日

再びこうごうしい眠りにつくマーティー。

IMG_6095.jpg


今日こそ終着点に着くのでしょうか。

ザンビアに入ったところで、ひとつ疑問がでました。

「この列車はどっちのお金も使えるのか?」

ということです。

なんかよくそういうのありますよね、フランス・イギリス間のフェリーならユーロ・ポンドどっちでもいいですよー!とか。



でも列車だからどうなのかな・・・と思いつつ、売店のおじさんに聞いてみることにしました。

「この列車はタンザニアのお金も、ザンビアのお金も使えるの?」



すると予想もしない返事がまさかの横から飛んできました。

「Here Is Zambia!!!!! You Never Use Tanzania money!!!!!!!!」
(ここはザンビアだ!!!!決してタンザニアのお金は使えない!!!!」

とにかく横のおっさんはブチ切れてました。



なんでそんなに怒るんだろう。
タンザニアとザンビアは仲が悪いのか。
なんらかのプライドがあるのか。



その人にはさすがに聞けませんでした。笑


が、ザンビアはザンビア、タンザニアはタンザニアと、その国の人がプライドを持っていることだけは伝わりました。





そんなこんなで、ちょっとびっくりしちゃいましたが、部屋に戻るとまたザンビアの文化に驚かされることになります。




5人のうち、運悪く違う部屋になってしまったさとしは、ザンビア人にあるものをもらって僕らの部屋にやってきました。


虫です。(食用)


ぎょえーーーー


僕は虫は本当に無理です(真顔)



読者への配慮でもありますが、僕が嫌いすぎるのでもう写真はのせません。笑


それでもマーティーは挑戦します・・・

IMG_6112.jpg
IMG_6114.jpg
IMG_6117.jpg
IMG_6116.jpg
IMG_6115.jpg


感想は・・・



いや見ればわかるか。笑



でもなんか鰹節の味がしたらしいです。
トゲトゲが痛くて悶絶したけど味はそんなに悪くないと。


高校生ゆうとも余裕の表情で食べています。

IMG_6119.jpg



同じく鰹節っぽい味がしたんだと。




でもね、僕は思うよ




じゃあ鰹節を食べるよ僕は、と。




ザンビアもあまり景色は変わりませんね。

IMG_6137.jpg
IMG_6135.jpg

マーティー各国でこんな国旗の絵を描いて、写真を撮っているそう。こういうのいいね。

IMG_6130.jpg


そしてこの日は各々寝るなり、読書するなりで時間をつぶしました。

IMG_6122.jpg


そして・・・


3回目の夕日がやってきてしまいました・・・

IMG_6146.jpg



あぁ、いつになったらつくんだろう・・・



すると終点ぽい感じになってきました!

IMG_6162.jpg

そして49時間かかって、ようやくニューカピリムポシにやってきました!!

12239574_771191553026209_1608681111357007209_n.jpg


夕方6時。この時間なら、首都のルサカまで行ける!

ということでこの右のミニバンでいっきに首都までむかうことに!(4時間)

IMG_3721.jpg


写真はありませんがぎゅーぎゅー詰めでめっちゃめちゃ辛かった・・・

そして到着したのは10時過ぎ。バスターミナルからタクシーで宿まで。これでようやく落ち着ける・・・

人数オーバーのため、マーティーがこんな体勢をするはめに笑

IMG_3723.jpg


そして11時過ぎに「Kalulu Backpackers」に到着しました。辺りのレストランなども一切やっておらず、みなコーラでお腹をふくらませ、寝ることにしました。

そんな2泊3日の鉄道旅。疲労はたまりましたが、普段と違った刺激もあったり、みんなと仲良くなれたり、いきなりザンビア人に怒られたり、いい思い出になりました!

ぜひ、タンザニア・ザンビア間の移動はこのタンザン鉄道を!

