ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


3

インド入国(長編)

インドに入り、既に1週間がたとうとしています。



インドに入る前に集めていた情報でいうと、「インド人悪いやつばっか!」「もう行きたくない!」「うるさいけど楽しい!」「インドが恋しい…。」などなど…賛否両論でした。



本で見た話だと、「2度と来るか!こんなとこ!」と思って帰国するとなんだか行きたくなってる自分がいるんだとか。



不思議な国です。



ネパールが過ごしやすすぎたために、インドに行くのは不安だったけど、24日の夕方にようやくビザがおりて、その足で夜行バスで国境へ向かいました。




ただこのバス、
1年に1回落ちるらしい。




それを出発前日に”親切に”教えてくださったホーリーさんのおかげで、びびりまくりでした。


…ボロい。汚い。

image



これは地獄へ繋がるバスか。



とりあえず寝ました。



けどローカルバス、30分ごとに深夜にも関わらず人が降ります。



降りるところになると添乗員が大声で叫びます、どこどこー!って。



扉のちょうど横に座っていた俺はその度に起きてしまい、十分な睡眠はとれず…。




そんな感じで朝、無事到着。安堵。




ただ国境のスノウリまで2kmあるらしい。



バスに誘導されて乗るもネパールのお金をもう持ってない。



パニくってたら隣のネパール人が支払ってくれた…



最後までなんていい人たちなんだ、ネパール。



その人に国境へ案内してもらい無事インドへ。



さぁ最後の目的地に到着しました。ゆってもインドは広いけどね。
image




とりあえずローカルバスに乗ってゴーラクプールという街へ。霧が釧路にも負けないくらい。
image



ほんとはネパールのカトマンズからなら、バラナシに行くのが基本なんだけど、どうしてもデリー方面からコルカタ方面にせめたくて……。
image




ゴーラクプールからデリーに行こうと思ってました。



けど急に思った、
そうだジャイプルに行こう。笑



駅でチケットを買おうとするとなんだかお兄さんが「チケットはこっちで買うんだ。」と”親切に”教えてくれました。




はい、

騙されました。笑


早速!インド人カス!!




