ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

旅が終わって、僕は普通の大学生に戻る。

帰国の報告から時間がだいぶ経ちました。


本当に旅のまとめやまだブログに書けていないことを更新する予定だったんですが、中々気持ちがそっちに向きませんでした。


そして、僕は1週間地元愛知県で滞在した後、すぐに北海道釧路市に帰ってきました。


そして3月18日、卒業式を迎えたのです。
(・・・自分のじゃないけど笑)


同級生のみんなは立派に卒業していきました。


再会からたった1週間、すでに何人もの友達がこの釧路を離れて行ってしまいました。


もし4年間一緒に過ごしていたのなら間違いなく、一人ひとりの送り出しで泣いていた自信があります。


でもまぁ1年ここにいなくて、今のこの1週間もボーナス期間みたいに感じで、実感がないままみんなどんどんいなくなってしまう、そんな感じです。


そんな大勢の友達の卒業を機に僕が考えたこと、そして自分が旅を終えて今どんな気持ちでいるのかを書きたいと思います。


きっかけは友人のある一言です。


それは卒業式の日の夜、それぞれの所属の研究室や部活での飲み会ですっかり上機嫌のみんなと夜中の1時に集合して盛大に飲み会をしていたときでした。


その友人は、中々騒がしいこの飲み会の中でまじめに切り出してきました。


「世界一周とかしてきたわっくん(僕のあだ名)がさ、俺らみたいに無難に生活してる人を見てちっぽけに見えないのかな?って。それが不安だった。」


それは違う1年間を過ごしてきた以上、人によっては感じてしまうところなのかなとも思いました。


ただ自分はそんなことを考えたこともありませんでした。人それぞれ生き方があって、たまたま自分は1年休んでやりたいことを!というちょっと人と違うことを選んだんだ、と。


自分が帰国して思うことは、「日本の生活ってなんて幸せなんだろう」ということです。


帰国する直前、考えました。帰国して感じる気持ちは一体なんなのか、達成感なのか充実感なのか、はたまたもっと旅したかったという気持ちなのか。


でも一番にやってきたのは安堵感でした。


もう気を張ってなくていいんだ、おいしいご飯が食べられる、寝る場所も探さなくていい、困ったらなにか聞く人がいる、携帯電話もある。


そのどれをとっても自分にとっては幸せでした。


それに気づけたこと、それだけで自分は旅してよかったなと思いました。


お金をケチって野宿したり、パンとチーズをちぎりながら食べたり、そんなサバイバルのような世界一周の旅も楽しかったですが、それは「非日常」だからものすごく楽しく感じるわけであって、裏を返せば当たり前のような「日常」があるからこそだと思いました。


人それぞれ人生はあります。何事もなく全てが思い通りになる人は少ないです。自分もたくさん失敗したし、後悔がたくさんある人生です。


その中で自分は旅というものに出会い、それに夢中になることができました。


世界一周したからどうだ!とかいう話ではないんです。自分が誇れるとすれば、本当に死ぬ気でバイトをして、1年遅れをとってもしたかったことを見つけられたこと、やろうと思えたことだと思っています。その一歩目は自分が我ながら自慢できるところです。


世界一周をしたということはあくまでついてきた結果です。それ自体に価値があるかもわかりません。


自分が結局いきついたところ、それは先ほども言いましたが「日本の幸せ」でした。


よく自分は言われます、「旅の経験を伝えられるなんて、いい先生になると思うよ!」と。


でも実はそれは僕の本心ではないのです。あんだけ夢中になっていたのに、日本に帰ってきた途端、一切旅に興味を持てなくなりました。自分は旅自体がどうというより、旅をするために作ったこの1年間という時間にこそ意味があったんだなという風に思っています。


自分自身は特別なことをした人ではなく、ちょっと遠回りした普通の大学生という感覚です。


だから教員になることができるのなら自分は、人生で迷った時自分はどんなことを考えたのか、どんなときに自分らしさが発揮できたのかなど、自分が旅を含めたこの人生の全てで感じたことを伝えられるようにしたいのです。


