ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

【2015年まとめ】心が躍る!ワタル世界の絶景7選



今日は日本では2015年最後のブログになります!
今これを投稿しているこちらの日付と時間は12月30日16時です。
だからまだ最後という感じはしませんが。

今日はとっておきの企画で、
「心が躍る!ワタル世界の絶景7選」です!

とにかく僕は絶景が大好きで、この旅でもたくさんの景色をカメラに収めてきました。その中でもとびきりの「7つ」を今日は紹介したいと思います!




デッドフレイ(ナミビア)

IMG_6810.jpg
最初はコチラ!ナミビアのデッドフレイです。
まだブログで紹介していないので、掲載するかかなり悩みましたが間違いなく7選に入るので今日はちょっとだけ紹介!
フレイというのは沼という意味でここは昔、沼があったようなんです。しかし、砂漠の暑さで枯れ、枯れた木はコンクリートのようになった沼に立ったまま取り残されました。生物もおらず、腐ることなくこのように木がたっているんです。
まるで絵のようだと言われますが、本当にその通りの絶景でした。



ウルル(エアーズロック)(オーストラリア)

IMG_8587.jpg
定番の絶景かもしれませんが、ウルル(エアーズロック)です。世界で2番目に大きい1枚岩、その大きさはエッフェル塔の3倍にもなるそうです。夕日に赤く染まる姿は本当に感動しました。100時間のバイト代が一瞬でぶっとんでいく3日間は大人になってみる絶景とはまた違った感動を与えてくれたような気もします。



ンゴロンゴロ保全地域(タンザニア)

IMG_5059.jpg
先週紹介しました”最後の楽園”ンゴロンゴロもかなりの絶景でした。遥か昔に火山の影響で生まれたクレーターで、今は動物たちが暮らしています。周りを囲まれていて、動物たちはここで生まれここで死んでいきます。その動物抜きでもかなりのみごたえがありました。ちなみに展望台には望遠鏡があって、そこから動物たちを観察することもできます。



グトルフォス(アイスランド)

IMG_2237.jpg
よく旅をしていると「どこが一番よかった?」という超難題を問われるわけですが、僕は最近「アイスランド」というようにしています。この滝はそのアイスランドの中でもかなりの絶景でした。勢いよく流れ出る滝は水しぶきになって、離れた駐車場でもかなり濡れてしまうくらいの迫力です。様々な角度からも楽しめるのがこのグトルフォスの特徴で、自然の力強さを改めて知ることができました。



セノーテ(メキシコ)

21
まだブログにはのせていません、メキシコのセノーテです。セノーテです、と言っても分からない人もいるかと思いますが、スペイン語の辞書を引くと「洞窟井戸」と出ました。これは実は水の中なんです。ダイビングをすることでこの絶景を見ることができました。朝一番にセノーテへいって潜ると、日の光が差し込んで写真のような様子を見ることができます。



ナミブ砂漠の星空(ナミビア)

12313

これも景色に入れようか迷いましたが、とっても綺麗だったので。これもブログには紹介していません、ナミビア2つ目の絶景です。深夜1時、月明かりがまだ強く星はある程度しか見ることができませんでした。雲ひとつない空。どうしても完璧な星空が見たくて、2時間ウトウトしながら読書で夜更かしし、ついに見ることができました!これを越えられるのはウユニくらいかもしれません。



エルタアレ火山(エチオピア)

IMG_9678.jpg
最後はこれ、エルタアレ火山です。ブログのトップにしているほど僕のお気に入りの一枚でもあります。最初はあまり活発ではなく、正直「この程度か」と思っていた活火山。いきなり動きが強くなり始めたときには夢中でシャッターを切ることしかできませんでした。そして奇跡的にもピントや明るさ、シャッタースピードなどが素人にしては完璧に近く捉えることができ、この1枚が生まれました。これは僕の一生の宝物です。だって地獄の3時間の登山、絶対もう行かないから。笑



行ってみたくなったところはありましたか?
絶景を見ると本当に「地球に生まれてよかったーーー!!」と叫びたくなるのは僕だけでしょうか(笑)
今年はそんな気持ちを何度も味わうことができ、幸せな1年だったなと思います。
来年初めからいよいよ最後の大陸・南米です。南米こそ絶景の宝庫ですよね。
今度は「30選」くらいになるようにたくさん絶景に触れてきます!


2015年最後に・・・

今年4月から日本を離れて数ヶ月たってからブログを頑張ってみようと思い、今日まで更新してきました。
家族やおじいちゃんおばあちゃん、大切な友人、応援してくれている人たちがこのブログでの日々を楽しみにしてくれていることが、この1年気持ちを切らさずに旅を続けてこれた理由のひとつになっているかもしれません。
・・・あ、なんか旅終わる感じになっちゃってるけどまだ帰りませんよ!笑
帰国は3月です!多分!まだチケット買ってないけどそろそろ買わなきゃ!
・・・というわけで(←どういうわけ?)
みなさん今日も来てくれてありがとう、よいお年を!!

最後にポチっとしてくれたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
上のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
よろしくお願いします!