高額なお金(日本円でいえば2000円だけど笑)を要求し、しまいにはごっついやつらが俺を威圧してくる。



…払うよ、払う。



インド人とりあえず嫌いになりました。



無視して駅に戻ればよかったけど、チケットの相場も知らなかったし、どこでどうとるかとか、下調べが大嫌いな自分はここで損をしてしまったわけです。



とりあえず列車は早朝4時とのこと。びみょー。



バスでも全然寝れなかったのでゲストハウスで1泊することに。


ただそこの奴らも意味不明だった。



1泊500円。そして汚い。でも探すのもだるくてそこで昼寝することにしてチェックインした。



インド最悪…帰りてぇ…と考えながら寝ていると扉がノックされる。




「私はネパールのカトマンズ出身だ。ここのスタッフだ。」



正直ちょっと安心した。カトマンズの人はいい人ばかりだから。



けどその人は昼寝をしている間、1時間おきに部屋をノックしてくる。



「飲み物はどー?」「お腹は空かないかい?」



正直ほっといてほしい。食べたいときにいくよ。



そして4回目、ノックしにきたときの発言でインド人がさらに嫌いになる。



「ネパールに住む私の父親は病気で寝たきりだ。だから電話がしたい。200ルピー(350円)欲しい。私は今お金がないんだ。」



さすがに騙されない。この人は最初からこれをやるためにネパール人だと嘘をついていたのだ。



「あなたがここのスタッフなら、給料をもらえばいいじゃん。それかボスにかりれば?」と言ったらとりあえずその場は離れた。



でも引き下がろうとしない。ご飯を食べているときもしつこくそれを言ってきた。



うるさい。インド人うざい。



そして事件が起こる。



とりあえず早朝4時の列車の時間まで寝ていようと9時に寝ようとしたときだった。



扉がノックされる。出てみるとスタッフがいた。



「部屋をチェンジする。」




意味がわからない。でもとりあえず荷物をまとめてついていく。




すると150ルピーをさらに支払って450ルピー(750円)の部屋に泊まれという。



もちろん嫌だ、なんで?なんで?なんで?ってずっと聞いてたらそいつはいった。



「よし、じゃあ駅に泊まれ。300ルピー返す。」



こうして駅で電車が来るまでの7時間を待つことになった。



それにしても、今でもこのゲストハウスのしたかったことがわからない。ぼったくろうとしてたのか、でもなんで300返してくれたのか。


インド人、意味わからない。



駅は寒い。眠いがしっかり眠れば荷物をとられるかもしれない。



とっても辛かった。心身ともに衰弱してきた。インド嫌…帰りたい。



そして6時間半がようやくたった。



頭がぼんやりする。寝たい。



チケットを手にどこで乗るのか近くの人に聞いてみた。



「おー、これか。俺がそこまで連れてってやる。」



お言葉に甘えて後ろをついていった。なんか日本がどーのこーの言ってるけどもういいから早く席につきたい。



すると男が言い出した。



「なんでスリーパーじゃないんだ?あと600ルピーあればスリーパーに乗れるぞ。ただお前が自分で変更しようとすると2000ルピーかかる。外国人だから。俺がやってやる。」



意識がぼんやりする中で、寝たいという欲求のもと、判断力が不足していた。600ルピー(1000円)を見ず知らずの男に渡してしまったのだ。



「そこでまってろ。」という。ただそれはいけない、逃げられるとおもって一緒にいくというと、だんだん態度が悪くなってきた。



さらには
「とりあえずあと1000ルピー渡せ。」と言ってきた。



やばい。とようやくこのとき我に返った。



「返して。」頼んでみたけど男は「何?」ととぼける。



腕を掴んだ。



「汚い!汚い手で触るな。」



ヒンドゥー教だかなんだか知らんが、こういうときだけ酷いやつだ。



頭にきた俺は怒鳴った。



「返せ!!600ルピー!!!」



男はちょっとひるんで200ルピー返してきた。それでも足りない。



もう何をいったかは覚えてないが怒鳴り続けた。



結局400ルピーかえってきたが、200ルピー(350円)とられてしまった。



近くにある荷物を蹴り上げた。




インドクズ!最低!いいやつなんていやしない!!



そのまま自分の席も分からず、結局タダでも乗れてしまう2nd classに乗り込む。



この列車は順調に走りだした。



本当にジャイプルに向かうかはよくわからなかったが。



案外快適だった。窓の隙間風が冷たいのを除けば。
image




しかし、快適なのもそう長くは続かない。



ラクナウという中継地の駅に着いたとき、一斉にインド人たちが乗車してきた。




さっきまで空いていた席はすっかり満席。荷物置き場にもたくさんの人が。
image



インドの列車の乗車率ははんぱじゃないんだったとここで思い出す。



さらに人は増える。
image



うるさい。



床にゲロを吐くやつが出たりした。



乗客パニック。



なにやら喧嘩している。



もうインド嫌だ。帰りたい。
image



実際に何度も何度もつぶやいていたと思う。
image




おしくらまんじゅう列車に揺られ、というか揺られるスペースもないぎゅうぎゅうのまま21時間かけて深夜のジャイプル駅に着いた。



疲労がMAX。食べ物も買えず、ネパールで買った65円のフランスパンの3分の2で一日耐えた。



しかもジャイプルに着いた時間も深夜なので2日連続駅泊に。



本当に辛かった。朝の7時まで6時間。意識がぼーっとしてきたのがわかった。



もうインドは早めに出たい。そうじゃないと、旅することが嫌いになってしまう……



そして朝になり、最後の力を振り絞って目星をつけておいたホテルへ向かった。



そしてここから、本当のインドの魅力にとりつかれていくことになる。





…といったところで、続きはまた今度。最後まで読んでくれてありがとう。

スポンサーサイト
0

登山(ポカラ・ネパール)

ナマステ!

今日は昨日ポカラの2つの山を登ったときの話を、写真をふんだんに使いながら紹介したいと思います。


まず朝ごはんを食べ向かったのがサランコット。標高1500mです。

カトマンズからのバスで出会ったヨウヘイさんと出発!

画像1
レイクサイドを歩きながら向かいます。モーモー言ってます。天気がすごくいい!頑張るぞ!

画像1
さぁさぁ、目指すはあの頂上です。結構楽そう?

