ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

人生初!海外で郵便物を受け取る


ようやく学校での生活が慣れてきたかと思えばもう10日を切りました。

早い。

それと同時に焦りも。

いやーもう少し「喋れる実感」を得て旅を再開したい!

まだまだ言いたいことも思うように言えません。

とりあえず残り6日の授業を必死で受けようと思います。

ただ、

なんかタイで日焼けして学校に来たからか

最初の授業で2人の先生から

”Are you pure Japanese?"

と同じ質問を受けました。

あと

”You look like Filipino!”

とよく言われます。

自分では日本人顏だと思ってるんだけどな…。

でもなんか、フィリピンの中ではハンサムな感じらしい。

なかなか言われてないからこれはふつうに嬉しいぞ。



まぁそんな話はおいておいて…

先日海外で初めて郵便物を受け取りました!

3時に授業が終わってから郵便局に向かおうとすると
ハウスキーパーが5時に終わるからタクシーで急いでいくべき!と。

タクシーは高いから(とはいっても500円以内だけど)
あまり使いたくないけど仕方なく。

ここで、ん?と思った人もいるかと思います。

なんで郵便物自分で取りに行くの?

そうなんです、フィリピンでは自分で取りにいかなくちゃいけない。
一応届けてくれるサービスもあるらしいけどまたお金がかかる。
しかもお届けする前に連絡してくれーみたいな通知が届いてから発送だから超手間がかかる。

だったら取りにいく。結局そうなります。

荷物の中身は後ほど(母親に頼んだものです)

外観はこんな感じ。
20150528190215f89.jpg

入り口のオフィスで最初にちゃんと届いてる確かめます。
20150528190331072.jpg
(写真は帰るときにとったのですいていますが、もっとたくさん人がいました)

ここまでは順調。

そのあと、荷物を受け取る手続き。
20150528190351f43.jpg

これが異常に雑で長い。

30分たってやっと自分の番が回ってきた。

受付で渡された在庫確認の紙を渡してもってきてもらう。

”Do you have a passport?"

と受付のおっさんが聞いてきたがふつうに学校に忘れた。

代わりにクレジットカードを渡した。

"Mitsui Sumitomo..."

そうだよ、三井住友のカードだよ。
いいから早く探してきてくれ。

10分後

そのおっさんは何も持たずに帰ってきた。

なにしてんだよ、おっちゃん。

おっちゃんは言った。

”Are you Mitsui Sumitomo?"

あのそれカードの名前っす!!

そりゃ見つからんわけだ。

ちゃんと名前を確認したあと、

おっちゃんはなんかイライラしていたけど、また探しにいった。

そのあとも5人くらいいるのに手続きしているのは1人。

怠慢具合に舌打ちを打ちそうになったが、ここは海外だということを思い出し我慢。

海外からの荷物はめんどくさいのか、並んでたのに最後に回されながらやっとのおもいでゲット!
20150528190412755.jpg

やったよー!こんなに荷物を受け取った時の喜びが大きいとは!

ただ行きはタクシーで170ペソ(約400円)
郵便局の手数料で160ペソ(約400円)

これはなんとしても安く帰らなければ!

と思い、知っているショッピングモールまで約4km歩き、

そこから乗り合いタクシージプニーに乗って学校の近くまで(7ペソ(約20円))

乗り合いといっても半端じゃない人数が乗ってるから

もうこんな感じで車の後ろで頑張って捕まってる感じ。
(わかるかなー)
20150528190447cee.jpg

そのあとまた歩いて、超節約完了。

大した額じゃないけど地元の乗り物乗って移動してお金が浮くとなんだか嬉しい。



そうだ、中身はですね!

けん玉!コーヒー!ラーメン!シャーペン!
201505281905192d5.jpg

です!

けん玉は今後の旅で必要かと思っていたのにふつうに家に忘れてきてしまったから

あとは学校生活であったらいいなというものでした。

ありがとう!

「人生初」があればこれから投稿していこうと思ってます!

ではでは

スポンサーサイト
0

パンやジュースをあげることは良いことか?


実は今日で日本を出発してから1ヶ月です。

もう一人旅は慣れたもんだと思っていたのにいざとなると緊張してしまったことを思い出します。

出てきてしまえばなんのその!

俺には怖いものなんてない!




