ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

ブータンで考える「幸せ」とは何か

さてブータンでは何がどう、「幸せ」なのか。

ブータンといえば、「幸せの国」というイメージを持つ人も多いだろう。

ただ、なんで?と聞かれても・・・という人も多いと思う。

ブータンは国民総幸福量(Gross National Happiness) という指標において非常に優れている国なのである。

というより、GDPを発展の基準としてとらえる先進国に対するアンチテーゼとして提唱したのが紛れもなくブータンなのだ。



その「国民総幸福量」とは・・・

例えば人それぞれ幸せだと感じる物事は違うと思う。

自分でいえば「旅をすること」「食事をとること」「野球を見ること」などなど・・・

みながそれぞれ持っている、幸福感。それを数値として示すのは明らかに難しい。

ただ、生活環境や社会環境などはどうだろう。

こちらはみなが幸福だと感じることができる、数値化することができるものであると思う。

ブータンでは、①健全な経済成長と開発 ②環境保全と持続的な利用 ③文化の保護と振興 ④良い統治 の4つの柱がその基本指針になると考えられている(ガイドブック参照)。



そんな意味で「幸せの国」ブータン。

先に結論から書いてしまうと、ブータンが幸せの国かといったら ”自分にとっては” Noだった。

自分にとって幸せな国は・・・

それはブログの最後に書くことにして・・・




ガイド役のKさんは国民総幸福量について、2日目の移動中に詳しく解説してくれた。

「例えば・・・」とKさんはいう。

「この美しい木々を切って、開発を進めるとしよう。それによって、お金を手にいれることができる人がいる。でも、それで本当に『幸せ』になれるか。わたしは、この先この自然を守って、子どもたちがそれを見て『幸せ』だと感じるほうがよいと思う。」