画像1
またモーモー言ってます。

画像1
そして、これが半分くらい行ったとこの景色。わー!すごい!湖がきれい!街もきれい!

画像1
歩いているとこんな菜の花が一面に咲き誇っている!これはきれいだ。あとから聞くところによると、これから油を採取しているらしい。

画像1
山の中腹にこんなのがあるなんて知らなかったよ!感動!

画像1
さぁちょっとずつ見えていました。パラグライダーに乗っている人がたくさん!お値段7500円~。お金ないよー…。

画像1
多分サランコット村です!こんな山の上に住んでいる人がいるとは。ここはのどかで空気も最高。ちょっとのぞけばヒマラヤが!ヤギや牛の鳴き声が反響してとっても落ち着いた雰囲気です。

画像1
ヒマラヤがちょっとずつ見えてくる。この写真はお気に入り。

画像1
もーちょっと!!

そして。

画像1
登頂!宿を出てから約2時間。あのー途中の道すっ飛ばしてますけど、超きつかったです。ぜーぜー言ってました。ただヒマラヤ山脈、本当にすごい。

画像1
写真じゃ表現しきれないほどのパノラマが広がる!すごいよー。

画像1
さー、そして来た道を帰ります。膝が笑います。ガクガク。

そして宿に到着。往復で約4時間半でした。お疲れ様でした。お昼ごはんを食べ…



再び出発!!



過去に2ついっきに登ろうなんて人は中々いないんじゃないか。

続いては日本山妙法寺。日本人が建てたの?よくわかんないけど、景色良さそうだから行こう。


画像1
いやー行く途中から素晴らしい。湖に反射しているのがまた。ただ湖をぐるーっとまわらないといけない。果てしない道。

画像1
さあ森の中へ!

画像1
…いやいやこんなとこでなにしてんの。

image
日も暮れてまいりました。あとちょっと。ちょっとずつ見えてきた。

画像1
着きました。

画像1
すごいじゃないか!時間ギリギリだ。

画像1
夕日にあたるヒマラヤもキレイ。ちなみに湖の向こう側に宿泊してます。

画像1
そして満足した頃に夕日は落ちていきました。計算したかのような時間!標高は1100m。宿からの時間は2時間。

画像1
帰りは下まで下り、ボートに乗って反対の岸まで。ただ夜だからとか足元をみられ、200円もとられた。100円で行けるはずだったのに。ただね、森の中を抜けることを考えれば、安全には変えられないからね(ボートが安全であるかは分からないが)。

いうハードな一日で、今日は足腰がガクガクです。なのでまったり読書でもしてます。明日にはカトマンズに戻らなければインドの時間がどんどん短くなる一方やし。

とにかく天気もよく、最高の1日でした。

0

ポカラ(ネパール)

朝5時半に起き、眠い目をこすりながらバス停へ。

今日は7時間、いや8時間かけてカトマンズからポカラにやってきました。

カトマンズの宿離れるのさみしかった。だって300円のトイレ&シャワー付きのドミトリーが6泊の間貸し切りだったんだもん!

image
ただ広すぎて停電時のときはちょっと怖い。


ポカラは名の知れた沈没地らしく、特にやることもないけれど、過ごしやすさゆえに多くのバックパッカーが住み着いてしまうというところ。

自然がとってもキレイなのです。


…が、最近気づいた。


どうも海外の自然に圧倒されない。


それはなんでかと考えていると思い当たる節があった。


それは


「いや、北海道も負けないくらいすごくね?」ということ。


北海道はやっぱりすごくいいとこだよ。


だから部屋に閉じこもってないでもっと外出なきゃって思った。


どの地域の夕日見ても、あー幣舞橋からの景色には勝てないなと思うもん。


そう思うわりに、一回も一眼もって橋に行ったことなかったなと思う。


暇だ暇だいってるのなら、車走らせて写真撮ったり、景色見てぼーっとしてるのでもいいなって思う。


第二の故郷と決めた北海道。そこで過ごす時間ももっと大切にできるなと思いました。



んで、今日はピザを食べています。200円で窯で焼いたやつが食べられるんです。

image

停電にも慣れたよ。ろうそくの光とかって人の心を落ち着けるとかって言ったりするよね?

