ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

【神秘的すぎる!】ダイバーが憧れるメキシコの「セノーテダイビング」とは。




みなさん、セノーテって言ってなにかわかりますか?


僕はメキシコに来るまであまり想像できていませんでした。


セノーテとは、洞窟井戸のことだそうです。


洞窟井戸ってことは、洞窟に水が池のようにあふれている状態です。


だからですよ、ダイビングの機材を背負っていけば、摩訶不思議な世界へ足を踏み入れることができるわけです。


ここは世界でも屈指のダイビングスポットになっています。


でもきれいな海、それこそエジプトのダハブやアジアの島々のような海のように、生き物がいるわけでもなく、サンゴ礁が見れるわけでもありません。


なのにここが一目置かれるわけとは!


写真を見ればわかると思うので、ちょっとじらしてみます。


まず早朝6時からカンクンの宿を出発して、近隣の町へ向かいます。


ここまでダイビングショップの人がピックアップに来てくれることになっていました。


利用したダイビングショップは「イグアナダイバー」さん。


日本人の方が始めたまだ新しいダイビングショップです。


やっぱり危険も伴うし、できれば日本人インストラクターの方が心強い。


値段は3本潜って185ドルです。


高いか安いか、それは見れる光景で決まるなぁ、という感じでした。





最初についたのは!


はい!僕の得意技!名前忘れました!(笑)


とにかく人がまだもぐっていなくて、最高の透明度だそう。


そのセノーテダイビングは最初に潜るのとそうでないので大きな差があるようです。


のんびり朝食をとってからさぁ行こうか!ってなる欧米人に対し、是が非でも1番乗りで!という日本人。





約束されたかのように1番乗りでダイビングスタートです!

conote2.jpg


これだけ見たら水の中にいるとはぱっと見思えない透明度。


すごいきれい。


さぁ進みますよ!


するとさっそく、セノーテの醍醐味である「あるもの」が見えました。

cenote5.jpg


そうです、「光のカーテン」です。

cenote1.jpg


透明度が究極に高いこのセノーテは、太陽の光がまっすぐ水に入って曲がることなく、すーーーっとのびているように見えるのです。

cenote3.jpg


これが集まってカーテンのように見えます。

cenote4.jpg


なんてこった!!!

cenote6.jpg


世の中にこんなきれいな光景があったなんて!!!

cenote8.jpg


もう「あわわわわ・・・・」って感じ。


せっかくなので今日は動画もどうぞ!!!



このあと洞窟の奥の方も入っていくんですが、


まぁでもこの光のカーテンのほうがすごすぎて、まぁこんな感じかっていう。


なんか塩水と淡水がまざるところがぼやぼやしてておもしろい。

cenote7.jpg


またちょっとおもしろいのが、こんなオーロラみたいな緑色も見れるということ。

seno-te.jpg


これは雨の影響らしいです。これもこれできれい!


3本もぐりましたが、1本目が最高でした。


天気もあまりよくなかったんですが、このときだけガンガン太陽も照っていたので運が良かった!


またいつか来たいなぁ〜

では今日も最後に!
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。