いや、ごめんなさいゴキブリは怖い。

あとジェットコースターと。


でもきっとそれって日本がとんでもなく過ごしやすい環境だからなんだと思うなぁ。

何一つ不自由ない生活から抜け出すのって怖いし。


Anyway〜(授業中に先生がいうから使いたくなった)


昨日は、セブ島のスラム街に足を運んできました。
先生のCHAと、なかじー&ともきの21歳学生トリオで。

セブ島というと屈指のリゾート地というイメージでしたが、
来てみるとイメージとはまるっきり違いました。

確かに高級車は走っているんです。

でもその道を一歩入ると、今にも壊れてしまいそうな家が並んでいる集落があります。


20150523161641ca6.jpg

最初は折り紙で紙飛行機を作って

201505231617317e2.jpg

みんなで飛ばして遊んで

20150523161707f2a.jpg

そのあとはなかじー得意の空手をみなで挑戦!


その後もいろんなことをして遊びました。
先生になりたい云々ではなく、単純に子どもが好きなので
とっても楽しかったです。


最後に先生に言われて用意した、ジュースとパンを配って帰りました。


そして今日写真をみながらふと思いました。


本当にジュースやパンをあげる必要があるのか?と。

これは前から少し考えていたことです。

自分は常に支援し続けることはできないし、ありがたがられるために行っているわけでもない。

また、その支援が子どもたちにとって「当たり前」になっては意味がないと思うんです。


先週も実はセブの日本人が運営している貧困層で勉強したくてもできない環境にある子どもたちの通う塾のようなところにお邪魔させてもらいました。
非常に興味深く、子どもたちの学ぶ意欲や姿勢に驚かされました。


しかし、子どもたちの給食の時間を覗いてみると、結構な人数の子が「野菜は無理」「肉は嫌い」と言って完食まで至っていませんでした。

その子たちの家庭状況などスタッフさんから聞いていたのは
「学校の昼食は給食がないから水を飲んでしのぐ子もいる」
「だから昼休みになるとここに昼食を食べに来る(学校に隣接しているため)」
というものでした。

(もちろん貧富の差で残していい悪いがあると言っているわけではありません。ただ今まで昼食を「食べられなかった」子どもたちが「食べない」という選択肢をとることに驚いたのです。)


「この子たちを変えたのは自分たちなのかな」と思いました。

食事が毎日出てくることで「当たり前」になってきてしまうんだと思います。

そのため感謝の気持ちも薄れてきてしまいます。

これは子どもたちになんの罪もありません。


でも昼食の話はちょっと極端だったかもしれません。

「昼食は我慢しなさい」なんて言えないですから。


けどジュースやパンはどうだろうか。

そもそも貧乏旅行中の自分は
ジュースやパンを間食に食べることはほとんどありません。

それにも関わらず、自分が10人分のジュースやパンを買って与える。



ーーーーーーーーーーーーーー


これってどうなの?

それが当たり前になってしまったら?

でも、それは子どもの頃、当たり前のようにおやつが手に入ったから思うことなのかな?

部外者が勝手に来て遊んで帰ったら冷やかしだと思われても仕方ないかもな。

親が私たちが何もあげられないから…って考えちゃったりしないかな?

1日そこらで目の前の子どもたちの人生がころっと変わるなら誰だって支援するんだけどな。

小さな幸せがその子を駆り立てるかもしれない?

いや子どもたちにとっては小さな幸せなんかじゃなくてとっても大きな幸せなのかもしれない?

パンやジュースをあげた次の日は、今日はおやつがないという現実を突きつけてしまうだけかもしれないな。


ーーーーーーーーーーーーーー


正直なところまだ自分の中に明確な答えは見つかっていません。

人間平等といっておきながらそうではないのが現実。

自分にとっては「ただのジュース」でも彼らにとっては「宝物」かもしれませんし、
ならば微力ながらできることならなにかしたい、そう思うことは当然なのかもしれません。

でもだからこそ、慎重に考えないと
無意識に相手の価値観を変え、自己満足に陥ることにも繋がることなんだと思います。


でもそんな自分がいま唯一できるとしたらそれは

「何かで伝え発信していくこと」

だと思います。

日本にいて普通に暮らしていたら、「あー自分はなんて幸せなんだ」なんて常に思っている人はいないと思います。

だからこそ、こうした今みている現実とは違う現実を知ることで
彼らに対してできることはあるのか、幸せとはなにか
など考えるきっかけになると思います。

自分が小学校の先生になりたいなと思ったのも
小学校6年生の総合学習で学んだ「世界の貧困」が影響しています。

現状を知り、考える。

その時直接なにかできなくても、そのきっかけがその人を変え、行動や心をも変える。

今のところ自分は、そこに価値を見出しています。

自分がこの壁に当たって立ち止まっているように
たくさんの人が考えてくれますように。

いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

4

The WISH List


というわけでいきなりですが
とりあえず、今回の旅(またはその後で)で「やりたいこと」を羅列します。
(詳細は下で)