今日まで正月!
「明けましておめでとう!」
「今年もよろしく!」

という意味をこめての
↓↓↓↓↓↓のクリック待ってます!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
上のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

スポンサーサイト
0

2泊3日のアフリカ・タンザン鉄道はこんな感じ!【前編】



年末年始、何かとまじめに文章を綴ってきました。
・・・ので今日はもうテキトーな感じでいきます。
今日はアフリカ・タンザン鉄道の話です。

IMG_5969.jpg


前回年越し前最後の記事として「【車窓からペンを子どもに配る?】ツーリストとしてのあり方とは。」を書きました。これもタンザン鉄道の話を書きましたが、ずっとまじめな話をしていたわけではありません。実際アホみたいに楽しんでる時間の方が長かったです。

タンザン鉄道とはタンザニアの都市ダルエスサラームからザンビアのカピリムポシという場所をつなぐ国際鉄道です。

1121

値段はおよそ6000円(だったはず)。

鉄道旅が好きな人は憧れる路線だそうですが、僕は正直移動は嫌いなので「3日とかだるすぎ」と持っている電子機器の充電をかたっぱしからフルにしてどうにか暇をつぶせないか考えていました。

しかし、ここで一緒に過ごした人たちのおかげでそんな心配はふきとばされました。

メンバーはタンザニアで出会った同い年のさとし(左下奥)、駅で出会った同じく同い年のマーティー(本名まさみつ)(右下)、高校生バックバッカーのゆうと(右上)、そしてエチオピアのダナキルツアーを一緒に行ったけんじさん(左上)と僕(左手前)の5人でした。

あああああ


5人とは駅の1stクラス専用の待合室で合流しました。


・・・1stクラスΣ(゚д゚lll)


IMG_5865.jpg

雨漏りめっちゃしてますけど。

IMG_5866.jpg


この鉄道、中国が作った鉄道で(※僕は中国が作ったからどうこうということをいうためにこれをいうわけではありませんよ)、その後の管理方法などを現地の人が知ることはなく現在まで至っているということでした。

そりゃこうなるよね。支援ってだから難しい、継続してやることが難しい。だって駅の管理や線路の管理なんてそれくらいやってくださいって作った側からすれば思うもんね。でも作ってもらった方も初めて見るものだったり、替えの部品がなかったり、お金がないから大変なのに、そんな維持のためにお金なんて使ってられないってなるのも分かるし。


というまたまじめな記事にしてしまうところだったので、今日の方針「テキトー」のためにこの辺でやめます。


さぁ列車の出発時間は14時。
列車に乗り込んでスタートしたのが17時です。(確か)
安定のアフリカクオリティ。


到着は何時って言ってたかな?
実際の到着時間と全然違ったことだけしっかりと記憶してる。
確か40時間で着く!とかいう話だった気がする!


まぁそんなんどうでもいいんだよ、結局遅れるんだから。笑


アナウンスというか、なんか人がぞろぞろ動き出して乗車!

IMG_5867.jpg

車内はこんな感じ。

GOPR0754.jpg

通路はこんな感じ。

GOPR0755.jpg


最初はどんなルートで旅をしているか、などみんなで話していたような気がします。

この列車、とにかくシャッターチャンスが多い。

やっぱこのカーブの時に写真を撮りたい!

IMG_5884.jpg

よね!

って話しかけたのに座りながらゆうと寝てる。笑

IMG_5883.jpg


そしてそんな夕方にスタートしたもんだからすぐに夕暮れはやってきました。

IMG_5894.jpg

ということは!食事です!

2泊3日の列車旅、もちろん食事が出ます(有料で)
そんなに高くない。1回300円もしないくらい!

たくさんの人が食堂車に集まります。

IMG_5901.jpg

僕はチキンを注文!普通においしかったし、思ったよりたくさんあった!

IMG_5902.jpg



というわけでその後各自就寝しました。

でも窓があきっぱなしで超寒かった・・・し、線路もガタガタだから下から何回も突き上げられてぐっすり睡眠とはいきませんでした・・・

でもインドの3等車両の荷物置き場よりましです。




翌日

おはよう。あんまり寝心地はよくなかったみたいな顔してるみなさん。当たり前ですよね・・・

マーティーは・・・

めっちゃこうごうしい・・・!!笑

IMG_5914.jpg
IMG_5913.jpg

マーティー、家族以外で唯一ひとりだけ明けましておめでとう!と直接連絡してきてくれた友達だから大好き。(日本のみんな僕のこと忘れないで泣)
どんどんこのブログで(アホなところを)紹介していきます。



2日目はちょっとおやつを買ってみることにしました。

駅に停車すると必ずものを持って人が駆け寄ってきます。

IMG_5921.jpg

そんな中でこんな揚げ物を買ってみました。1つ6円。安っ(笑)