そして安心して生活できることの幸せさ、それをとにかく伝えたい。勉強することも、運動することも、遊ぶことも、悩むことも、当たり前のようで当たり前じゃない。自分が伝えたいのは旅のことではないし、旅をさせたいわけでもない。自分のこれまでの人生で培ってきた人間味で勝負していきたいなと思っています。


そういう面では、先に社会に出て、1年早くいろんなことを学べる同級生を羨ましく思う面もあります。たくさんの話を聞きたいし、それによって自分に足らないところが見えてくるかも。


・・・なんて言いながら、僕はまだ教員採用試験の勉強をスタートできていません。


友達の見送りが終わったら気持ちを入れ直して、頑張りたいと思います。そして僕は"普通の大学生"に戻ります。


牛たん、大好き。日本の焼肉最高。

12804306_829115237233840_1611789486_n.jpg

スポンサーサイト
0

今日、遂に最後の国アメリカへ。その目的とは・・・?



形上、1ヶ月半で南米大陸を周りまして、中米グアテマラに戻ってきております!


グアテマラからペルーのチケットが往復2万ということで帰りも捨てずに使ってみました。


今日はグアテマラから最後の国になるアメリカへ移動します!


理由はかねてから言っています、僕の夢を叶えるため!です!


そろそろ言えよ!感も若干感じますので、ヒントを。


どん!

12744564_815726958572668_82504358029897092_n.jpg


僕の憧れるこの人の姿を目に焼き付けてきたいと思います!高まるー!


これからレンタカーで寝つつ、移動しつつで楽しむ予定なので、もしかすると帰国まで連絡がとれないこともあるかと思いますが、帰国したらすぐFacebookで報告します!


最後まで気を抜かず、生きて帰ることをここに約束します!


安全運転で行ってきますー( ´ ▽ ` )ノ


いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

「旅、終わりました」※帰国は1週間後です


IMG_1832.jpg


長い間、お待たせしました(待ってない?)


かなり久しぶりの更新です。


1月は毎日更新して、さぁ帰国までこの調子で!という感じだったんですが、ネット環境が2月に入り悪化して、旅も終盤楽しむことにいっぱいいっぱいになって今日まで来てしまいました。


音沙汰なく、心配をかけてしまっていたらすみません。元気でやってます。




さて、現在僕はこのブログをアルゼンチンのブエノスアイレス行きの飛行機の中で打っているわけですけども、


タイトル通りですね、


僕の旅は終わりました。


この約1年の旅の最後はアルゼンチンの南部パタゴニア、エルチャルテンという場所でした。ここにはフィッツロイという山があって・・・


という話はまぁいつか日本に帰ってゆっくりと更新したいと思います。


とにかく!旅が終わったわけです(パチパチパチ)




でも帰国まで1週間ちょっとあります。


なぜかって?(聞いてない?)


それは最後にアメリカでちょっとした夢を叶えてくるんです。


小学生の頃から憧れだった「ある人」に会いに、いやどっちかというと見に行ってきます。



そんなわけで僕の今後のスケジュールをドン!


24日 エルカラファテ→ブエノスアイレス(飛行機)空港泊
25日 ブエノスアイレス→サンティアゴ(チリ)(飛行機)空港泊
26日 サンティアゴ→リマ(ペルー)、リマ→パナマ(飛行機)空港泊
27日 パナマ→グアテマラ(飛行機)多分、宿をとる
28日 グアテマラ→マイアミ(飛行機)空港泊
29日 マイアミ 車中泊
01日 マイアミ 車中泊
02日 マイアミ→バンクーバー(カナダ)(飛行機)空港泊
03日 バンクーバー→カルガリー(飛行機)カルガリー→ 機内泊
04日 →成田、羽田→名古屋(飛行機)


・・・誰がこんな日程組んだんですか?