01 地球は本当に丸いか確かめる
02 アフリカ縦断
2015年11月達成!
03 とにかくトマトを投げまくる
念願のトマティーナ!スペイン!
04 ウユニ塩湖で最高の写真を撮る
撮れました!
05 各国の挨拶を覚える
06 各国のありがとうを覚える
07 カウチサーフィンを使ってみる
08 各国の学校にお邪魔する
09 けん玉を教える
10 折り鶴を計100羽プレゼントする
11 撮りためた写真で写真展を開く
2016年10月学校祭にて!
12 経験をもとに講演会を開く
複数回やらせてもらいました!
13 物々交換をする
14 各国の紙幣を集める
ほとんどの国を持って帰りました!
15 大陸制覇する
南極以外は!
16 モナリザを睨みつける
なんか優しく見返してきたから睨むのはすぐやめた
17 キューバの野球でグリエルをやじる
18 ヨーロッパでサッカー生観戦する
人生初のサッカーの試合はFCバルセロナ!
19 Facebookで300いいね!もらう
20 Twitterで100お気に入りもらう
21 英語の歌を歌えるようにする
22 ブログを1年続ける
23 モアイになる
24 新しいスポーツに挑戦する
フィリピンでボクシングに挑戦!
25 メキシコでダイビングをする
セノーテダイビング、最高でした。
26 ジンベイザメと泳ぐ
セブ島で実現できました!
27 カメと泳ぐ
こちらはエジプトダハブで達成!
28 自由に生きてる象を見る
ウガンダ・ケニアで見ました!
29 喜望峰でヴァスコ=ダ=ガマを感じる
喜望峰に最初に到達したのはバルトロメウディアスでした。
30 自炊する
オーストラリアで。物価高すぎ。
31 コスパのいい服を買う
グアテマラでラルフローレン(本物)300円。安!
32 活火山でグラードンっぽいものを見る
エチオピア・エルタアレにて!
33 大好きなピザを本場で食べる
ナポリピッツァ最高すぎる!
34 有名じゃない最高な場所を探す
35 朝日・夕日コレクションを作る
36 トルコ風アイスを検証する
37 ものすごい滝を見る
アイスランドのグトルフォス!ものすごかった!
38 オーロラを見る
アイスランドで!やりました!
39 ハリーポッターのロケ地に行く
オクスフォード大学に!食堂よかったー
40 モンサンミッシェルを見ってミル
41 野宿する
トマティーナ前夜祭、その後ヨーロッパで
42 語学留学する
セブ島で達成しました。
43 世界の給食を食べる
ヨーロッパで食べさせてもらいました
44 ブータンはどう幸せなのか検証する
記事の中で紹介します。
45 南の島でダラダラする
タイの島で。最高。
46 旅の写真集を作る
47 満点の星空を見て想いにふける
エアーズロックからの星空、最高でした。
48 スペイン語をちょいちょい覚える
わりとちゃんと勉強しました
49 どっかの国で髪を切る
バンコクで切ってみました。普通!
50 各国の戦争博物館を見学する
51 MLBを見る(できればイチローがみたい)
キャンプでイチローに会ってきました!
52 ハロウィーンを楽しむ
53 最高(?)な年越しを迎える
最低な年越しでした
54 日本の正月っぽいことを現地でしてみる
グアテマラで餅食べました!
55 左ハンドルの車を運転する
アイスランド一周しました
56 ブラジルで”日本の人聞こえますか?”をやる
57 図書館で英語の本を読む(フリをする)
58 一生のお土産を見つける
イチロー選手のサインですよねぇ
59 フラミンゴの群れを見る
ケニア、ボゴリア湖にて!
60 日本食を誰かに作ってあげる
ヨーロッパ旅行中、イラクの難民の方に
61 どっかしらの温泉に浸かる
ドイツの温泉いってきました
アディスアベバにて!混みすぎだった。
62 ギリシャの神殿で教採の数学を勉強する
63 めっちゃカラフルな街に行く
64 イタリアで開催中の万博に行く
日本館行ってきた!
65 ドイツでスパゲッティアイスを食べる
66 テントに泊まる
ウガンダにて初テント泊!
67 綺麗な海で泳ぐ
ベリーズが最強でした。
68 ものをなくさないようにする
69 イギリスで超美味しいものを見つける
ド定番だけどフィッシュ&チップス最高だった
70 釧教どうでしょう海外編を製作する
71 ピラミッドを見てミッゾ
みました!ピラミッドでした!
72 これぞ秘境!というところに行く
エチオピアのエルタアレ火山は完全に秘境だった
73 断崖絶壁に足を運ぶ
74 ピシャの斜塔の角度を計る
多分見た感じ3度くらいでした(まさかの目視)
75 しりとり無双の街ンジャメナに行く 
76 SNSのアカウント画像を変える
77 世界地図を壁に貼り行った所に画鋲をさす
78 野生のシマウマを見る
マサイマラ国立保護区にて!
79 日記をつけてみる
80 長いフランスパンをリュックにさして歩く
81 超おしゃれなカフェで教採の勉強をする
82 オーストリアでオーケストラを鑑賞する
83 どっかの店の常連になる
84 おいしいコーヒーを飲む
コーヒー発祥の地、エチオピアにて!
85 アウシュビッツで戦争の歴史を学ぶ
心にグッとくるものがありました。
86 ハイジの気分を味わえる場所に行く
87 世界のこれを食べろ!ランキングを作る
88 イタリアのジェラードを食べる
もう何回食べてもおいしかった!何と何のセットにするかが重要
89 卒論に活かす
がっつり活かしました
90 ベルギーのチョコを食べる
91 経験をもとに本を書く
92 「手をたたけ」ムービーを作る
93 地球の教材化を考える
94 30年後再び訪れたい国ランキングを作る
95 素敵でクレイジーな誕生日を迎える
トリをしめてもらうなど素敵でクレイジーでした。
96 富裕と貧困を肌で感じ取る
97 各国の小学校を訪問する
98 目的のないことを目的に旅をする
99 チャド湖に行く
100 無事世界一周を終える
なにもなくてよかった