スポンサーサイト
3

【2015年まとめ】旅の色々ランキング!(ハプニングなどなど)



2015年、日本にいてはありえなかった本当にたくさんの出来事がありました。

今日はその印象深い出来事などをランキング形式で紹介したいと思います。





イメージが変わった国ランキング



3位 タンザニア
IMG_4869 copy
タンザニアと聞いても動物くらいのもんだろうと思っていましたが、サファリはもちろんのこと、ザンジバル島という素敵な島があり、イメージががらっと変わりました。

2位 南アフリカ
IMG_7050.jpg
アフリカとは思えないほど発展していて、それでもって自然も豊か。ペンギンなどもいました。年明けに更新します。

1位 アイスランド
IMG_2239.jpg
氷ばっかりと思わせておいて実は自然に溢れた大地だった!常に驚きと感動をあたえてくれるレンタカー一周、文句無しの1位です。




心が折れたハプニングランキング


3位 GoPro盗難事件
海外初盗難です。早朝のバルセロナで事件は起きました・・・

2位 バックパック紛失事件
初ロスバゲ(ロストバゲージ)事件です。6日間の死闘の結末は・・・
【メインバック紛失物語】最終章「荷物がなくなった理由」

1位 700ドル盗難事件
何と言ってもこれでしょう。700ドル盗難事件。本気で旅をやめようか迷いました。一緒にいてくれたなかじーがいなければ心が折れてもう帰っていたかもしれません。
「汗と涙の1ヶ月」を盗まれる。 in パリ





2015年ワタル的流行語ランキング


(お友達ブログの「たびもろこし」のたくろうさん・かおりさんの記事のやつ、パクリました!これ見て怒ってたら教えてください。笑)

3位 「イタリア時間深夜2時パリで」
このブログに度々登場したなかじーのFacebookでのひとこと。
実際はローマが言いたかったみたいです。笑
fsf.jpg

2位 「ニューテクノロジー!」
パリでパーマを当てよう!という企画の際に美容師(エジプト人)の彼が幾度となく繰り返していた言葉です。
201510021932094e1.jpg

オシャレの街パリにて、エジプト人にパーマをあててもらう!?

1位 「ノープロブレム!」
アフリカ全土のみなさんが表彰対象となります!おめでとうございます!君たちのノープロブレムにどれだけ振り回されてきたことか!このやろう!いい加減にしたまえ!
エジプト南下!そしてスーダンへ!③など・・・





危険を感じた都市ランキング


3位 ヨハネスブルク(南アフリカ)
IMG_1703.jpg
一瞬だけよった南アフリカの都市、ヨハネスブルク。間違えて市民の乗る列車にのって空港を目指すことになりました。怖すぎでした。

2位 ダルエスサラーム(タンザニア)
IMG_1249.jpg
6時を境にどんどん店が閉まるダルエス。いつどこから危ない人が出てくるかわからない恐怖心がありました。

1位 アディスアベバ(エチオピア)
IMG_9506.jpg
凶悪都市としてはあまり数えられないですが、ダントツの1位でしょう。まず暗すぎる。し、ホテルのある位置が売春宿やクラブで賑わっているところ。警察にふいに腕を掴まれたり、みんな盗難にあってるし、とにかく怖かったです。





一切危険を感じなかった都市ランキング


3位 レイキャビク(アイスランド)
IMG_1728.jpg
さすが世界で治安が日本などをおさえて堂々の1位だけあります。危険なかおりが一切しません。深夜にオーロラを見るのもまったく心配いりませんでした。

2位 プナカ(ブータン)
IMG_9075.jpg
日本の田舎に近いものを感じます。聞こえるのは虫の音だけ。とにかく静かで沈没したくなるような村でした。

1位 キーカーカー(ベリーズ)
12時前、水を買いに行こうとしたらどこの店もやっていませんでした。夜に騒ぐ輩も一切見当たらず。小さい島なので島を少し歩くだけで知り合いがたくさんできます。年明けにブログで紹介します。なので写真なし!お楽しみに!




かわいかった街ランキング


第3位 タリン(エストニア)
IMG_3240.jpg
見ての通り、まるで絵葉書のようなこの景観。めっちゃめちゃよかった!!

第2位 ディンケンスビュール(ドイツ)

IMG_4559.jpg
ドイツのロマンチック街道にある街。もうとにかく建物、そして道、店、すべてがかわいかったです、ぜひ行ってみてくださいー!ほんとに!

第1位 リガ(リトビア)
IMG_3383.jpg
イメージしにくいかもしれませんがリガが1位です!ヨーロッパ・ロシアの多様な影響を受けつつ、完成されていった街で、本当にみごたえたっぷり。かわいさ満点!いつかもっと時間をたっぷり使っていきたいです!


といったところで今日のランキングブログは終了!
これ以外にまとめるの大変でした・・・
2015年濃かったなぁ。明日は絶景についてまとめます!日本時間でいうと最後の2015年かな〜
どうかよろしくお願いします!

今年も残り少なくなってきました。今までのブログランキングの最高順位は26位でした。
おそらくそこまで行くことはできないかとは思いますが、できる限り上の順位で2015年を締めくくりたいです!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!

今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

【車窓からペンを子どもに配る?】ツーリストとしてのあり方とは。



IMG_5871.jpg


サファリを終えて、アフリカ有数の凶悪都市ダルエスサラームを抜け、次に目指すのはザンビア。

今回はアフリカ唯一の電車移動、タンザン鉄道で2泊3日の移動になります。

こっからここです!
1121


今回は日本人のメンバーが多く、タンザニアで出会ったさとし、以前エチオピアで会ったけんじさん、駅で会ったまーてぃと、高校生のゆうとくん。

外国人の中でやはり日本人率は必然的に高くなります。

なぜかというと、結局アフリカに来る欧米人は短い休みで来れるんです、夜出て朝着く便とかありますしね。
そうすると縦断する理由もないわけです。
すると、こういった大移動は長期で旅に出る人が多くなるんです、すると日本人が必然的に多くなります。
アフリカは少し怖いイメージも持っていましたが、ある程度限られたルートを皆行くので集団で動くことができるので安心できるのです。

・・・という少し関係ない話になりましたが2泊3日、始まるまでは途方もなく感じましたが終わってみればあっという間でした。



さて、今日はその電車で、疑問に思ったことを議題に話を進めたいと思います。


まず最初にこの1枚の写真をみてください。

IMG_1687.jpg

これは何をしているところか分かりますか?