IMG_5922.jpg

味はカラアゲくんのおからバージョンみたいな感じでした!かなりいけた!もっと買っておけばよかった。



ここから少し電車内からの景色を。

今までバスからしか見てこなかったアフリカの風景。

ええええええ

電車からみるとまた違ってみえるところもおもしろかったです。

おおおおおおおお

みんな週2本のこの列車が通ると一所懸命に手を振ってくれます。

ううううう

地平線きれい!
IMG_5924.jpg

・・・って思うけど手前にゴミが散乱してるあたりやっぱりアフリカ。なんとかしたいけどなぁこういうの。

そんな風に次々変わる景色に夢中になっていると
そうです、マーティーが打ち解けてきて本性を現し始めました。

IMG_5945.jpg

マーティーはいろいろ小道具を用いて、場を盛り上げようとしています。

IMG_5946.jpg

この今にもおちそうな宗教帽をかぶってイスラエルに行ったそうです。
(※本人は真面目にこれを取り組んでいるので決して笑ってはいけません)

IMG_5948.jpg

もう最後よくわかなくなっちゃった!

IMG_5949.jpg

こんなマーティー、今はウユニ塩湖でこのあとはブラジルに行くそうです。

IMG_5955.jpg

出会った人はぜひかわいがってあげてください!笑

IMG_5952.jpg


こんなふざけている間にも絶景はつづきます。まったく。

IMG_5969.jpg
IMG_5964.jpg

さぁそして・・・

まさかの2回目の夕日がやってきました。

IMG_6034.jpg


国境が中間地点とは聞いていましたが、24時間たっても半分行っていないということになります。

果たしていつ着くのか・・・・・

後半へ続く・・・

「明けましておめでとう!」
「今年もよろしく!」

という意味をこめての
↓↓↓↓↓↓のクリック待ってます!!笑
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

0

タンザニアサファリ「"最後の楽園” ンゴロンゴロ」【最終夜】


月曜からスペイン語の勉強を始めるのでひとりで予習してるんですが、中々難しいです・・・
でも周りの人は簡単な意思疎通なら出来ている人が多いんです。いいなぁ。
いつも「いいなぁ」と思って終わっていたので、今回は少しばかり自分を追い込みたいと思います。


・・・といいつつ、パソコンすぐいじっちゃうんですけど。笑


グアテマラのシェラではブログランキング1位のけんぞーさん・いくえさん(http://futarifurari.blog.fc2.com)がいて、うわーっ!て感じです。ブログかなり見てたので、ああ本人だ!みたいなね笑
実はトップページも内緒で若干パクったりしてたんで(最悪です)本人に直接「パクリました!」と堂々宣言できてよかったです!(いいのかな?笑)
そんな人気ブロガーには絶対なれないけれど、僕も手を抜かずに最後まで頑張りたいなと思いました。



という余談でしたが、今日はサファリの最終日「ンゴロンゴロ保全地域」です。
小学生の頃にこの名前を知っていたら、シリトリでドヤ顔できましたね。(でも「はい負けー!」→「・・・いやでもンゴロンゴロほぜんちくとかあるし。それいえないきみのまけだし。」とか言ったらまじで嫌われそう)

初回で紹介しましたが、ここは上から見るとこんな感じになっています。
IMG_5062 copy copy

「上から見ると」という言葉がなんだかしっくり来ない人もいるかと思うんですが、この保全地区は少し特殊なんです。
実はここ、数百年前にできた火山のクレーターなんです。
面積は「8,288k㎡」、東京ドーム171,104個分の広さです。もはや逆に分かりづらい!
そうですね、僕が調べたところ広島県が「8,477k㎡」だったのでそれくらいだと思ってもらえればいいと思います。(でかい!)


ここで生まれた動物はここで生き、そして死んでいきます。セレンゲッティ国立公園などはキャンプサイトなどがあるわけですが、ここにはありません。人間は基本的に住めません。
そういった意味で、ここンゴロンゴロは地球に残った動物たちの「最後の楽園」でもあるのです。(コメントがいちいちドキュメンタリー調)


このンゴロンゴロ保全地域を知ったきっかけは、これです。
伝説の北海道ローカル番組「水曜どうでしょう」です。
Unknown.jpeg

「はじめてのアフリカ」として発表された最新作は賛否両論だったわけですが、少なくとも僕はここにめっちゃ来たくなりました。
images.jpeg

というわけで本日最終日。ゲームドライブスタートです!

