ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

Cross×Roadでフィリピン留学!


現在オーストラリアに滞在中です。が、今日は先日までのフィリピン留学について今日は振り返ってみようと思います。


僕が今回お世話になったのは、Cross×Road (http://crossxroad.com) という旅人のための英会話スクールです。



名前を見たときにここにしようと決めました。笑

正直、フィリピン留学といっても学校の数がありすぎるし、エージェントに相談するのも面倒だし、もうここだな、といつもの直感で決めました。

正直、行こうとは決めたものの、かなりびびってました。

スピーキング力は皆無に等しいし、こんなんで授業が成り立つのかなと。

しかも結構人見知りで、みんながみんな同じように入学するならまだしも、何十人いる中に飛び込むのは不安だな…と。

何いってんだって感じですよね、これから旅するものが。笑

でも1ヶ月終えて、充実感とともに、ひとつ感じることがありました。

自分で勉強したいと思うのはいつぶりだ?

ということです。

旅に行く前から「英語勉強しなきゃ…」とは思っていました。

でも中々頑張る気にならないのです。

それは確実に受験英語に対する抵抗から来ているんでしょう。

以前にもかきましたが、僕は32点という低得点で赤点を記録し、部活の顧問にこっぴどくしかられました。

それ以来英語は大っ嫌いです。

…いや以来というか、赤点をとるくらいだから、始めから嫌いでした。笑

だって、覚えたって意味ないし、リスニングなんて何言ってるかわかんないし、熟語は多すぎるし、こんなん使うかよって文法ばっかだし。

結局、必要感が全くないわけです。

でも今回の留学を経て変わりました。

だってめっちゃ勉強したいんだもん!

時間が足りないと思うほどに!

この学校では授業はマンツーマンでした。

分からない単語があるごとにメモをしたり、言いたい言葉があると日本語でメモしてあとで調べたり、とにかく自分が思うように授業を進めさせてくれました。

毎日の授業を行う中で、「ああ、ああやって言いたかったなぁ。」とか「もっと話したいなぁ。」と強く思うようになりました。

その気持ちが、「勉強したい!」に結びついていったんだと思います。

結局授業って、導入。

昨年の5週間の教育実習で1番強く感じたところです。

子どもたちをいかに「なにそれ!知りたい!」とひきつけられるか…。

厳しい言い方かもしれないけど、日本の外国語教育にその「知りたい!話したい!」は少し欠けてしまっているかもしれません。

そのために、小学校から外国語が教科として導入される話がもうすぐそこに来ているのですが(自分の実習校では既に教科として扱っていました)。

責任重大ですね!でも今回、それを感じたからこそ、なにか役立つ外国語教育ができるんじゃないか!なんて思ってます。

…てちょっと話がそれてしまいましたが、そんな風に童心にかえったように英語に没頭できてよかったです。

またこの学校は環境もよく、普通の住宅地の家を数軒貸し切って学校にしています。

自分はドミトリーの部屋に滞在していたのですが、勉強机もあるし、広いし、過ごしやすかったです。

ご飯も朝昼夜と作ってくれるのだが、また美味しいこと!

フィリピン人のハウスキーパーさんが何人かいて滞在のお手伝いをしてくれます。

自分の場合は、料理が本来ない休日に一緒にご飯を食べさせてもらったり、夜の自由時間に英会話に付き合ってもらったり、一緒にみんなで映画を見たり、あげくの果てには無理をいってハウスキーパーとその娘と一緒に小学校にまで足を運んだり…

とにかくよくしてもらいました。

セブアノという英語と関係ない言語をつまんだりしていましたが(笑)

それはそれで楽しく過ごせたのでよかったです!

もっと朝から晩まで授業びっちり!英語しか使っちゃだめ!って学校のほうが力はついたかもしれませんが、英語嫌い(だった)自分にとってはそれはきつすぎたわけで。

いまならそれくらいでも、やってやるぞー!って気持ちになれたかもしれませんが。

日本人宿のゲストハウスのような家に滞在しながら英語を勉強できる、総合すれば非常にいい学校でした!

もちろんこれからも英語の勉強は続けます。



というか、オーストラリアにきて思った。


……人見知り克服する学校ってありませんかね?笑
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。