これは電車が止まったときに、電車に群がる子どもたちの写真です。
しかし僕たち日本人のほうには集まってきません。

理由はひとつ、ある観光客が「新品のペン」を配っているのです。

僕も!私も!
と群がる子どもたち。

この光景は一度きりではありませんでした。



どうでしょうか、なにか感じることはありますか?
僕はこれを見たとき、微妙に違和感を感じずにはいられませんでした。

この感情は今年5月、http://watarusekai.blog.fc2.com/blog-entry-45.htmlで書いたときのものに似ていました。

「子どもたちも喜んでいるので、いいのではないか」

そう考えればそれで終わる話かもしれませんが、ツーリストとしてこれは真剣に考えなければならない問題だと思いました。



まず僕が疑問に思うこと。

「あなたはこの子どもたちの何を知っているのか?」



これだけのペンを持っているわけなので、きっと配る用に用意してきたんだと思います。それを用意するときに考えたことは一体なんなんだろうか。

「アフリカの子どもはペンをもらうと喜ぶらしい。」

そんなことを聞いて、それを考えて、用意したんじゃないかと思います。
確かに実状はその通りで、ボールペンなど勉強道具は不足しているところはかなり多いです。

しかし、それは今回の状況に簡単にあてはめていいのだろうか、と疑問に思いました。
列車がたまたま止まった小さな村。ここがどこかも分からない土地で、その固定概念を持ってペンを配るのはどうなのだろうかと。
何を知って、何を思って、それをするのかで意味合いがかなり違ってくると思います。

また配る立場ではなく、受け取る立場のことも考えなくてはいけないと思いました。
まず物を手にいれるということ、これは社会主義でない限りやはりお金を介すことでしか基本的にはできないと思います。
まして、小さな村で新品のペンなど、お金があっても買うことができないかもしれません。
そんなところで、タダで出会って数秒の人がぽいっと手に入るはずのないものを配ってくれるなんて。
それはそのときは嬉しいかもしれません。
でも長い目でみたら、それってどうなんだろうと思いました。


事実、そのペンを用意した人もそのペンを買っているわけです。そうしてその子の手元に届くのに、子どもはそこまで理解できない場合もあります。それが「外国人はお金持ちだ、ねだったら何かくれるかもしれない」という気持ちを作ってしまうかもしれません。

実際に止まった駅ではよくお金を要求されたり、ものを要求されたりしました。
電車のみならず、アフリカでは「外国人はお金を持っているもの」としてみられ、法外な値段をふっかけられることはもはや日常的にありました。


IMG_6056.jpg


では、こういった場面でのツーリストとしての正しい行動とはなんでしょうか。

僕はこの旅で常に考えてきましたが、明確な答えは得られていません。



しかし、ひとつ提案するのであればそれは「相手をリスペクトする」ということです。



今回のペンを配るということ、実は全てに大反対ということではありません
勉強したい人が勉強できない、そんな場面をみたら僕もなんとか手をかせないかと考えると思います。

しかし、今回のそれにはその過程が全く見当たらないわけです。
あげたい気持ちと、欲しい気持ちがただ一致しているだけだと思います。

それではそういった問題の根本的な解決にもなっていないし、第一あげる側もあげることに満足するだけで終わってしまうと思います。



「相手をリスペクトする」ということ。



もし「ペンをあげたい」と考えるのなら、ただあげるのではなく相手のことをしっかりと理解してあげないといけないと思います。

学校に行ってみる、子どもたちに勉強について聞いて見る、あるいは親に聞いて見る。

「この子たちの力に本当になりたい!」そう思ってから行動に移しても遅くはないと思います。

今回のように初めから「アフリカの子どもたち」とくくって「不足している(であろう)ペンをあげよう」と考えることは相手のことを初めから決め付けているように僕は感じるのです。



僕がなにかできるとすれば、今回のように欲しがる子どもに直接あげることではなく、教師になって日本は勉強道具があふれていて本当に幸せなんだということを教えることなのかなと思います。



ただこれについては本当に意見がたくさんあると思います。

僕がいくら日本の子どもに教えたって、アフリカの実情が変わるわけではないからです。
だからといって、ペンをむやみに配るだけでも変わるわけではありません。


僕は勉強したい!と思う子どもに勉強できる環境が整う世界であってほしいなと思います。
まずはその環境に感謝すること。そこから何か力になれることを少しでもできればいいなと思いました。

これは食べ物にもいえることです。この旅中には答えが出そうにもないですが、いろんな人と会話したり、そういう場面で立ち止まって考えることで、自分の答えを見つけられるように、またいろいろ人が意見を持ってくれるように働きかけていければいいなと思いました。

2015年の旅の記事は今日でおしまいです!
IMG_6010.jpg
文字ばっかりでしたが、最後まで読んでくださってありがとうございました!
明日以降はまとめ記事にしたいと思います、お楽しみに!