というわけで長々と羅列してみました。(昼からずっと考えてました)
なんでこんなことをするかというと、

わくわくを自分の中で確かめたかったから。


今は語学学校にいるので、まだ世界一周をスタートさせた気にはなりません。


むしろ、これからがスタートという気持ち。


世界にはたくさん面白いものがあるだろうけど


「いやーこれは是非ともやっておきたいな!」


というものを確認した上で


さらにアンテナを広げてたくさんのものを拾っていきたい。


そんな気持ちで今日は「土台」を考えてみました。


達成したものから消していきます(似たようなことやってるブロガーよくいますが)


日本にいたら、正直100個もでてこなかったと思います。


だからこその


ワタル世界は夢ばかり



「世界は夢で満ちてる」


そんな風に思える旅であったらいいなぁ。


フィリピン

2

旅ってなんだっけ。


「旅」に出会ったのは、もう1年と半年前。


その時は必ずしも積極的な理由だけではなかったと思う。


自分は何がしたいのか、このままでいいのか、自分は一体誰なのか。


もう飛び出したくて仕方がなくて、ルートも何も決めずに日本を飛び出したのだった。


その結果がこれである。


そう、1年の休学を選択させてしまうほど魅了されてしまったのだ。


そしていま、旅の途中である。


んで、思ったのが


「旅ってなんだっけ。」



(小難しい話が嫌いな人はつまらないかも…です(笑))





この話の流れだと、


「いや、ワタルにとって旅は楽しいものなんじゃないの…?」


「1年休学するに価するほど魅力があるものなんじゃないの…?」


でバイバイサコーって感じだと思うが、


俺はそんなに浅くない!


そう、浅くない!


もう一回言おう、


俺はそんなに浅くない!!!!