早速ですが、この日は霧が出まくっていました。(望遠レンズで接写したのでブレブレ近すぎで見づらいですが)
僕としては、動物はもとより広大な景色も楽しみにしていたので、んー大丈夫かこれ、という感じ。
IMG_5630.jpg
IMG_5629.jpg

でもドライバーは「クレーターの下にいけば、天気はよくなる。ノープロブレム!」とお決まりのアフリカン・ノープロブレムでニコニコしていました。


「本当か?」と半信半疑でしたが・・・今回はその言葉通り、どんどんと天気がよくなるんです!
朝から神秘的な景色。龍とかなにかが降臨しそうな勢いです。
IMG_5634.jpg


まず初めに現れたのはダチョウ。英語名、オーストリッチ。
IMG_5644.jpg


ダチョウっていうとなんかダチ◯ウ倶楽部のせいか、アホっぽい感じに聞こえてしまいますが、英語名はかっこいい。
ダチョウって60歳くらいまで生きるそうなんです。時速70キロ。早すぎ!
IMG_5650.jpg


そしておもしろいのがその産卵に関する話。
ダチョウはまずAという本妻がいるとしましょう。まずそこで卵を産みます。するとオスのダチョウはすぐにBというメスダチョウと一発かましにいきます。・・・簡単にいうところの不倫ですね。笑 というかダチョウ世界(→ダチョウ世界笑)では一夫多妻制らしく1人のオスに複数のメスがついてグループになるらしいのです。
その中でも本妻とそうでない妻がいるわけです(メラメラ闘志燃やしてんのかな、サブのほうは)

で、おかしいのがそのBのダチョウは本妻Aのところで卵を産むらしいのです。なんと。自分で温めるわけではないのかと。本妻の卵の周りにそのサブの妻が卵を産む、そうすることで卵が狙われても周りの「自分の卵じゃない卵」が先にやられる、こうして本当の我が子を守っているという情報が!真相はダチョウに詳しい学者さんに聞かないとわかりませんが。笑
ソースはNHKなのでかなり信用できるでしょう!(ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ダチョウの母さんの秘密計画」

ダチョウについてめちゃめちゃ語ってしまいました。次へ行きましょう!


次はハイエナです。
IMG_5651.jpg

ハイエナというと僕はもう、ライオンキングのせいで悪い顔しか思い浮かびません。笑
Cwg3QCpUCoVV99M_BVqGN_28.jpeg

・・・が!これまたNHKさん、とっても面白い話を書いてくれてるわけです。
ハイエナというと、こんな感じで、ライオンが狩りしたやつの残り物を食べている印象が強いですよね。でも実際は6割は自分たちでハンティングしているらしいんです!しかも成功率はライオンよりも上だととか!そんなこと全然知らなかったですよね。僕もこの記事書いているときにはじめて知りました。
ダーウィンが来た!生き物新伝説「"悪役"ハイエナ 意外な素顔」


続いてガゼルです。(多分笑)
IMG_5660.jpg

親ガゼルに子ガゼルがいるのがわかります。これ、ドライバーに聞くと、この日または数日前に生まれたばかりの赤ちゃんだそうです。確かに、めちゃめちゃ歩き方がぎこちなくて、それに寄り添うように親ガゼルが横を歩いている様子が見られました。どうか、食べられませんように・・・!
IMG_5665.jpg


さて次はバッファローの群れです。
IMG_5679.jpg

「ビッグ5」とも呼ばれるサファリ屈指の動物5選の中で、1番みやすいのはこのバッファローなんじゃないかと思っています・・・だってこんな群れになってるしね。
こんなデカい図体で、草食動物ってのもなんかかわいいよね。見た目とは違う愛らしさがあります。
IMG_5680.jpg


そのあとはシマウマの群れが現れました。
IMG_5724.jpg

シマウマもどこにでもいますが、ここンゴロンゴロのシマウマは、車が通っても「おや?」と様子を伺うだけでした。セレンゲッティなどでは、車が近づくとバタバタバタ・・・と急いで逃げてしまうんですが。

シマウマと景色がマッチしていていい感じ!
IMG_5727.jpg

・・・するとシマウマの近くにライオンがいるではないですか!
IMG_5711.jpg

本当に点でしか見えませんが、僕たちが期待するのはそうです、ハンティング

ライオンはのっそりのっそりシマウマに近づいていきます。
シマウマは鳴き声をあげながら、ごそーっと移動していきます。


さぁて!ここでクイズです!