今年も残り少なくなってきました。今までのブログランキングの最高順位は26位でした。
おそらくそこまで行くことはできないかとは思いますが、できる限り上の順位で2015年を締めくくりたいです!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

タンザニアサファリ「"最後の楽園” ンゴロンゴロ」【最終夜】


月曜からスペイン語の勉強を始めるのでひとりで予習してるんですが、中々難しいです・・・
でも周りの人は簡単な意思疎通なら出来ている人が多いんです。いいなぁ。
いつも「いいなぁ」と思って終わっていたので、今回は少しばかり自分を追い込みたいと思います。


・・・といいつつ、パソコンすぐいじっちゃうんですけど。笑


グアテマラのシェラではブログランキング1位のけんぞーさん・いくえさん(http://futarifurari.blog.fc2.com)がいて、うわーっ!て感じです。ブログかなり見てたので、ああ本人だ!みたいなね笑
実はトップページも内緒で若干パクったりしてたんで(最悪です)本人に直接「パクリました!」と堂々宣言できてよかったです!(いいのかな?笑)
そんな人気ブロガーには絶対なれないけれど、僕も手を抜かずに最後まで頑張りたいなと思いました。



という余談でしたが、今日はサファリの最終日「ンゴロンゴロ保全地域」です。
小学生の頃にこの名前を知っていたら、シリトリでドヤ顔できましたね。(でも「はい負けー!」→「・・・いやでもンゴロンゴロほぜんちくとかあるし。それいえないきみのまけだし。」とか言ったらまじで嫌われそう)

初回で紹介しましたが、ここは上から見るとこんな感じになっています。
IMG_5062 copy copy

「上から見ると」という言葉がなんだかしっくり来ない人もいるかと思うんですが、この保全地区は少し特殊なんです。
実はここ、数百年前にできた火山のクレーターなんです。
面積は「8,288k㎡」、東京ドーム171,104個分の広さです。もはや逆に分かりづらい!
そうですね、僕が調べたところ広島県が「8,477k㎡」だったのでそれくらいだと思ってもらえればいいと思います。(でかい!)


ここで生まれた動物はここで生き、そして死んでいきます。セレンゲッティ国立公園などはキャンプサイトなどがあるわけですが、ここにはありません。人間は基本的に住めません。
そういった意味で、ここンゴロンゴロは地球に残った動物たちの「最後の楽園」でもあるのです。(コメントがいちいちドキュメンタリー調)


このンゴロンゴロ保全地域を知ったきっかけは、これです。
伝説の北海道ローカル番組「水曜どうでしょう」です。
Unknown.jpeg

「はじめてのアフリカ」として発表された最新作は賛否両論だったわけですが、少なくとも僕はここにめっちゃ来たくなりました。
images.jpeg

というわけで本日最終日。ゲームドライブスタートです!

早速ですが、この日は霧が出まくっていました。(望遠レンズで接写したのでブレブレ近すぎで見づらいですが)
僕としては、動物はもとより広大な景色も楽しみにしていたので、んー大丈夫かこれ、という感じ。
IMG_5630.jpg
IMG_5629.jpg

でもドライバーは「クレーターの下にいけば、天気はよくなる。ノープロブレム!」とお決まりのアフリカン・ノープロブレムでニコニコしていました。


「本当か?」と半信半疑でしたが・・・今回はその言葉通り、どんどんと天気がよくなるんです!
朝から神秘的な景色。龍とかなにかが降臨しそうな勢いです。
IMG_5634.jpg


まず初めに現れたのはダチョウ。英語名、オーストリッチ。
IMG_5644.jpg


ダチョウっていうとなんかダチ◯ウ倶楽部のせいか、アホっぽい感じに聞こえてしまいますが、英語名はかっこいい。
ダチョウって60歳くらいまで生きるそうなんです。時速70キロ。早すぎ!
IMG_5650.jpg


そしておもしろいのがその産卵に関する話。
ダチョウはまずAという本妻がいるとしましょう。まずそこで卵を産みます。するとオスのダチョウはすぐにBというメスダチョウと一発かましにいきます。・・・簡単にいうところの不倫ですね。笑 というかダチョウ世界(→ダチョウ世界笑)では一夫多妻制らしく1人のオスに複数のメスがついてグループになるらしいのです。
その中でも本妻とそうでない妻がいるわけです(メラメラ闘志燃やしてんのかな、サブのほうは)

で、おかしいのがそのBのダチョウは本妻Aのところで卵を産むらしいのです。なんと。自分で温めるわけではないのかと。本妻の卵の周りにそのサブの妻が卵を産む、そうすることで卵が狙われても周りの「自分の卵じゃない卵」が先にやられる、こうして本当の我が子を守っているという情報が!真相はダチョウに詳しい学者さんに聞かないとわかりませんが。笑
ソースはNHKなのでかなり信用できるでしょう!(ダーウィンが来た!生きもの新伝説「ダチョウの母さんの秘密計画」

ダチョウについてめちゃめちゃ語ってしまいました。次へ行きましょう!


次はハイエナです。
IMG_5651.jpg

ハイエナというと僕はもう、ライオンキングのせいで悪い顔しか思い浮かびません。笑
Cwg3QCpUCoVV99M_BVqGN_28.jpeg

・・・が!これまたNHKさん、とっても面白い話を書いてくれてるわけです。
ハイエナというと、こんな感じで、ライオンが狩りしたやつの残り物を食べている印象が強いですよね。でも実際は6割は自分たちでハンティングしているらしいんです!しかも成功率はライオンよりも上だととか!そんなこと全然知らなかったですよね。僕もこの記事書いているときにはじめて知りました。
ダーウィンが来た!生き物新伝説「"悪役"ハイエナ 意外な素顔」


続いてガゼルです。(多分笑)
IMG_5660.jpg

親ガゼルに子ガゼルがいるのがわかります。これ、ドライバーに聞くと、この日または数日前に生まれたばかりの赤ちゃんだそうです。確かに、めちゃめちゃ歩き方がぎこちなくて、それに寄り添うように親ガゼルが横を歩いている様子が見られました。どうか、食べられませんように・・・!
IMG_5665.jpg


