ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


2

バンコク

まず無事にタイに到着できでよかった!
なにしろ、ビザがどーのこーのって問題があって。タイは通常30日以内の滞在ならノービザで行けるんだけれど、今回の旅でとった航空券は、到着の90日後にバンコクからナゴヤへってやつ。30日以内に出国するって保障がどこにもないわけで、これに気づいたのは出発当日。ヒヤヒヤしながら空港に向かいました。
ドキドキしながら荷物を預けると、「ビザはお持ちですか?」…あーやっぱり。やばいのかな。「ないです…。」「それでしたら、30日以内に出国するという誓約書を…」あー!よかった!って感じでした。どこかの国に出ますって誓約書を書けば問題ないみたい。これがダメだったら旅は中止だったかも。

母親に見送られ上海へ。
上海空港では、出発ゲートが変わったり、大幅に時間が遅れたり、結構焦りましたが、無事に翌27日にバンコクに到着しました。

到着時間が遅かったこともあり、朝が来るまで待ってよくわからん列車で市内へ。とりあえず何って荷物が重すぎる。バックパッカーなめてた。しかも暑い。何度か計れないけど30度は確実です。

昼にはお目当てのゲストハウス(バックパッカーなどが泊まる安宿)に到着したく、暑さと重さと戦いながら昼過ぎにやっとの思いで到着しました。3日間予約しました。シャワートイレ付きで、扇風機だけなのでちょっと暑いけれど、3日間の合計2000円ちょいなんで満足です。これから3日間はだらだら過ごすつもりです。先は長いし焦ってもね。

日もくれてきたのでカオサン通りをちょっと散策。さすがバックパッカーの聖地と言うだけあって、外国人だらけです。…って自分も外国人なんだけど。(笑) なんだか慣れないうちはあんまり足を止める気になりません。店の人ガツガツ来るし。というわけでフライドライスとかなんとか(パイナップル入ってた)を食べ、コーラを買って戻りました。今日は部屋でゆっくり読書でもしようと思います。

別に読書とか音楽鑑賞なら日本でも同じと思ってたけど、なんだか気分なのかすごく心にストレートに来る。特に音楽はその曲の歌詞を本当に楽しめる感じがする。日本にいるときはなんだかんだたくさん悩んだし、悩み疲れたし。「大学生は人生の夏休みだ!」なんていうけれど、今はその『夏休みの夏休み』を過ごしているわけで(笑) 自分の目指す方向も、日本に戻ってこれやりたいって思うことも、じっくりゆっくり考えたいなと思います。

3日坊主にならないように頑張ります。(笑)

スポンサーサイト
1

海外渡航期間を3ヶ月に!

日々勉強です。とは言うのも、当たり前の日常から離れて分かることがたくさんあるということ。釧教にいるのが当たり前で、講義でだらーんとしてるのが当たり前で、友達と何気無くその日暮らししてるのも当たり前で。
でもその上で、学校休んで良かったなって思える。当たり前だからこそ、それに気づけてないところはあった。

海外への旅は3ヶ月間に絞ることにした。本当は3月の終わりまでのつもりだったけれど、航空券の値段がそれだけで何万と変わってしまうこと、日本で出来る事もしてみたいと思ったことがその理由。

日本で出来ること。正直、海外に出てこそひとりの力がためされると思っていた。ただ今回たった4日間の旅でも、たくさんのことを見つけることができた。

12日に釧路を出発してから苫小牧をフェリーで出て、東北へ。それから15日の深夜に実家に帰るまで。
ひとりで旅をすることはもちろんはじめてだったし、
フェリーはどこから乗るの?!着いたらどこに行けばいいの?!え?ここどこよ!!…ナビにこの道のってないし!ここ暗すぎだけどお化けでないかなああ…?!
なんて、びびってた。笑
が、4日間たつと、なんとなくだけれどそれだけで達成感というか。
自分の稼いだお金で、自分の運転で、自分の計画で、自分の力で、こんな経験ができた、と思えるようになった。
ひとつステップは踏めたと思う。

もちろん次のステップは海外になるわけだが、それもステップに過ぎないなと思った。
今回の海外の旅をゴールにしてはいけない気がした。そのためには、海外から戻ってきてから、もうワンステップ欲しいと思った。もちろん釧路に戻る前に。

具体的にはやりたいと思ったことをやる、ということ。海外の旅で得たことをただの達成感にかえてしまうのではなく、自分の原動力にしたいということだ。

だから3月に最後の挑戦をしたいと思う。この半年間の集大成を。九州に旅に行くのも考えているし、挑戦的な意味でいったら、「名古屋→東京マラソン」とかどうかな?(笑)

ということで、親も心配してるし、みんなも心配してくれるし、3ヶ月間に絞って頑張るという報告でした。

2

釧路を飛び出して

1週間前、盛大に釧路から送り出してもらい、少し恥ずかしい気持ちはあったけれど、本当に本当に感謝の思いでいっぱいだった。飲み会や送り出しを仕切ってくれた史郎はじめ、メッセージをくれた人や、本当にたくさんの人が自分のことを応援してくれて、幸せ者だなと自分のことながら感じた。

旅を決断した理由のひとつに、自分は自分の存在意義が分からないということを挙げていたと思う。前期は何に対しても卑屈で、友達関係も不安にしか感じていなかったし、なにより自分のことを信じられていなかった気がする。

ただ旅をするという決断をできた自分に少しは自信を持てたこと、自分の周りには本当にたくさんの仲間がいると気づけたこと、今やるべきことがあること、そのおかげで自分は前を向けている。

自分はいなくてもいいんじゃないか、そんな不安をもらしたことを今は後悔。

なんとなく、旅をする前にその目的が半分くらい達成されたような気分。自分がみんなに支えられていた部分もあれば、自分がみんなに与えてきたこともあったんだなと思えた。

これから少し時間を置いて、準備を整え、海外へ。
もう既に少し成長できてる自分がいる気がする、もう迷いはない!(不安はいっぱいだけど)



あ、ニュースで最近やっているけれど、覚醒剤のやつ(仕事の関係者から荷物預けられてその荷物の中身が実は覚醒剤だったて事件in中国)は本当に怖い。あれで死刑or終身刑だから…。無事生きて帰ってこれたらそれでいいって親は言うし、それだけはみんなに約束しないとね。

最後につぶやき。
アジアは、12月でも30℃とかだからTシャツ1枚の生活。タートルの長袖…(笑) みんなありがとう!それだけで現地の人の注文浴びるよ(笑) 大切にするね!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。