シマウマの鳴き声は次のうち一体どれでしょう!


a. ニャー
b. ワンワン
c. ヒヒーン
d. ガウガウ



正解は・・・



の前に僕が皆さんの答え予想していいですか?
きっと僕は「d」が1番多いんじゃないかなと思っています。
理由は消去法で。
ついで「c」かな。ウマでありきたりだし、これが答えだとおもしろくないけど1番それっぽい、と。
あとはふざけて「a」とか「b」とかいう人がいるかもしれませんね。笑


正解は・・・


実は「b」ワンワンなんです!
実際に短い動画ですが鳴き声、おさめました。



どうですか?犬っぽくないですか?これは「ワンワン」ですよね!?笑

という鳴き声を出しながら、「危険が迫っているぞ!」と周りのみんなに伝えるシマウマたち。緊迫した雰囲気が漂います。
ただ、結果的にはライオンはおいまわすしかしませんでした。時間も10時頃で、ハンティングの時間ははずれてしまったようです。それでもこの緊迫した空気を味わえたのはとても面白かったです。動物園じゃ絶対に見られないしね。シマウマの鳴くところも。
というかシマウマも足速いぞ、最高時速60キロだって。ライオンも同じくらいらしいから、決してハンティングって簡単じゃないんですね。狩りとかシマウマからしたら「逃走中」みたいな無理ゲーかと思ってた。シマウマ頑張れ!

そしてこの日のメインは、ビッグ5の最難関「サイ」です。
サイは中々道路のほうには出てきてくれないので、見ることが難しいようです。日中も1匹でゴロンと横になっていることが多いようで見つかりません。
そんなサイが見られたらいいなぁなんて思っていると・・・

「ライノ(サイ)!」とドライバーがちょっと興奮気味に教えてくれました。

どこどこ!?どこにサイいるの!?

・・・遠すぎるよ。笑
IMG_5731.jpg

でも確かにドライバーは裸眼でサイだと確認したようです。おそるべしアフリカの人々!視力が良すぎる!
これですね。
IMG_5731 2

もう土の山と言われればそれとしか思えないですが、サイなんでしょうね。サイでしょうこれは。いや、サイに違いないし、サイにしか見えない。サイだ!

その後はヒッポプールと呼ばれるカバの池。
IMG_5752.jpg
IMG_5758.jpg

ンゴロンゴロ内にある森などをまわりながら(親子のゾウもいたよ)
IMG_5791.jpg
IMG_5808.jpg

絶景を眺めつつ、全日程を終えました。
IMG_5766.jpg
IMG_5810.jpg

ブログでは載せませんでしたが、今回のサファリでは前回のケニアで見逃したヒョウ、そしてこのサイを見ることができ、サバンナのビッグ5「ライオン・バッファロー・ゾウ・ヒョウ・サイ」の5つ全てを見ることができました。やった!

「もうこれでサファリは当分いいかな」という大学生にしては贅沢すぎる感想も出てきましたが、ケニアでもタンザニアでも行けてとても満足しています!
「どっちのほうが良かった?」とか「いくらだった?」という質問も出会う方やネット上でもよくいただけたので、後でこの2つを徹底比較してサファリの情報記事にしたいと思っています。


今年も残り少なくなってきました。今までのブログランキングの最高順位は26位でした。
おそらくそこまで行くことはできないかとは思いますが、できる限り上の順位で2015年を締めくくりたいです!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

タンザニアサファリ「ライオンの S◯X 」【第3夜】



さぁて。


これです。

IMG_5444.jpg


今日はこれしかお伝えする気がありません。


もう今日の写真、ライオンだけですから。笑




昼頃になり、車を進めると車が集まっているところに出ました。


「何がみれるんだー!?」


と期待していくと、そうです。


ライオンがそこにはいました。

IMG_5423.jpg


仲睦まじいなぁ・・・


いやオス同士かい。笑

IMG_5434.jpg


でも奥に走ってるヌーも絵になりますね。

ちなみにライオンや肉食動物はこの暑い昼間には狩りは行わないそうです。

残念ながらハンティングは期待できないとのことでした・・・



が期待もしてなかったものが突然始まりました。


僕らがみていたライオン2匹とは別のところから、ちょっと年配層な夫婦ライオンがやってきました。

IMG_5441.jpg


お、かっこいいな!と写真を撮ろうとすると・・・


ん??


IMG_5444.jpg


これ

あれですよね??