なんか日本帰ってからもやりたくなるくらい、心が安らぐよー。

アジア出たからにはそこの食事しか食べない!って決めるのもまたいいけど、日本食食べたりピザ食べてみたりするのも、なんかおもしろいと最近思うようになりました。

明日は1日日記の復刻でもしようと思います。





…めんどくせぇ。笑

0

カトマンズ(ネパール)

すぐ放置してしまいます。暇はあるのですが、書くようなことがないというのが実際のところでしょうか。

カトマンズは過ごしやすいです。もう6日目になりますが、やったことといえば、インドビザの申請と、買い物くらい。

でもたくさん店もあるし、ゲストハウスの人は面白いし最高です。

そしてやたらと日本食がおいしい!

絆のカツ丼は最高でした。

image


きのうは親子丼、今日は天丼にしたいと思います。

あとFacebookにも日本食食べたこと書いてますんでそれもぜひ。


短いですが以上!笑

0

東南アジアのお料理 第3弾

こんにちはー
昨日はずっといつネパールにいこうか、マレーシアにはどれだけ滞在しようか考えていて1日終わってしまいました。もうあと4日で折り返し地点です。早すぎる。まだ始まったばかりだというのに…。


そんなこといっていても時間は過ぎてしまうので充実した毎日にすべく頑張ります。


では、だいぶ食べた料理の写真も溜まってしまったので、ここらで一気に紹介したいと思いまーす。


image
まずこれがベトナムのフエで食べた、ベトナム風のお好み焼き、バインセオ。なのかな。わりとパリパリした生地と野菜(レタス・ニンジン・青パパイヤ)を豆のソースみたいなのをかけて食べます。これが自分的にベトナム料理のナンバーワンでした!(約125円)

image
そしてその店で追加注文したナムルイ?羊の肉のつくねみたいなもの。

image

それをライスペーパーで野菜と一緒に巻いて、これもさっきと同じ豆のソースにつけて食べる!これもやばい!(250円)

結局この店ではお好み焼き風のやつをおかわりして、500円も使いました。(日本円ならそれでも安いけどね)

image
これはフエで立ち寄ったフランス人経営のカフェ。これで180円だから、思わず休憩がてらカフェに寄りたくもなるよね。

image
これは同じフエで食べた蟹のうどんみたいなの。かなり寒かったので、あったかいうどんは美味しかった!

image
続いてハノイ移動して食べたこれはもち米と豆を混ぜて焼いたスイーツです。個人的にはあまり好きではなかったけど、店によっては豚肉なんかも混ぜたりしてるみたい。(100円)

image
うーん!なんかとりあえずがっつりしたものが食べたい!と思い歩いていて目についたのがこちらの”ステーキ”。屋台のステーキ、お味は…ベトナムの味でした(笑) だよね。(400円)

image
引き続きハノイです。日本人の方と歩いていると目についたのがこれ。焼き鳥の匂いだけでも最高なのに、なんかこの焼き鳥をスープにぶっこんでいる…。興味津々で席につきました。

image
でこんな感じで出てきました。そうめんみたいです。それを焼き鳥入りのスープにつける。これが最高でした。スプリングロールも。

いざ会計。「1人100000ドン(500円)ネ!」って店員。いや高い。内訳は、スプリングロールが1本100円が2本、そうめん100円、スープ200円。外人だからってぼられたと思って、ベトナム人の客に値段聞いてもらったけど、結局そのお金になった。食べるときは必ず最初に値段を聞かないとね。いい教訓です。

image
これはベトナム風ぜんざい。かな?風味はココナッツ。とっても甘い。どーだろ、自分はココナッツ系はあんまり得意じゃないかもしれない。けど寒い夜にあったまって美味しかった!(100円)

image
ちょっと見づらいですがこれはよくわかりませんが、美味しいやつです。(笑) ちょっとすっぱめのつゆに、右のやつをつけて食べます。あげてあってパリパリしてって感じです。(200円)

image
ベトナム最後の食事として選んだのがこの焼き鳥。最初見る前は250円で焼き鳥にしては高いなと思ったんですが、きてみたらすごいでかい。しかも食べると味つけもスパイシーで最高だし、炭火で焼いてるから香ばしい!こんなうまい焼き鳥は今までになかったなー。

image
ハノイならルアンパバーンへの27時間バス移動前に暇つぶしに入ったカフェで飲んだコーヒー。エッグコーヒーです。最初抵抗感があり、なに?エッグ?まずそう。と思ったけどベトナムコーヒーは美味しいから大丈夫だろうと頼んでみたらこれが最高。エッグといってもカスタード的な?コーヒーにカスタードはとっても合いました。家でも実践したい!ぜひ飲みにきてくれ!(150円)

