ワタル世界は夢ばかり

教師を夢見る大学生ワタルの自由気ままな旅ブログですー!
現在地:日本に帰国しました!
2015年4月23日出発
日本→韓国→タイ→フィリピン→オーストラリア→シンガポール→マレーシア→タイ→ブータン→エジプト→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→スペイン→フランス→イギリス→アイスランド→ノルウェー→スウェーデン→フィンランド→ロシア→フィンランド→エストニア→ラトビア→リトアニア→ポーランド→オーストリア→イタリア→ドイツ→タンザニア→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→アメリカ→メキシコ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→ペルー→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→チリ→ペルー→グアテマラ→アメリカ→日本
世界一周ブログランキングに参加中です。
1日1度のクリックが順位に反映される仕組みです。
よければ下のオーロラの画像のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


0

電気もない!水道もない!ウガンダの民族集落で迎える22歳の誕生日(2)


「ワタルくん、大丈夫ー?」

Tさんの声でようやく目が覚めました。


↓前回のブログはこちらです
電気もない!水道もない!ウガンダの民族集落で迎える22歳の誕生日(1)

ブログランキング、もうすぐで50位の壁が!
そして学生1位になれる・・・?
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日も↑の「世界一周」のボタン、クリックお願いします!


時計を見ると朝の8時。


昨日の夜8時に寝たから・・・

12時間も寝てた!


そして8月4日、



僕の22歳の誕生日が始まります。






朝、昨日行きの車の中で買ったパイナップルを朝食に。

20150810212448222.jpg


そう、このパイナップルがなまらうまい!(北海道民でてきたー)


切ったばかりのパイナップルはこーんなにおいしいのか!


食べるとポタポタ床に水分が落ちるんです。


間違いなく今までの人生で一番のパイナップルでした。



おーう!幸先いいぞぉー!


そんなとき、


「ワタルー?」



と家の外から呼ばれます。



この村で寝る場所と食事を提供してくれているペペトアが昼食の準備をしてくれていました。



そうです、この日の昼食は誕生日スペシャルランチらしいのです!



・・・そしてちょっとここからはシリアスなんですが、



そこで、鶏を1羽しめるのです。



その様子をみせるためにペペトアは僕を呼んでくれました。



今まで数えきれないくらいの鶏の命を犠牲にして、自分は鶏肉を食べてきました。



鶏肉は大好きです。親子丼に唐揚げ、もう一人暮らしにはかかせません。



でも、鶏を殺して、切り落として、調理して食べる、というのは初めてのことです。




最初は目を覆いたくなりました。




でもこうやって、いつも命を犠牲にして、自分たちが生きているということを改めて強く感じた瞬間でもありました。




スーパーで売られている鶏肉も、もちろん加工されて並んでいるんです。




画像は、人によってはみたくない人もいると思うので、追記に載せます。




興味のある人だけみてもらえたらいいなと思います。




そしてこれが誕生日スペシャルランチ!!!

201508102119580e3.jpg

左奥からキャッサバとトウモロコシの粉で作った主食、左手前から、ジャガイモ、ぶた肉、そして鶏肉、その鶏のだしのスープ、中央がサラダです。


本当においしかったです。


そしていつも以上に気持ちを込めて「ごちそうさま」が言えました。




その後は隣の集落に挨拶にいき、


次は学校へ。


近くのところは休みで、挨拶だけになってしまったので、少し離れた小学校へ連れて行ってもらえることになりました!

20150810211926d50.jpg


お昼の時間にいったのですが、学年によって休み時間が異なるため、教室や外で授業をしている子どもたちと、遊んでいる子どもたちと、とにかくとても明るい学校に感じました。


先生たちも「日本で将来小学校の先生になりたいんです!」と話すと笑顔で迎え入れてくれました。



ただ、驚いたのがその先生と子どもの人数比。


子どもが1000人をこえるのに対して先生はたったの13人なんです。



外でも体育をしてるのかと思えば、これは授業でした。

201508102118289a9.jpg

英語の学習だそうです。



教室をみても本当にたくさんの子どもたちがいました。

2015081021185388c.jpg



公立の学校であれば、授業料は特にないのだそうですが、やっぱり大変なのは制服や教材などの準備だそうです。


この学校では試験をうけるのに1000シリング(約35円)かかるそうなんですが、300人中100人が未だ未納らしいです。


滞在させてもらっている村を思い返しても、ほとんどのことを自給自足でまかなえます。


けれど、人々はお金を稼ぐ必要があるのです。


その理由は、子どもの教育


子どもの教育のためにお金を稼いでいるくらいと、Tさんもおっしゃっていました。


旅に出て、教育に役立ちそうなことだったり、話になることだったりばかりを考えていましたが、


ここで考えたのは「教育の重要性」でした。



ここの村の人も、それだけ子どもたちに期待をかけているわけです。


教育のためにお金を稼いでいるといっても過言でないような、そんな人たちがいるんです。


教育に活かせる何かを見つけるのももちろん大切だけれど、教育がいかに大事か自分自身が感じて、継続的なモチベーションにつなげることもまた重要に感じました。




その後はアルバート湖付近のパニムールという場所へ。

2015081021203763f.jpg


人数の関係で、2人荷台に!(同い年)

20150810212525d52.jpg


ここでは月曜日に巨大なフィッシュマーケットが開かれるようで、それにむけて準備がすすめられていました。

201508102122349e1.jpg


隣国コンゴからもたくさんの人がやってくるとか。

201508102122017f0.jpg



コンゴとウガンダのあいまいな国境へいってきました。

20150810212113df1.jpg


ふらふらっとしてたら


「そこ多分、コンゴだよ。」


と教えてもらいました。笑



なんてこった!!



いかにも平和な様子でしたが、コンゴとウガンダ、そしてルワンダ。



数十年前まで非常に緊迫した状況が続いていたそうです。



これについて書き出すと、日が暮れそうです。



でも、このウガンダの北部の村はそういった紛争や、あるいはウガンダ内の内戦で被害に多くあわれている場所でもあります。



そのため、村を転々と移動していかなければならないこともあったようです。



親族が殺された時の話も聞きました。





本当にのどかな村々でしたが、生きるということを改めて感じさせられる場面がとても多かったです。


気づけば日は暮れ、


次の日は6時出発ということではやめに眠りにつきました。




なんとも盛りだくさんで、刺激的で、たくさん考えさせられるステキな誕生日でした。



世界一周ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑の「世界一周」のボタン、1日1回押してもらえたら順位に反映する仕組みです。
50位目前まであがってきました!

1クリックの力がかなり大きいです、ご協力よろしくお願いします♫



そして次の日、

あの巨大動物におそわれる・・・!?

つづく・・・




↓↓↓例の追記↓↓↓













最初は掲載していたのですが、不適切だとの報告があり、削除しました。
ただ不適切だ考える人は、鶏肉がそのまま生まれてくると思ったんでしょうか。
確かにすごく残酷ではありますが、これが現実なんです。
恥ずかしながら自分も22歳になるまで「命をいただく」ということを頭で理解しながら心では感じることができませんでした。
そういうことを伝えたい、そう思っていたので少し残念です。
そういうことを感じたいと思う人がみればいいと思って文末にのせたんですが。
ブログで発信するにも限界はありそうです。
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。