10日あって1回しか宿とまらないなんて。


最後にして一番過酷な移動をここにきてね。


でもしょうがないんです。一番安くそしてアメリカでやりたいことをして帰る方法はこれなんです。


これが貧乏バックパッカーとやらなんです。


10日で1回しかシャワー浴びなくてもなんとかなると思ってるのが貧乏バックパッカーなんです。


・・・帰国した時、大丈夫かな。


成田の空港係員「おかえりなさい!(うわ、この人くさっ!)」


とかならんといいなぁ。日本よ、こんな僕でも優しく迎え入れておくれ。


いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

というわけで空港泊中はわりと連絡がとれるかもしれませんが、28日以降はネットが使えるかは不透明です。よろしくお願いします。

0

【リアルタイム】今週は"絶景週間"と名付けます!& TABIPPO告知


リアルタイムはペルーのリマです。


今日は5度目の再会・GoPro魚に食べられたけんとさんや、4度目の再会・喜望峰でヒゲ剃ってたたくろうさん、そして新たに何人もの旅人と交流できて楽しい1日でした!


あ、そうそうアルパカ食べたよ。あのもふもふのアルパカを。


でん!
IMG_9468.jpg

でんとかいわれてもだよね。(笑)


でもなんかその前に出てきた前菜のスープが麺入ってて、味が完全にインスタントラーメンでもうそれでお腹いっぱいになっちゃったせいで、アルパカの味は全然堪能できませんでした。



という僕は明日からマチュピチュのほうへ行きます!


そして今週末には誰もが憧れるウユニ塩湖へ・・・


絶景週間だ、これは。


でもウユニ、今年は雨季が全然こないみたいで、例年のような鏡張りが見れないそう。


・・・気合いでなんとかして、このブログで絶対絶景をアップしたいと思います。


次はガラパゴスについて!そろそろリアルタイムに追いついてきてました。更新がんばるぞー!


いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


あ、今日はですね、最後に告知を。


TABIPPOさんのイベントです!僕はまだ何かに参加できたことはないんですが、いつもおもしろそうな企画をどんどん打ち立てて、旅が本当に身近になってきていると思います。興味のある人はもちろん、旅にいまのところ興味のない人でも本当にきっかけひとつで考えが変わったり、意欲がわいてきたりするものだと思います。
昨日のブログでも書きましたが「知らないことを知ることは楽しい」。旅はその連続です。その入り口になるえるものが日本でも最近たくさんみかけるようになりました。やっぱり僕としては旅の楽しさをできる限りたくさんの人に知ってほしいし共有したいです!
長々しゃべりましたが、詳細は↓↓↓

*TABIPPOについて

======
世界一周のひとり旅を経験した6人のメンバーによって、学生時代の2010年に作られたのが、 TABIPPOです。設立して4年、2014年4月に株式会社となりました。 彼らが世界一周をして、旅から帰国して感じたこと。それは、 「もっとたくさんの若者に旅をしてほしい」そんなシンプルな想い。
「旅で世界を、もっと素敵に」
 
こんな言葉を合言葉にして、「旅」を軸とした5つの事業を展開しながら、彼らは活動をしています。 若者が旅する文化を創ること、そして、旅で人生が豊かになる仕組みを創ること。 そうすることで、私たちが生きるこの世界をちょっとでも素敵なものにしたい。 それがTABIPPOの信じる、そして目指す世界観です。
http://inc.tabippo.net/about/

【TABIPPO2016開催決定】

11207280_437360146460741_3734883583200010614_n.jpg


そして今回、2月に東京、大阪、福岡の3都市で6000人規模の旅イベント「TABIPPO2016」が開催されることになりました。

★TABIPPO2016 -そして冒険が始まる-
http://tabippo2016.com/

世界一周団体TABIPPOの主催する日本最大の世界一周イベント、
TABIPPO2016が2016年2月に、東京・大阪・福岡の3都市で開催。

自由人・高橋歩のトークライブに始まり、様々な世界一周経験者が出演。
最優秀賞者には世界一周航空券が贈呈される、世界一周コンテストDREAMの決勝プレゼン、
冒険心をくすぐられる、ショートムービーの放映、
ウユニ塩湖ツアーや一眼レフが抽選で当たる豪華な旅抽選会など
全国の旅好きを魅了する、旅の祭典です。
 