さて次はバッファローの群れです。
IMG_5679.jpg

「ビッグ5」とも呼ばれるサファリ屈指の動物5選の中で、1番みやすいのはこのバッファローなんじゃないかと思っています・・・だってこんな群れになってるしね。
こんなデカい図体で、草食動物ってのもなんかかわいいよね。見た目とは違う愛らしさがあります。
IMG_5680.jpg


そのあとはシマウマの群れが現れました。
IMG_5724.jpg

シマウマもどこにでもいますが、ここンゴロンゴロのシマウマは、車が通っても「おや?」と様子を伺うだけでした。セレンゲッティなどでは、車が近づくとバタバタバタ・・・と急いで逃げてしまうんですが。

シマウマと景色がマッチしていていい感じ!
IMG_5727.jpg

・・・するとシマウマの近くにライオンがいるではないですか!
IMG_5711.jpg

本当に点でしか見えませんが、僕たちが期待するのはそうです、ハンティング

ライオンはのっそりのっそりシマウマに近づいていきます。
シマウマは鳴き声をあげながら、ごそーっと移動していきます。


さぁて!ここでクイズです!


シマウマの鳴き声は次のうち一体どれでしょう!


a. ニャー
b. ワンワン
c. ヒヒーン
d. ガウガウ



正解は・・・



の前に僕が皆さんの答え予想していいですか?
きっと僕は「d」が1番多いんじゃないかなと思っています。
理由は消去法で。
ついで「c」かな。ウマでありきたりだし、これが答えだとおもしろくないけど1番それっぽい、と。
あとはふざけて「a」とか「b」とかいう人がいるかもしれませんね。笑


正解は・・・


実は「b」ワンワンなんです!
実際に短い動画ですが鳴き声、おさめました。



どうですか?犬っぽくないですか?これは「ワンワン」ですよね!?笑

という鳴き声を出しながら、「危険が迫っているぞ!」と周りのみんなに伝えるシマウマたち。緊迫した雰囲気が漂います。
ただ、結果的にはライオンはおいまわすしかしませんでした。時間も10時頃で、ハンティングの時間ははずれてしまったようです。それでもこの緊迫した空気を味わえたのはとても面白かったです。動物園じゃ絶対に見られないしね。シマウマの鳴くところも。
というかシマウマも足速いぞ、最高時速60キロだって。ライオンも同じくらいらしいから、決してハンティングって簡単じゃないんですね。狩りとかシマウマからしたら「逃走中」みたいな無理ゲーかと思ってた。シマウマ頑張れ!

そしてこの日のメインは、ビッグ5の最難関「サイ」です。
サイは中々道路のほうには出てきてくれないので、見ることが難しいようです。日中も1匹でゴロンと横になっていることが多いようで見つかりません。
そんなサイが見られたらいいなぁなんて思っていると・・・

「ライノ(サイ)!」とドライバーがちょっと興奮気味に教えてくれました。

どこどこ!?どこにサイいるの!?

・・・遠すぎるよ。笑
IMG_5731.jpg

でも確かにドライバーは裸眼でサイだと確認したようです。おそるべしアフリカの人々!視力が良すぎる!
これですね。
IMG_5731 2

もう土の山と言われればそれとしか思えないですが、サイなんでしょうね。サイでしょうこれは。いや、サイに違いないし、サイにしか見えない。サイだ!

その後はヒッポプールと呼ばれるカバの池。
IMG_5752.jpg
IMG_5758.jpg

ンゴロンゴロ内にある森などをまわりながら(親子のゾウもいたよ)
IMG_5791.jpg
IMG_5808.jpg

絶景を眺めつつ、全日程を終えました。
IMG_5766.jpg
IMG_5810.jpg

ブログでは載せませんでしたが、今回のサファリでは前回のケニアで見逃したヒョウ、そしてこのサイを見ることができ、サバンナのビッグ5「ライオン・バッファロー・ゾウ・ヒョウ・サイ」の5つ全てを見ることができました。やった!

「もうこれでサファリは当分いいかな」という大学生にしては贅沢すぎる感想も出てきましたが、ケニアでもタンザニアでも行けてとても満足しています!
「どっちのほうが良かった?」とか「いくらだった?」という質問も出会う方やネット上でもよくいただけたので、後でこの2つを徹底比較してサファリの情報記事にしたいと思っています。


今年も残り少なくなってきました。今までのブログランキングの最高順位は26位でした。
おそらくそこまで行くことはできないかとは思いますが、できる限り上の順位で2015年を締めくくりたいです!
下のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

0

タンザニアサファリ「ライオンの S◯X 」【第3夜】



さぁて。


これです。

IMG_5444.jpg


今日はこれしかお伝えする気がありません。


もう今日の写真、ライオンだけですから。笑




昼頃になり、車を進めると車が集まっているところに出ました。


「何がみれるんだー!?」


と期待していくと、そうです。


ライオンがそこにはいました。

IMG_5423.jpg


仲睦まじいなぁ・・・


いやオス同士かい。笑

IMG_5434.jpg


でも奥に走ってるヌーも絵になりますね。

ちなみにライオンや肉食動物はこの暑い昼間には狩りは行わないそうです。

残念ながらハンティングは期待できないとのことでした・・・



が期待もしてなかったものが突然始まりました。


僕らがみていたライオン2匹とは別のところから、ちょっと年配層な夫婦ライオンがやってきました。

IMG_5441.jpg


お、かっこいいな!と写真を撮ろうとすると・・・


ん??


IMG_5444.jpg


これ

あれですよね??



公然と初めてしまいました。笑


甘噛みしたり、

IMG_5445.jpg


吠えたりしながらですね

IMG_5447.jpg


ライオンの S◯X はものの10秒くらいで終わりました。(早すぎ)

IMG_5449.jpg

終わったあと、メスは横にバタンッと死んだように倒れます。


そのあとの円満感がはんぱない。

IMG_5450.jpg


いやーすごいもんが観れた!

