ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

マザーベイビースクール

インドを日付は17日の今日深夜に飛び立ちバンコクに戻ってきた。
インドについてたくさん話したいことはたーくさんあるけれど、まずはバラナシでお世話になった学校についての話からしたいと思う。

13日、マザーベイビースクールという日本のNPO法人が2008年に開校したという学校にお邪魔させてもらった。


その概要から説明したい。


インドには今でも根強くカーストが残っている。カーストとは昔からインドで続く身分制である。


公にはカーストは廃止されたとされているが(実際そうやって世界史で習った)、インド人と出会ったときカーストネームを自己紹介に入れてくるくらいだから全くなくなってはいない現状が分かる。


第一、身分が低いとされていた人が急に高い人と結婚など、身分制のもとに暮らしていた人たちの思考回路からは到底考えられないと思う。


だからカーストはこれからも続いていってしまうと自分は思っている。残酷なことに。


また、バラナシは聖なる地とされていて、ガンジス川・ガンガーに身を沈めると全ての罪は許されるとヒンドゥー教の中で考えられている。


死体もここで焼き払い、灰もここに流してしまう。それだけでなく、洗濯、風呂など生活の全ての源はここガンガーにある。


聖地だけあって、この街はかなり活気がある。


ただこの河を挟んでの対岸は全く人がいない。


それはその土地が不浄の地とされているからだ。そこに住んでいる人はカーストの下層の人々。あるインド人は「向こうのやつらはダメだ。」なんて話さえ軽々とする。


そこには学校に通えなかったりする子どもたちもいる。授業料が無料の公立学校ですらだ。制服、勉強道具、そういうものを買う余裕がない。


その現状をどうにかしたいと考えていたインド人のマザーベイビーと日本人が手を組み、たくさんの支援とボランティアのおかげで5年前に開校したらしい。


この学校のことをFacebookのやりとりの中で教えてもらった自分はボランティアというか、見学にお邪魔させてもらうことにした。


感じたことを羅列していっても、ほんとにきりがなくなってしまうので3つの話に分けたいと思う。


①授業に向かう姿勢

子どもたちの授業への姿勢は本当に前向き。50分間の授業で、日本ではよくある無駄な質問を先生にしてみたりだとか、席をたってみたりする子どもはまずいない。

そもそも教室と先生の数も限られていて、同じ教室でも違うことをやっていたりする。

それでも1人ひとりが意識を高くもって、目の前の教材にむかっている姿をみて感心した。

image

勉強できる喜びをひしひしを感じている…とまでさすがにいえないかもしれないが、こうして机に向かえることは決して当たり前ではないと彼らは思ってるに違いない。

また、今回たまたま作家の方が同じように取材という形で学校に来ていて、取材を兼ねた家庭訪問に同行することができた。

そこではたくさん質問していたけど、どの子どもも「お父さんお母さんのことをどう思いますか?」という質問には決まって「学校に行かせてくれて…」という言葉が出てきた。

また両親への「子どもにどうなってほしいか?」という質問でも「たくさんもっともっと勉強して、いい仕事についてほしい。」とほとんどの両親が言っていた。

子どもからすれば、ある程度年齢を重ねれば、家の手伝いや仕事の手伝いをしたほうが家族は助かるだろうという考えがあるのだろう。

実際に、そういう理由から毎日学校に来れない子もいるみたいだけれど、それでも学ばせてくれることへの喜びはこういうところから出てきているんだなと感じた。

②勉強道具を大切にする
彼らは勉強道具すら買う余裕がない。そのため学校から支給を受けている。そしてその支給を受けたえんぴつや消しゴムは、よくそこまで使うなー!というくらいまで使い込む。

話を聞くとスタッフの人も、まだ使える!とギリギリまで新しいものに交換はしないようだが、自分の目で見た限りだと交換してもらえないから最後の最後まで使うというよりは、まだ使えると自分自身で思って使っているんだろうなと感じた。
image

これは休み時間に撮らせてもらった写真。えんぴつはここまで短くつかえる。
image


日本の子どもはどうだろう、と思い返せば、溢れかえるようなペンケースから様々な筆記用具が出てくる。そのことに、幸せは感じたことがあるだろうか。

自分はどうしてもこの現状は伝えたい。

③お昼ごはん

お昼ごはんにもちろん給食などはない。各自家から持参になっている。

自分は兄弟3人で通っている子どものお昼ごはんをみせてもらった。
image

image

これがそのごはんだがインド風の薄いパンのチャパティとカレー、どうみても3人分あるとは思えなかった。自分なら半分も満たされないだろうなと。

その他にもビスケットだけの子どもや言い方は悪いかもしれないけれど量に乏しい食事をとっている子がいた。

聞く話によると、ごはんを食べずに帰ってから食べるという子もいるようだ。

そこでまた日本の学校を思い出してみる。

4時間目には決まった時間に給食をのせたワゴンが教室の横に到着する。授業中にいい匂いがただよってくる。

それから当たり前のように配膳をしてみんなで食べる。

そして当たり前のように時間になれば残す。

つまり、”捨てる”ということだ。

正直ここは今自分が1番軸にしたいところかもしれない。喋っていて食べられませんでした、量が多くて食べられませんでした、そういう理由を簡単に言えてしまうことに愕然とする。

子どもによっては、まずいから食べないという子どもも見てきた。フィールド生として何もできず腹立たしい気持ちにさえなった。

確かに食べさせると「うちの子に!」という親が出てくるのも現状だと理解している。

だからこそ、自分は今回の学校で見たことや、物乞いの人たちのこと、飴ひとつで飛び跳ねて喜んでくれる東南アジアの子どもたちのことを伝え、じゃあいまある給食をどうするかというところを子ども自身に考えてもらいたいと思う。



話が飛躍してしまったところもあるけれど、今回は日本にいてまず知り得ないたくさんのことを目の当たりにできるとてもいい経験だった。



マザーベイビースクール。以前は2階をゲストハウスにして、その収入も運営費に当てていたようだが、学校施設の拡張に伴って今ではゲストハウスはしまっているよう。

新たな土地にゲストハウスを建てる予定もあったり、教室をまた改築しなければならなかったり、とにかくまだまだ支援は必要なようです。

学生の身分では中々支援は厳しいかもしれないけれど、就職してから支援していきたいという人もぜひこのサイトを見てほしいなと思いました。
https://otr.or.jp/project/india.php

長々としたまとまりのない文章、読んでくれてありがとう。詳しく話が聞きたい人や写真がもっとみたいという人は言ってください!
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://watarusekai.blog.fc2.com/tb.php/24-494ffdfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。