この話を聞いた時に、なるほどなと思ったと同時に、「幸せ」という言葉がいかに曖昧で幅広いかに気づいた。

多分、この人のいっている「幸せ」と自分の「幸せ」とは少しだけ違う。

自分にとって幸せとは「何かをすること」であると思う。

前述したように、「旅をすること」「食事をすること」「野球を見ること」。

それをしているときに「ああ、幸せだな」と思う。

さらに、常に実感がなくともそれができる環境が整っているときに「幸せ」という状態が続いていると思う。

旅をしている自分は「あー幸せ!」と四六時中思っているわけではない。

でも、いまこの時間は間違いなく「幸せ」なのだ。



でもKさんは、「幸せ」だと思う、心が豊かになるときの話をしているんだと思った。

現に、Kさんに「あなたは幸せですか?」と率直な疑問をぶつけたところ、

「Sometimes.(時々ね)」という答えが返ってきた。

「家族といるときは幸せだなと感じるけど、仕事で疲れているときはそうじゃない。」という。

おもしろい返しだなと思った。

日本人に聞けばたいてい「まぁ幸せかなー!」といろんなことを含めていまの自分がどうか考えるだろう。

そこには、お金を稼いでやりたいことをするという社会の仕組みも垣間見える。

アルバイトなんて、やらなくていいなら自分だってやりたくない。

でもそれをやることで、おいしいご飯が食べられるし、世界一周にだって出かけられる。

だから、もし連勤でへばっているときに「あなたは幸せですか?」と聞かれても、自分は「幸せです!」と答えていたと思う。



その感覚がブータンにはあまりないのかもしれない。

ホームステイさせてもらった農家は、常に笑顔で溢れていた。

いかにも「幸せ」という感じの家庭だった。

もちろん生きていくためには仕事をしなければならないのはブータンも同じなので、農家の仕事は朝から始まって、若者はきっちり働いているのだが、それは最低限でいい。

家族で暮らすという「幸せ」を第一に考えているように見えた。

そうした感覚が「幸せの国」を作り上げているのかと思った。




その一方で・・・

そうしたブータンも非常に深刻な問題を抱えている。

ブータンでは、学校教育は基本的に無償なので多くの若ものが専門的知識や、レベルの高い教養を身につけることができる。

ただ、そうした若者を受け入れる体制があまり整っていない、就職難だ。

実際に、タクツァン寺院に一緒に登ったKさんの妻の弟も自分たちの1つ上の学年ながら、就職先を探しているようだった。

Kさんはいう。

「これは世界中どこでも同じ問題を抱えているんだ。エンジニアやそういった職業ばかりがすばらしいと考えられて、農家になりたがる若者が少ない。」

確かに、まぁブータンだけの問題じゃないよなと思いつつも、なにか腑に落ちない感じがした。

またKさんはいう。

「お金を稼ぐことばっかりではいけない、お金は人々を狂わせるんだ。」

この二つの話をしたときに、「幸せの国」ブータンは崩れかけているのかなと思った。

まずKさん自身が、お金をかせぐことに必死だったからだ。

僕たちを「招待」して、「感謝の気持ち」を受け取る、こんな面倒なことを引き受けてくれる理由、それは他でもなく「お金」だ。(この仕組みについては「「幸せの国」ブータン①」で)

また、Kさんは2人の子どもがいるが下の子どもは妻の家族の方で育てられている。

理由は、両親とも仕事で忙しいからだ。

自分が農家でのステイや話を聞いて感じたブータン的「幸せ」は、この家族にはなかったように感じた。

むしろ、日本の家庭に近いのかなとさえ思う。

だからKさんの話す話は、矛盾もあるなとも思った。

エンジニアのような職業ばかり囃し立てられる、農家もすばらしい!とKさんは話すが、いま6歳の子どもには必死で英語を教えているし、プライベートスクールに通わせている。

その子どもが「やっぱ英語とかどうでもいいから、俺は農家になる!」と言ったらKさんは間違いなく「いや、エンジニアになったほうがいい。」というだろう。(あくまでもこれは想像だが)

また携帯やインターネットが普及してきて、先進国ような幸せを求めようとする動きは少なからずあると思う。



お金を稼げば、知らなかった世界が目の前に・・・

自分はお金を稼ぐということはめちゃめちゃ効率のいいことだと思う。

必要な人がお金を払って、それをまた必要なところに払いにいって。

自分だけの力では決して見ることのできなかったアフリカ大陸を前にして、お金のすごさを改めて感じる。

コンビニで荷物を積み上げたり並べたり退屈そうにレジ打ったり、居酒屋でマスターにぐちぐち言われて腹立てながらビールをがぶ飲みするおじさんたちの接客してるだけで、アフリカ大陸にこれるんだ。

そんな通貨の大きさに気づくブータン人も多いはず。

もともとレストランもほとんどなかったというが、実際にいってみると結構な数のレストランがあった。

スマートフォンを片手に延々とおしゃべりを続ける人もみかける。

それは都市だからかもしれないが。

明らかにそこでは「幸せ」の形は変わっていっていた。

これが自分が見ることのできた「幸せの国」ブータン。

これからどうなっていくのか。




投げかけた世界へのアンチテーゼ。

GNHを基に、「幸せの国ブータン」と数十年後も呼ばれていたらいいなと思った。

IMG_9182.jpg





・・・あ、自分にとっての幸せの国はって?

それはやっぱり日本だ。

旅して思うのは、「中東は危険だ」「アフリカは治安が悪い」「南米はやばい」「ヨーロッパも油断できない」って、どこが安全なんだっていうこと。

日本は逆に安全すぎるくらい平和なところだと思う。

物騒なこともたまに起こるけど、それでも安全だと思う。

ご飯もおいしい。(寿司、ラーメン、うどん、ほんと食べたい・・・)

こうやって旅に出られるだけの力もある。

いくら頑張って働いても、世界一周なんてできない国がほとんどだから。



そんな素敵な国のことをこの先も、

ずっとそう思っていられたら嬉しいな。(ある種のメッセージもこめて・・・)



いろいろ思うことを並べてまとまりはなくなって読みづらくなってしまったけれど

自分にとっての「幸せ」についても考えられた素敵な時間でした。


↓ポチッと。せっかくなんでこれ参加してみようと思います!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑クリックしていただけたらいいみたいです。
よろしくお願いしまーす!


真面目なことばっかりかいてるけど、
次はいよいよ

アフリカ大陸!

乞うご期待!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。