とびっくりしていると


またはじめてしまいました。笑

IMG_5451.jpg

角度がさっきよりリアルすぎるんですが・・・笑



さきほどのように10秒くらいで終わり、バタンと横になりました。

IMG_5454.jpg


狩りをするし、いつも精悍な顔つきをしているメスライオンですが、このときばかりはすごく甘えているように感じましたね(ガチ解説)


いやー仲がすごくいいみたい。

IMG_5461.jpg


こんだけ見られてもやっちゃうくらいだからね、


「どうや!!」みたいな感じで思ってるんだろうか。笑


すると最初に見ていたオスライオン2匹も動き出す。

IMG_5463.jpg


いや、ちょっとまてよ。やめてくれよ。それは。

IMG_5464.jpg


違うぞ!違うぞ!!!



・・・よかった、場所変えただけだった。

IMG_5466.jpg


と思っていると


あいつら再び行動開始!

IMG_5488.jpg



もちろん・・・



こうです。

IMG_5472.jpg


2度あることは、3度ありましたね。


3回とか未知の領域ですよね。



3度あることは・・・



4度あるんですよね。笑

IMG_5491.jpg


すごいよ、すごいよライオン。いろんな意味で!かっこいい!

IMG_5479.jpg
IMG_5481.jpg
IMG_5497.jpg


立派なライオンが生まれるといいですね!

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

タンザニアサファリ「愛くるしい動物たち!」【第2夜】



さぁ今日は愛くるしい動物たちを公開!

IMG_5377.jpg

今日も写真中心でいきたいと思います!!


早速ですが、昨日公園内で宿泊といったんですが、どこに泊まるかは言ってなかったですよね。


そうです、テントです。

IMG_5263.jpg


周りに柵とかはないです。

つまり、
動物たちが普通に遊びに来ます。笑



夜はハイエナらしき動物がやってきて吠えまくりでした。


夜中に目をさますと、近くでむしゃむしゃ草を食べている音もします。おそらくバッファローでしょう。


・・・そんなん、熟睡できるか。笑


数時間に一回は目をさますような夜でした。


朝も朝焼けを眺めていると・・・

IMG_5264.jpg


ん?ごそごそ何か音が・・・


ゾウじゃん!

IMG_5265.jpg


歯ブラシ片手にぼけーっとしてる自分に勝てるわけがない。笑


アフリカのゾウは凶暴だし、やめてくれー




そんなこんなでサファリスタート


最初にあったのは、シカみたいなやつ、インパラ?

IMG_5276.jpg


次はキリンさん。

IMG_5282.jpg
IMG_5307.jpg


次はバッファローと、どんどん動物たちが出てきます。いい調子!

IMG_5314.jpg


サファリは大物だけじゃないです、

モンキー!

IMG_5320.jpg


めっちゃかわいいんだ、こいつらが。

IMG_5341.jpg


親子とかね。

IMG_5326.jpg
IMG_5324.jpg


食べられないようにね〜(*_*)


車はどんどん行きます。


バッファロー

IMG_5391.jpg

おなじみのヌーの大群

IMG_5406.jpg
IMG_5409.jpg

さぁそして、いよいよ大物登場です。


ライオン!

IMG_5355.jpg
IMG_5346.jpg

他に車がおらず、僕らの車が独占状態!

IMG_5377.jpg

近すぎぃぃ!!

IMG_5375.jpg


でもなんかこのライオンの首元、なんで首輪ついてるんだろう。

IMG_5361.jpg


これなんか
GPSになってるらしい。

・・・これどうよ。

これやっちゃったらサファリの意味ないでしょ・・・。


少なくともうちの車は偶然この群れを見つけたからいいけどさ。


自然の状態をできるだけ守りたいですね。


といいつつ、車でずかずか入ってくのもなんだか申し訳なくなりましたが。


・・・高いお金を出しているので帰るとはいいませんよ。笑



そしてこのあと、まさかの瞬間に出会うのだった・・・

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

タンザニアサファリ「動物めっちゃいるよ〜」【第1夜】


メリクリ!ことよろ!以上!



・・・はい、今日はタンザニアのサファリについて書きたいと思いま〜す。


今日は日本時間で夜に投稿しても見てくれる人がいないと思うし、夜のことで頭がいっぱいで長ったらしい文章なんて読んでられるか!って人が多いと思うので、写真攻めでいきます。


さぁ、人生3度目のサファリへ!(贅沢)

IMG_5046.jpg


今回は一緒に行く日本人はおらず、オランダ人カップルとスイス人の女性の方と一緒に行くことになりました〜


道中とか興味ないと思うのですっ飛ばしまして、道でドライバーがヘンテコなものを買ってくれました。


赤バナナ

IMG_5047.jpg


でも中は普通。味も別にそこまで変わらなかった!普通においしかった!

IMG_5048.jpg


さぁそして車はンゴロンゴロゲートへ。

IMG_5056.jpg


タンザニアのサファリはこのンゴロンゴロゲートを通り、その奥のセレンゲッティ国立公園へいきます。


ンゴロンゴロも保全地区としてサファリで非常に有名な場所なので、ここは帰りによるようです。本日は上からの見学のみ!

IMG_5057.jpg
IMG_5062.jpg
IMG_5065.jpg


今日はセレンゲッティぐわーっと移動して国立公園内で泊まるいわば移動日です。


セレンゲッティゲートを通る前に最初の動物に会いました。


キリンです!

IMG_5098.jpg


かわいい。キリンさん。

IMG_5104.jpg
IMG_5111.jpg


ゲートを通ります。

IMG_5114.jpg


続いて・・・


いつものシマウマさんです!

