ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

2泊3日のアフリカ・タンザン鉄道はこんな感じ!【後編】



昨日書きました、アフリカ・タンザン鉄道の続きです!
(昨日の記事はコチラ→ 2泊3日のアフリカ・タンザン鉄道はこんな感じ!【前編】

丸1日たってまだ中間地点までたどり着いていない僕らの列車。
果たしていつザンビアに着くのでしょうか。

日が暮れる頃、夜になると写真も撮れなくなるので、この元気な2人(ゆうととマーティ)は写真を撮りまくっています。

IMG_6042.jpg

アフリカの夕焼け。必死で写真を撮りたくなります。

IMG_6034 copy

そんなマーティーが必死に写真を撮っているそのおしりをパシャり。

IMG_6037.jpg


というわけであっという間に2日目も終わりました。

日が暮れると楽しみといえば食べることくらい。停車したときにまた何か買おうと窓から覗いているとバナナを売っている人を見つけました。

もうすぐタンザニアからザンビアに変わるし、両替できない小銭は使い切ってしまおう!と1000シリング(約60円)でバナナを買うことにしました。

「いくら?」と聞いてみました、何本60円で買えるんだろう。

「1フサで500シリング(30円)。」

まさかの13本ついたバナナ一房で30円!結局小銭を使い切ることができませんでした(笑)


IMG_6062.jpg
ちょっと食べたっちゃあとだから少ないけど大きさも結構あって甘さも程良かったです。


そして夕食を食べ、各々の時間を楽しんで・・・


いよいよ出国というときに大勢の両替屋が列車内に入ってきました。
決まって「タンザニアのお金は今替えないと、ザンビアでは替えられない。」といっていました。

これからこの列車に乗る人へ。これは本当でした。
列車内のレートは正当なレートより半額くらいのとっても損をするものでしたが、ここで替えるしか手はないようです。
必要最低限のお金だけ(2万シリングくらいあれば余裕なはず!)を持って、あとはタンザニアにいる間にドルなりなんなりに替えてしまうことをオススメします。


そして!ついに!国境を渡りました!!

ザンビア

(分かりづらいですがそのときのGPS)

よ!ザンビア!

ざんびあ


結局日付をまたぐかまたがないかの時間に到着した中間地点。想像以上に時間がかかりました。

50ドル払ってビザゲット!

IMG_6089.jpg


この列車ではこの車両内で入国手続きを行うことができるんです!楽チン!

こうして2日目も終わりました・・・




翌日

再びこうごうしい眠りにつくマーティー。

IMG_6095.jpg


今日こそ終着点に着くのでしょうか。

ザンビアに入ったところで、ひとつ疑問がでました。

「この列車はどっちのお金も使えるのか?」

ということです。

なんかよくそういうのありますよね、フランス・イギリス間のフェリーならユーロ・ポンドどっちでもいいですよー!とか。



でも列車だからどうなのかな・・・と思いつつ、売店のおじさんに聞いてみることにしました。

「この列車はタンザニアのお金も、ザンビアのお金も使えるの?」



すると予想もしない返事がまさかの横から飛んできました。

「Here Is Zambia!!!!! You Never Use Tanzania money!!!!!!!!」
(ここはザンビアだ!!!!決してタンザニアのお金は使えない!!!!」

とにかく横のおっさんはブチ切れてました。



なんでそんなに怒るんだろう。
タンザニアとザンビアは仲が悪いのか。
なんらかのプライドがあるのか。



その人にはさすがに聞けませんでした。笑


が、ザンビアはザンビア、タンザニアはタンザニアと、その国の人がプライドを持っていることだけは伝わりました。





そんなこんなで、ちょっとびっくりしちゃいましたが、部屋に戻るとまたザンビアの文化に驚かされることになります。




5人のうち、運悪く違う部屋になってしまったさとしは、ザンビア人にあるものをもらって僕らの部屋にやってきました。


虫です。(食用)


ぎょえーーーー


僕は虫は本当に無理です(真顔)



読者への配慮でもありますが、僕が嫌いすぎるのでもう写真はのせません。笑


それでもマーティーは挑戦します・・・

IMG_6112.jpg
IMG_6114.jpg
IMG_6117.jpg
IMG_6116.jpg
IMG_6115.jpg


感想は・・・



いや見ればわかるか。笑



でもなんか鰹節の味がしたらしいです。
トゲトゲが痛くて悶絶したけど味はそんなに悪くないと。


高校生ゆうとも余裕の表情で食べています。

IMG_6119.jpg



同じく鰹節っぽい味がしたんだと。




でもね、僕は思うよ




じゃあ鰹節を食べるよ僕は、と。




ザンビアもあまり景色は変わりませんね。

IMG_6137.jpg
IMG_6135.jpg

マーティー各国でこんな国旗の絵を描いて、写真を撮っているそう。こういうのいいね。

IMG_6130.jpg


そしてこの日は各々寝るなり、読書するなりで時間をつぶしました。

IMG_6122.jpg


そして・・・


3回目の夕日がやってきてしまいました・・・

IMG_6146.jpg



あぁ、いつになったらつくんだろう・・・



すると終点ぽい感じになってきました!

IMG_6162.jpg

そして49時間かかって、ようやくニューカピリムポシにやってきました!!

12239574_771191553026209_1608681111357007209_n.jpg


夕方6時。この時間なら、首都のルサカまで行ける!

ということでこの右のミニバンでいっきに首都までむかうことに!(4時間)

IMG_3721.jpg


写真はありませんがぎゅーぎゅー詰めでめっちゃめちゃ辛かった・・・

そして到着したのは10時過ぎ。バスターミナルからタクシーで宿まで。これでようやく落ち着ける・・・

人数オーバーのため、マーティーがこんな体勢をするはめに笑

IMG_3723.jpg


そして11時過ぎに「Kalulu Backpackers」に到着しました。辺りのレストランなども一切やっておらず、みなコーラでお腹をふくらませ、寝ることにしました。

そんな2泊3日の鉄道旅。疲労はたまりましたが、普段と違った刺激もあったり、みんなと仲良くなれたり、いきなりザンビア人に怒られたり、いい思い出になりました!

ぜひ、タンザニア・ザンビア間の移動はこのタンザン鉄道を!

今日まで正月!
「明けましておめでとう!」
「今年もよろしく!」

という意味をこめての
↓↓↓↓↓↓のクリック待ってます!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
いつもブログランキングの応援本当にありがとうございます!
上のオーロラの画像をクリックしていただくと、ランキングの順位が上がる仕組みです!
今日もポチッとよろしくお願いします!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。