ちょっと溜まりすぎたのでもーちょいいます。

image
これはラオスで食べたサンドウィッチ。植民地支配の影響なのか、それとも観光地になってからなのか、あるいは独自の文化と西洋の文化がミックスされたのか。サンドウィッチはルアンパバーンでも、バンビエンでも、ヴィエンチャンでもよくみかけました。かなりでかいサイズで120円!…でもこれでお腹を壊したんじゃないかという噂も。生野菜は気をつけないといけないみたいです。

image
ただ、このサンドウィッチ屋の人たちがおもしろいのはお互い競争する気があまりないということです。見ての通りサンドウィッチ&フルーツジュース屋さんはずらーっと通りに並んでるけど、暇な時は談笑してるし、お釣りが足りない時や素材が足りないときは隣の店から借りている。いかにも東南アジアらしい、のんびりした商売をしてました。

image
そしてもっとすごいサンドウィッチをバンビエンで見つけました。その名も”チキンビーフベーコンチーズサンドウィッチ”。とりあえずのせろみたいな。閉じてないし(笑) 360円の豪華な食事でした。


あんまり長々とやってもつまらないのでここらへんで今日はおしまい。
また第4弾もおたのしみに!

0

明けまして

おめでとうございます!

現在地はマレーシア、ペナン島です。
イギリスが東インド会社を持っていた時代、マレー半島を植民地化する第一歩としてここペナン島を支配しました。ジョージタウンと呼ばれる島の街が世界遺産になっています。

なんとなく身体が重く、あまり動きたくないので、と思ってブログを。かなり間があいてしまいました。


今年の年越しはバンコクでした!

image


スーパーでシャツとマーカーを買い、前日に作成。

image


今年の目標は
「経験を糧に 想いを行動に」

半年間、普通の大学生ではない時間を過ごして、自分にしかできない経験をたくさんして。
それを楽しかった!で終わらせることももちろんできるけど、もっともっと自分の力に変えていかないといけないと思ってる。

また、たくさん考える時間があって、去年の夏からいろんな想いを貯めてきたわけだけど、今度はそれを原動力に、今やるべきことを見つめ、そのための時間をつくりたい。



具体的に自分がしたいことは、
「英語をとことん勉強すること」
「南米・ヨーロッパに行くための貯金をすること」
「自分のリズムで生活すること」
「教員になるための最低限の教養を身につけること」



それができる生活を基礎にして、その上で今までみたいにみんなと遊びたいし、サークルもできる限り楽しみたいな。

サークルは今までみたいに俺は中心では動けないと思うけど、きっとみんななら大丈夫だ!

そう、お財布の紐もかたくなると思う。もし南米の旅費60万円前後に、30万円プラスできると南極に行ける。できればそこまで貯めたいな。

後輩には中々おごれないし、ごはんも今までみたいに頻繁には無理なのが現実。ごめんよー


ただこれは自分の決めたこと、やりたいことがある以上、実りある毎日にするために頑張る!

image



自炊頑張ろ!ごはん行くのもいいけど、俺が作るのも美味しいよ(笑)

image
image


こんなんだって作れるからね!!(軽い自慢)

ということで(←どういうことで!?)
明日にでもアジアのお料理紹介第三弾したいと思います。


あーあと。ツイートでも書いたけど

【お誘い】
今回の3ヶ月放浪の旅の1週間後に台湾に行きたいと思います。「目的は自転車で1周!」
台湾は最近サイクリングブームらしく、ロードもかなり整備されているようです。大阪からの往復航空券が1万2500円で買えるのも魅力。興味ある人いたら連絡ください。お年玉無駄に使うならぜひ。

ということです。では。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。