IMG_5126.jpg

シマウマさんのこの写真、僕のパソコンのトップ画にしてます。

IMG_5173.jpg

シマウマさんとヌーさんはめっちゃいます。

IMG_5216.jpg


めっちゃのレベルをなめちゃいけません。

IMG_5181.jpg

もうアリに見えてくるくらいいますから。

IMG_5206.jpg


そして、ほぼ移動日のこの日、運がいいことにレアキャラに会うことができました。


ライオンさん!

IMG_5147.jpg


ライオンはまじでなまけものなんで、こんな大きく口をあけてあくびしたり。


ずっと寝てます・・・本当に百獣の王??笑

IMG_5154.jpg


はい、というわけで初日は終了。

次の日、僕らはとってもレアなものを見ました。もうそれはとんでもなくレアなものです。笑

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

アフリカ・ザンジバル島のヌングイビーチがきれいすぎる。


そろそろザンジバル島の話題もここらへんで終わりにしたいので、今日は最後にヌングイのお話を!


ヌングイとはザンジバル島の北に位置する屈指のビーチリゾートです!


正直、ビーチリゾートはアホほど行ってるので、僕はストーンタウンという町から2時間もかけて移動するのが億劫で「行きたくないよ〜」とかいってました。ストーンタウンはロスバゲのせいで7泊もしてるのにね、沈没大好き。


でも結果的にここはいってよかったです。


この日は10月31日。ハロウィーン。


そしてフルムーンパーティもあるらしい!すごいね!


・・・行かなかったよ!笑



ズンチャンズンチャンうるさいのも、お酒も、苦手だから。僕はコーラ飲みながら、ブログ打ちながら、ぼけーっとしてる夜が大好きなんです。


でもとりあえず、まず夕陽は見に行った!


夕陽っていうか夕焼けがとんでもなくきれいになっている。

IMG_4967.jpg


この時間から現地の人たちは真剣にビーチサッカーを始めます。(きっと流行りの賭博してんでしょうね笑)


一緒にいたたかおさんも参戦してました。(でも全然活躍できてなかった、この人たち本気すぎる笑)

IMG_4997.jpg


そして今回泊まったのは、「MAMA FATUMA VILLAGE」
https://mamafatumazanzibar.wordpress.com


IMG_5041.jpg


日本人はよく「マゴロゴロ」というところに行くそうなんですが、僕らは口コミでここがいいと聞いたので。


結果、めっちゃよかった!


とりあえずWiFiがサクサクなのは嬉しい。


そして、ここのオーナー「コウベさん」がとってもいい人。陽気。

IMG_5022.jpg

毎年、半年はオーストリアで働き、シーズンがやってくるとこうやって経営している宿の様子をみにくるそうです。

IMG_5023.jpg

ここは人数が集まればたま〜に「BBQ」が開催されます。


写真がうまく撮れなかったのですが、今回はひとり500円程度×9人くらいで、このマグロ1匹をシェアして、他にもご飯や副菜、あとイカ焼きなどもついてきました。

IMG_5010.jpg


かなり満足です!!調理はもちろんコウベさんたちがしてくれます。


ここはテント泊もできます、屋根もあって、電源も真横にある最強のキャンプサイトです。笑(左奥のが僕の相棒)

IMG_5024.jpg


しかも値段も700円くらい(ちょっと交渉して)とこの辺ではかなり手頃。


トイレとシャワーも空いている部屋のものを使わせてもらえたのでかなり清潔でした。


居心地もいいですしね。


そんな僕らの行動範囲は狭くなるばかりです。


次の日は近くの焼き鳥やさんで昼ごはん。

IMG_5020.jpg

のどかでいい島だ。

IMG_5017.jpg


そのあとだらだら。


たくろうさんと「いやー海行くのとかもうめんどうだよね」とか言いつつ。

(※なにもかもめんどくさくなり、ぐーたらしてしまうことを僕らの中では「ザンジバル病」と呼びます。)


でもせっかくビーチリゾートにきたんだから。


と重い腰をあげてビーチへ行くことに(そんな離れてるわけじゃないのにね、歩いて5分笑)

IMG_5026.jpg


昨日は夕陽でよくわからなかったビーチは・・・


めっちゃきれいじゃん。

IMG_5028.jpg


もっと早くこればよかった。

IMG_5029.jpg
IMG_5030.jpg


もう日が沈んできた。

IMG_5034.jpg
IMG_5035.jpg


あーーー

憎し!ザンジバル病!!(責任転嫁)


IMG_5040.jpg


また来たい、ザンジバル島。荷物が届かなかったり大変でしたが、充実の10日間でした。

さぁ次は、タンザニアのサファリです!

タンザニアは本当に魅力たっぷり!

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

【動画あり】「イルカはいるか?」アフリカの島ではイルカと泳げる!!


今日の記事、結構たくさんの人に見て欲しいなと思って書いてます。笑


見てくださった方!・・・なんていうんだろ、ほんとにありがとうございます!!!


そう、そして題名通り今日は「イルカと泳ぐ」のです!!


止まっていたパジェのパラダイスビーチバンガローから4人でひとり30ドルずつ出して、早朝6時にタクシーに乗ってタンザニア・ザンジバル島の南部へ向かいます。


結構朝早くて辛かったんですが、野生のイルカを見れるなんてそんなにないことですからね。


現地について、まずシュノーケリングセットを借りて、船に乗り込みます。


もちろんイルカもそんな海岸に出没するようなことはないので沖合までこの船で向かうのです。

おおおおおお


「イルカはどのあたりにいるんだろー」


呑気なことを言いながらゆらゆら船に揺られて。


結構遠くまで行きます。

えええええええ


そして・・・


だんだん波が強くなってきます・・・


船とんじゃいます。笑

こんな感じ(はじめてGIFアニメーション使ってみたけど見れるかな?)