この日、冒険が始まる・・・

-----------------------------------------------------
◉TABIPPO2016 公式HP チケット購入
http://tabippo2016.com/

◉大阪会場
日時:2016年2月13日(土)15:00〜
会場:オリックス劇場(心斎橋駅)

◉東京会場
日時:2016年2月22日(月)15:00〜
会場:文京シビックホール(後楽園駅直結)

◉福岡会場
日時:2016年2月26日(金)15:00〜
会場:福岡市民会館(天神駅 バス6分)
-----------------------------------------------------

0

スペイン語を2週間勉強してわかった、勉強に対する「小学生の気持ち」



 今日はまた真面目な文章を綴ります。正直、旅のブログは意外に他の人と内容がかぶっていたり、そんなに濃い内容でないと面白くない日がたくさんあると思います。やはり自分にしか書くことができないのは、教育と結びつけた旅での経験かと。今日は他の人とは違った目線でスペイン語学習の2週間を振り返ってみたいと思います。

IMG_8704.jpg

1.はじめに



 旅で役立つ言語とは一体何か。それはもちろん英語です。英語は全世界の共通言語でこれさえあれば、旅に困ることはない・・・と僕は出発するまで思っていました。しかし少し違ったんです。中南米地域では、英語はほとんど通じない。ではなんの言語を使うのか、それがスペイン語です。
 僕はなぜかそのスペイン語の勉強を、旅を始めたときからやりたくて仕方がありませんでした。それがなぜなのか、最初は僕にもよくわかりませんでした。しかしあるとき気づいたことがあります。「知らないことを知ることって楽しい」。旅をしていると、日本では到底知りえなかった現地の人の暮らしや観光地の豆知識などを知る機会がたくさんあります。知らないから知りたくなる。知らなかったから知ることができる。それはなんだか小学生の頃の学習に似ているなと感じるところがありました。
 特に僕は教育実習を経て感じたことがありました。「なんでこれがわからないんだろう?」子どもが分からないということがわからなかったのです。それは教師にとって致命的とも言えます。子どもがどんな気持ちで授業に臨んで、どんな気持ちで学んでいくか。今は「教える側」に身を置こうとしている自分にとって、0からのスタートができるこのスペイン語学習は「教わる側」の気持ちを理解する少ないチャンスだと考えました。
 


2.スペイン語学習の授業形式と観点


 今回行ったスペイン語学習はマンツーマン授業。1日4時間の授業。学校の授業のそれとは形は異なるが、先生がどのように「わからない人」に対してアプローチしてくれるのか、またその一つひとつに僕がどんな感情を持つか、どうしてくれるといいなと思うのか、もちろんスペイン語を勉強することが第1目的ではありますが、そういったやりとりや自分の感情にも目を向けてみることにしました。



3.実際に感じたこと



”先生が嫌な顔を一切しない”
たくさんあるので一つひとつ追っていきますが、最初はこれ。先生が嫌な顔を一切しないことです。当たり前だろと思うかもしれませんが、子どもというのはできないといつも先生の顔色を伺ってしまうものだと思います。実際僕もわからない時、できない時についつい先生の顔色を伺ってしまいました。そんなときに嫌な顔をしていない、それだけでああできなくてもちゃんと分かるまで付き合ってくれるんだなという安心感が生まれるんじゃないかなと思いました。同じく間違えたときに先生がついつい顔をこわばらせてしまうことがあります。これは絶対にやってはいけないことです。理解できないとどうしても人間は顔に出ますが、それをうまくコントロールしなくてはいけないと思いました。


”あまり褒めすぎない”
最近の教育では「褒めてのばそう!」という方針があったりします。僕自身も褒められて伸びるタイプだと自覚しているので、それは間違っていないと思います。しかし「褒めすぎ」られてもなんだかわざと言ってるんじゃないか、と感じてしまうことがあるのも確かです。今回のスペイン語の学習でも度々「それは言い過ぎだろう」と感じることがありました。子どもだからとにかく褒めろ、というのは危険だと思います。僕の場合はできたことを褒められるより、自分でも何気なくやったことを褒められる方が断然嬉しかった記憶があります。スペイン語でも時間がかかって問題が解けたことを無理に褒められるより、最初から発音が普通の人よりきれいだと思うよ、などいわれたときのほうが嬉しかったです。