公然と初めてしまいました。笑


甘噛みしたり、

IMG_5445.jpg


吠えたりしながらですね

IMG_5447.jpg


ライオンの S◯X はものの10秒くらいで終わりました。(早すぎ)

IMG_5449.jpg

終わったあと、メスは横にバタンッと死んだように倒れます。


そのあとの円満感がはんぱない。

IMG_5450.jpg


いやーすごいもんが観れた!

とびっくりしていると


またはじめてしまいました。笑

IMG_5451.jpg

角度がさっきよりリアルすぎるんですが・・・笑



さきほどのように10秒くらいで終わり、バタンと横になりました。

IMG_5454.jpg


狩りをするし、いつも精悍な顔つきをしているメスライオンですが、このときばかりはすごく甘えているように感じましたね(ガチ解説)


いやー仲がすごくいいみたい。

IMG_5461.jpg


こんだけ見られてもやっちゃうくらいだからね、


「どうや!!」みたいな感じで思ってるんだろうか。笑


すると最初に見ていたオスライオン2匹も動き出す。

IMG_5463.jpg


いや、ちょっとまてよ。やめてくれよ。それは。

IMG_5464.jpg


違うぞ!違うぞ!!!



・・・よかった、場所変えただけだった。

IMG_5466.jpg


と思っていると


あいつら再び行動開始!

IMG_5488.jpg



もちろん・・・



こうです。

IMG_5472.jpg


2度あることは、3度ありましたね。


3回とか未知の領域ですよね。



3度あることは・・・



4度あるんですよね。笑

IMG_5491.jpg


すごいよ、すごいよライオン。いろんな意味で!かっこいい!

IMG_5479.jpg
IMG_5481.jpg
IMG_5497.jpg


立派なライオンが生まれるといいですね!

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

タンザニアサファリ「愛くるしい動物たち!」【第2夜】



さぁ今日は愛くるしい動物たちを公開!

IMG_5377.jpg

今日も写真中心でいきたいと思います!!


早速ですが、昨日公園内で宿泊といったんですが、どこに泊まるかは言ってなかったですよね。


そうです、テントです。

IMG_5263.jpg


周りに柵とかはないです。

つまり、
動物たちが普通に遊びに来ます。笑



夜はハイエナらしき動物がやってきて吠えまくりでした。


夜中に目をさますと、近くでむしゃむしゃ草を食べている音もします。おそらくバッファローでしょう。


・・・そんなん、熟睡できるか。笑


数時間に一回は目をさますような夜でした。


朝も朝焼けを眺めていると・・・

IMG_5264.jpg


ん?ごそごそ何か音が・・・


ゾウじゃん!

IMG_5265.jpg


歯ブラシ片手にぼけーっとしてる自分に勝てるわけがない。笑


アフリカのゾウは凶暴だし、やめてくれー




そんなこんなでサファリスタート


最初にあったのは、シカみたいなやつ、インパラ?

IMG_5276.jpg


次はキリンさん。

IMG_5282.jpg
IMG_5307.jpg


次はバッファローと、どんどん動物たちが出てきます。いい調子!

IMG_5314.jpg


サファリは大物だけじゃないです、

モンキー!

IMG_5320.jpg


めっちゃかわいいんだ、こいつらが。

IMG_5341.jpg


親子とかね。

IMG_5326.jpg
IMG_5324.jpg


食べられないようにね〜(*_*)


車はどんどん行きます。


バッファロー

IMG_5391.jpg

おなじみのヌーの大群

IMG_5406.jpg
IMG_5409.jpg

さぁそして、いよいよ大物登場です。


ライオン!

IMG_5355.jpg
IMG_5346.jpg

他に車がおらず、僕らの車が独占状態!

IMG_5377.jpg

近すぎぃぃ!!

IMG_5375.jpg


でもなんかこのライオンの首元、なんで首輪ついてるんだろう。

IMG_5361.jpg


これなんか
GPSになってるらしい。

・・・これどうよ。

これやっちゃったらサファリの意味ないでしょ・・・。


少なくともうちの車は偶然この群れを見つけたからいいけどさ。


自然の状態をできるだけ守りたいですね。


といいつつ、車でずかずか入ってくのもなんだか申し訳なくなりましたが。


・・・高いお金を出しているので帰るとはいいませんよ。笑



そしてこのあと、まさかの瞬間に出会うのだった・・・

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。