1450751584I_OmIe3VLENtv7T1450751479.gif


ジェットコースターとかほんと無理で、あのちんさむ感が大嫌いな僕としては、耐え難い時間。


なんとか大きな波を越えて、目的の地にやってきました。


さぁイルカはどこに。


船長さん、探しています。

あああああ


「ここにいる!」

あsdsdf

船長を指をさす。

いやいない。



あ!!!

ああああああ


いた!!!


いいいいいい


船長みてない!!!笑

ああああああ


でもイルカをこの目で確認した、さぁあとは飛び込むのみ!!


さぁ


船でイルカの前へ先回りして!


いざジャンプ!!!!



おおお!!!

イルカイルカ!!!

いいいいいいいい


イルカいますよ!!!

イルカ!!!イルカ!!!



いい大人が、水族館でガラスに張り付いている子どものごとくイルカ連呼しまくりです。笑


イルカは常に移動しています、船に戻るとすぐスタート、また先回りして飛びこめーーーー!!!


みたいな感じです、


はいどーーーん!!!



迫ってきてる!!!

うううううう


からの


イルカは息を吸って海底へ!!!

う


新たな発見でした、イルカって息をしたあと、もう海底のほうまでぐわーーーっと潜水していくんですね。


おもしろすぎる!!!


はい、このあとこれを何回も繰り返します。


船も揺れまくるのでもう結構気持ち悪いです。


体力的にもキツイです。


あと忘れちゃいけないのが午前8時です。笑


高校時代でも朝からこんなハードトレーニングしてない。笑


一緒だったたかおさんは2回もぐって酔ってノックアウトしていたくらいです。


でも僕は潜りますよ!!気持ち悪くなろうが!!



さぁ最後!!

果たしてイルカは近くにきてくれるのか!!




近い!!!

えええええ


この動画、GoProで撮ったんで、少し遠目に映るようになっています、実際はめっちゃ近くにいました!!!


いやー・・・


ほんとにすごかった!!!


ブログ史上、1番「!」を使った気がします(笑) それだけ楽しかったです!!


またこれはやりにきてもいいかな!

では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

0

ザンジバル島の世界遺産ストーン・タウン



アフリカ編、まだまだたくさん書くことがあるので、どんどん行きます!



今回はザンジバル島の世界遺産ストーン・タウンについてです。



ストーン・タウンはよくある街ごと世界遺産的なやつです。



そのストーン・タウンは荷物紛失のため5泊とその他で計7泊もした街ですので、ものすごく詳しいです。笑



…といってもすごく小さな街なんですぐ歩けてしまうから、荷物待ってるときの後半なんて宿から1歩も出ずなんて日もありました。笑



はいじゃあ、これでおしまい。



という簡単な解説で済む街ではありません。



ここはかつて、奴隷取引の地として栄えていたのです。



現在その奴隷市場があったとされる場所には教会が建てられています。



ぼったくり価格の入場料を払い中へ。



まず目を引くのはこのモニュメントです。

IMG_4816.jpg


こんな風に人間を扱うなんてことは現実的に考えられないですが、実際にこういう光景がこのあたりではある種当たり前だったのだと思います。


教会の中へも入れたんですが、熱心な信者の方がいたり、ちょこちょこ動きまわるのは失礼だと感じたのですぐ退散。

IMG_4818.jpg


そのあと隣の建物を除くことにしました。



ここは実際に奴隷取引が行われていた場所のようです。

IMG_4819.jpg


ガイドはいなかったのではっきりしたことはわからなかったのですが、この建物の中に入り地下へ行くと、昼間なのんも関わらず、ライトなしではまったく見えない、暗闇の世界が広がっていました。



ここで奴隷が待機させられていたのだというようなことを遠くでいってるガイドの人がいました。



目の前のものもろくに見えない上に、人生の希望も何もかも奪われてしまった人々。



全てが真っ暗にうつっていたことでしょう、とても心が痛みました。



たかが肌の色で、こんなにも人生が大きく左右されてしまう時代。



人間って恐ろしいなと思いました。



そんなことを考えていると、教師として間違ってはいけない、あることをとても意識するようになりました。



それは色の呼び方です。



最近、色鉛筆やクレヨンから「肌色」の文字が消えているのは知っていますか?



昔は問題なく使えていたこの「肌色」という言葉ですが、国際化の流れの中で「差別的」として見直しがなされたのです。



人によっては「差別的な意図はないのに…」「ひとつひとつ言い出すときりがない…」という意見もあるようです。



ただ、僕はやはり誤った言葉だと思います。



むしろアフリカにいるときはほとんど周りの人が黒人で、ぼけーっとしてると自分もそうなんじゃないかと思ってしまうことも実際にあるんです。



だから僕はいつしか、どうしてもあの色を「肌色」と呼べなくなっていました。



だって違うんだもん




ただそれだけです。



ただ代わりに使う言葉がちょっとめんどくさい。



パールオレンジだとか、うすだいだい色だとかいうそうです。



だからもう少し呼びやすい名前になればもっと円滑に解決するのにな…と思ったりしています。



ちょっと話はストーン・タウンから離れましたが、この地で僕が実際に感じたことでした。


では今日も最後に!
↓の画像をポチッとしてくれたら嬉しいです!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
今日も↑のオーロラの画像をクリックしていただくと、ブログランキングの順位が上がるとともに、僕のやる気も上がり、みなさんにもいいことが!?あるんではないかと思っております!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。