"明日が楽しみだと思えるかが勝負"
「ああ、やっと今日の授業は終わりか」と「もう終わりか、明日が楽しみだ」ではその後の学習意欲にだいぶ開きがあります。それをうまく仕掛けるのは他でもなく教師だと思います。今回のスペイン語学習でもそれを感じたことがありました。授業の最後に先生が「これ何かわかる?」とカードを差し出してきました。「明日はこれを使って勉強します。」と言ってそれをまたカバンにしまってその日の授業は終わりました。少し授業自体がマンネリ化していたこともあって僕は「なんだろう、あのカードは。どうやって使うんだろう。明日の授業なんだか楽しみだな。」と思いました。単純かもしれませんが、ドラマなどで次回予告を見て来週が待ちきれない!とそんな気分になることがありますが、そういった人間の心理はうまく授業で使わないといけないと思いました。


"自分はバカだで片付けようとする”
これは自分の授業中及び自習中の感情です。ある程度できているときはどんどんやる気になって単語もどんどん覚えられました。しかし、一度つまづいてしまうと少し感情に変化がやってきました。まず授業のやる気が落ちてきてしまったのです。しまいにはわかっていたはずのことまでわからないような気分になってしまいました。何がそこまで自分をだめにしているかというと、「自分はバカだで片付けようとする」ことなんです。できないこと、理解できないことを人間はなにかのせいにしようとします。これは特に「誰かができていて自分はできない」という状況に起こりがちだと思います。それが連鎖してしまうと学習意欲とともに、本当についていけなくなってしまうんです。これに対して明確な教師のアプローチは現段階では思いつきませんが、とにかくそう子どもが感じないようにしなければならないなと思いました。


"やりたくないことはやりたくない”
ここが小学校の授業ではかなり大切なポイントになってくるとおもいます。僕はスペイン語は勉強したくてし始めたのでそんなことはないと思っていました。が、授業の中で「ああこれやりたくない」と思うことがありました。なぜそう思ってしまったか、それはそれをやったことでのメリットが見えなかったことです。宿題に関してもそうです。この宿題をやったらスペイン語がほんとに上達するのか、僕は疑問を持ってしまいました。宿題も先生が目を通してくれただけでそれ以降なにかに役に立つ感じもしませんでした。子どもによってはこうやって明確な成果がないとやりたくないといって放棄してしまう子もいます。宿題の中から小テストをしてみるなど、ただやらせて終わりではなくてやりたくなくてもやったことで成果になったという体験をさせてあげることも大切なのかもしれません。今回僕はそれがあまりなくて宿題の意味もあまり見いだせていませんでした。全ては自分のためなんだけれど。


"環境の大切さ(親とのコミュニケーション)"
今回僕はホームステイを1週間、宿で1週間過ごしながらスペイン語の勉強をしましたが、環境がいかに大事かがわかりました。ホームステイ先では多少のコミュニケーションをとるのですが、まだわからない単語を初日からバンバンと投げつけられ、しまいには「わからないか、大丈夫」といった冷たい表情をとられてしまいました。会話も特にしてくれることはありませんでした。小学生で家族とコミュニケーションがとれないということはなかなかある話ではないとおもいますが、塾に無理やり通わせたり、勉強を無理な量やらせることは、親とのコミュニケーションの時間を減らしてしまい、逆に勉強へのモチベーションを下げてしまうものとも思いました。リラックスできる環境は必要なのです。家庭環境やそういったものは親と教師でコミュニケーションをうまくとっていく必要があるなと思いました。


4. 最後に


まだまだ書きたいことがありますが、授業を受ける側として今回もたくさんのことを学ぶことができました。スペイン語が上達したかは別として、この旅中にこの経験ができてよかったなと思いました。

では今日も最後に!
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。