で、ですね。


近況報告からすると、いま私はフィリピンのセブにある語学学校に身をおいています。


英語ですね。


高校時代に36点で無事赤点をいただくことができ、


「おまえ、キャプテンのくせにいい加減しろぉぉぉおおお!!!!」でおなじみの英語です。


やっぱり苦手だけど一応がんばってます。


で、この語学学校は日本人の旅人中心に集まる学校なんです。


そこで奇跡的にも


「21歳、4年次休学、小学校教員志望、(左利き)」


という、聞いただけでニコニコして鼻血が出ちゃうような人と出会いました。


そのほかにも「21歳休学ガール&ボーイ」がかなりいて毎日楽しく過ごしてます。


今日はスパゲッティを3人で食べました。
2015051700213100a.jpg


まぁ食べれました。「食べれる」という表現がみそ。



英語だけじゃなく、教育について、そして旅について毎日頭を働かせているわけですが


そう、旅について悩み出してしまったわけ。






なにがひっかかるかというと、


今回は前回より踏み出る力が弱い


ということ。


やることの規模は間違いなく前回より大きいことをやろうとしているのだけど、


前回の方が「自分」と向き合うという明確な目的があったためになんだか自分自身で物足りなさを感じていたのだ。


そこで出会ったのが彼。同じく教師になりたいという彼(以降なかじ)だ。


彼の準備は自分より何倍も力が入っていた。


話すことも、考えていることもなんだか「すごいな」って。


彼は学校のボランティアなどをしながら世界を回るという。


自分は最初、「明確な目的があってすごいな。」と思った。


それと対比して「明確な目的がない自分は一体、旅になにを期待してるのだろう。」と考えるようになった。


これを考え出すと中々寝付けなかった。


このまま旅を続けていいものか。


そんな話を昨日、ふとなかじにしてみた。


「なかじは目的があって、すごいよね。なんか自分ってなんか目的はっきりしなくて…」


でも驚きの答えが返ってきた。


「俺は『目的がないってことが目的じゃない?』って言われてそうかって思ったよ。」


びっくりした。


自分には、なかじは目的がしっかり定まっているように見えていたから。


なかじは目的の達成するために旅をしているのではなく、


自分のやりたいことを考えてそこから今に辿りついているそう。(自分の解釈だから少しずれがあるかもしれないけれど)


そして彼の言った言葉が、自分の中に居座り続けていた「旅ってなんだっけ。」をストーンと消し去ってくれた。


「自分の興味ってさ、案外自分では分からないものだと思う。」


おお?


自分のことだから自分が一番知ってるんじゃないのか?


そう思っていた。


でも、自分の興味の範囲は「自分が物事を知ってる範囲」でしかない。


相手が自分の知らない「何か」を教えてくれて、


その「何か」が実はとても自分が興味があることだってあるのだ。


振り返れば自分もそんな経験をしてきていた。


タイで「ダイビングしたら?」と言われて、すぐ島に向かって。


「台湾は自転車がムーブメントだよ」と言われて、台湾自転車一周してみて。




そうだ、自分にとって旅って、


常に知らないものと出会ってその度心をおどらすことのできるもの


だったなと。


だからこそ自分は、地球という巨大テーマパークで


全く知らない人やものや行事に出会い、時にはハプニングに巻き込まれながら


たくさんのことを経験することでそれを自分の糧にしたい。


そして自分の興味がどんどん広がって、


手にした経験が結果、


将来に活きると思っている。


って話ながらブログ書いてたら


なかじと誕生日が2日違いだということが判明…


もはや鳥肌を感じずにいられないワタルでした。


(長々とすみませんでした。笑)

0

パンガン島でスローライフ!

バンコク入ってから特別報告することもなく


いまに至っております。


空港着いてもう4回も来てるから大丈夫だ!とか調子乗って


3時間迷子になって歩いたことと、


今後行くアフリカ南米のために予防接種を受けにいったことくらいです。


さぁさて、いま私はパンガン島にいます。


パンガン島とは、タイのパーティ島です。


毎月、満月の日に「フルムーンパーティ」が開催されています!


超クレイジーなパーティです。


それがなんと5月2日!


よし!





…それをはずして、翌日到着になるように行こう。


と、バンコクで知り合ったDaikiさんと相談して決めました。


だってうるさいのいやだし、高いのいやだし(フルムーンのときは物価も何もかも上がる)


というわけで4日間のスローライフが始まりました。


移動時間18時間の末、適当に決めたゲストハウスのすぐそばには


20150506213513e13.jpg


こんなにきれいな海が!


20150506213426f50.jpg


わーい!海の中もめっちゃ透き通ってるー!


でも…


やることない。(笑)


まぁでもなにもしたくないから来たわけだし!


こうして、だらだら生活をスタートさせました。


次の日も海でだらだら…


でもそれが最高。


気づくとすぐ夜に。


夜にはこんなファイアーパフォーマンスなんかもやってます。


しかも参加型(笑)

20150506213308859.jpg


アームレスリング大会も!

20150506213343f12.jpg


なかなかおもしろい。


次の日はバイクをかりて、適当に走る。


20150506213235343.jpg


気持ちがいい。


そして今日は朝日と、海と…

201505062131330c3.jpg

201505062131467ab.jpg

20150506213200f22.jpg


いや、ほんとなにもしてないから書くことない。(笑)


でものんびり最高のスローライフ。


数日後からフィリピンで語学学校に通うので、ちょっと緊張してたりしたけど


そんな緊張もちょっとゆるめてくれる


ステキな島でした。

20150506213220257.jpg


(なにがよかったって、クーラー付きの部屋だったことも大きいんだけど(笑))

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。